Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

Androidでリモート デスクトップを使って始める

Liza Poggemeyer|最終更新日: 2017/04/14
|
1 投稿者

適用対象: Windows 10、Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016

Android用のリモート デスクトップ クライアントを使用して、Androidデバイスから直接Windowsアプリとデスクトップを操作することができます。

開始するには、次の情報を使用します。 チェック アウトすることを確認する、に関するよくある質問疑問がある場合。

メモ

Android 4.1と新しいデバイスでは、クライアントを実行することができます。

RDクライアントを取得し、使用を開始

Androidデバイスでリモート デスクトップの概要を次の手順に従います。

  1. リモート デスクトップ クライアントからのダウンロードGoogle Playします。
  2. リモート接続を受け付けるにPCをセットアップします。
  3. 追加、リモート デスクトップ接続またはリモートのリソースします。 公開されたオンプレミスの仮想デスクトップまたはRemoteAppプログラム、セッション ベースのデスクトップでは、使用するには、Windows PCとリモートのリソースに直接接続する接続を使用します。
  4. リモート デスクトップをすばやく取得できるように、ウィジェットを作成します。
メモ

ダウンロードをお勧め前に新機能を配信する場合、Microsoftリモート デスクトップ ベータGoogle Playストアからアプリケーション。

リモート デスクトップ接続を追加します。

リモート デスクトップ接続を作成するには。

  1. 接続の中心のタップで+、ししデスクトップします。
  2. 接続するコンピューターに関して次の情報を入力します。
    • PCの名前–、コンピューターの名前。 Windowsコンピューター名、インターネット ドメイン名、またはIPアドレスを指定できます。 PCの名前をポート情報を追加することもできます (たとえば、MyDesktop:3389または10.0.0.1:3389)。
    • ユーザー名– を使用して、リモートPCにアクセスするユーザー名です。 次の形式を使用することができます。きもdomain \user_name、またはuser_name@domain.comします。 ユーザー名とパスワードの入力を求めるかどうかを指定することもできます。
  3. 次の追加のオプションを設定することもできます。
    • フレンドリ名– pcに接続している場合は、覚えやすい名前です。 任意の文字列を使用することができますが、フレンドリ名を指定しない場合、PCの名前が表示されます。
    • ゲートウェイ–「リモート デスクトップ ゲートウェイを使って仮想デスクトップ、RemoteAppプログラム、および内部の企業ネットワーク上のセッション ベース デスクトップに接続します。 システム管理者からゲートウェイに関する情報を取得します。 リモート デスクトップ ゲートウェイを構成する必要がありますか。
    • サウンド–、デバイスをリモート セッション中にオーディオの使用を選択します。 ローカルのデバイスでは、リモート デバイスでか、まったくサウンドを再生できます。
    • ディスプレイの解像度をカスタマイズ-この設定を有効にして、接続のカスタムの解像度を設定します。 オフ解像度が適用されると、アプリのグローバル設定を定義します。
    • マウス ボタンの入れ替え-このオプションを使用して、マウスの右ボタンのマウスの左ボタンの機能を交換します。 (これは特に便利左利きのユーザーでは、リモートPCが構成されているが、右手によるマウスを使用する場合)。
    • 管理者のセッションに接続する-このオプションを使用して、Windows serverを管理するコンソール セッションに接続します。
    • ローカル ストレージにリダイレクト– リモートPCでリモート ファイル システムと、ローカル記憶域をマウントします。
  4. タップ保存します。

これらの設定を編集する必要がありますか。 オーバーフロー メニューをタップして (.) の順にタップし、デスクトップ名前の横にある編集します。

接続を削除するとしていますか。 オーバーフロー メニューをもう一度タップ (.)、タップと削除します。

リモートのリソースを追加します。

リモートのリソースとは、RemoteAppプログラム、セッション ベースのデスクトップおよびRemoteAppとデスクトップ接続を使用して公開仮想デスクトップです。

リモートのリソースを追加するには。

  1. 接続Center画面で、タップ+、ししリモート リソース フィードします。
  2. リモートのリソースに関する情報を入力します。
    • メールまたはURL -RD Webアクセス サーバーのURL。 これが、メール アドレスに関連付けられているRD Webアクセス サーバーの検索をクライアントに通知 – このフィールドに、会社のメール アカウントを入力することもできます。
    • ユーザー名に接続しているRD Webアクセス サーバーの使用するユーザー名です。
    • パスワードに接続しているRD Webアクセス サーバーの使用するパスワードです。
  3. タップ保存します。

リモートのリソースが接続中央に表示されます。

リモートのリソースを削除するには。

  1. 接続センターで、オーバーフロー メニューをタップします (.)、リモートのリソースの横にあります。
  2. タップ削除します。
  3. 削除を確認します。

ウィジェット – ホーム画面に保存されているデスクトップ暗証番号 (pin)

リモート デスクトップ アプリケーションは、Androidウィジェット機能を使用してホーム画面にピン留めの接続をサポートします。 ウィジェットは、Androidデバイスの種類によって異なります。を追加する方法を使うと、そのオペレーティング システムができます。 ウィジェットを追加する最も一般的な方法を次に示します。

  1. タップアプリのアプリ] メニューを起動します。
  2. タップウィジェットします。
  3. ウィジェット スワイプし、リモート デスクトップのアイコン、説明、「暗証番号 (pin) のリモート デスクトップ」を検索
  4. 長押ししたそのリモート デスクトップ ウィジェット ホーム画面に移動します。
  5. アイコンをリリースしたときは、保存されているリモート デスクトップが表示されます。 ホーム画面に保存する接続を選択します。

今すぐタップすることにより、ホーム画面から直接、リモート デスクトップ接続を開始できます。

メモ

リモート デスクトップ アプリケーションでデスクトップ接続の名前を変更する場合は、このピン留めされたリモート デスクトップのラベルは更新されません。

内部の資産へのアクセス、RDゲートウェイへの接続します。

リモート デスクトップ ゲートウェイ (RDゲートウェイ) を使用して、どこからでも、企業ネットワーク上のリモート コンピューターに接続できるインターネット上。 作成し、リモート デスクトップ クライアントを使用して、ゲートウェイを管理できます。

新しいゲートウェイを設定します。

  1. 接続センターでタップ設定 > ゲートウェイします。 タップ+新しいゲートウェイに追加します。
  2. 次の情報を入力します。
    • サーバー名– ゲートウェイとして使用するコンピューターの名前。 Windowsコンピューター名、インターネット ドメイン名、またはIPアドレスを指定できます。 サーバー名をポート情報を追加することもできます (例: RDGateway:443または10.0.0.1:443)。
    • ユーザー名-ユーザー名とパスワードを接続しているリモート デスクトップ ゲートウェイの使用します。 選択することもデスクトップのユーザー アカウントを使用してリモート デスクトップ接続を使用できるものと同じ資格情報を使用します。

ユーザー アカウントを管理します。

デスクトップまたはリモートのリソースに接続するときからもう一度を選択するユーザー アカウントを保存することができます。 デスクトップに接続するときにユーザー データを保存するのではなく、クライアント自体でユーザー アカウントを定義することもできます。

新しいユーザー アカウントを作成するには。

  1. 接続センターでタップ設定、ししユーザー アカウントします。
  2. タップ+を新しいユーザー アカウントを追加します。
  3. 次の情報を入力します。
    • ユーザー名-リモート接続を使用するために保存するユーザーの名前。 ユーザー名を入力するには、次の形式のいずれかで: ユーザー名、domain \user_name、またはuser_name@domain.comします。
    • パスワード-指定したユーザーのパスワードです。 リモート接続を利用して保存するすべてのユーザー アカウントは、それに関連付けられたパスワードを設定する必要があります。
  4. タップ保存します。

ユーザー アカウントを削除するには。

  1. 接続センターでタップ設定 > ユーザー アカウントします。
  2. タップして選択し、一覧で、ユーザー アカウントを長押しします。 複数のユーザーを選択することができます。
  3. ごみ箱に選択したユーザーを削除する] をタップします。

リモート デスクトップ セッションを移動します。

リモート デスクトップ接続を開始すると、セッションの移動に使うことができること利用可能なツールがあります。

リモート デスクトップ接続を開始します。

  1. セッションを開始するリモート デスクトップ接続] をタップします。
  2. リモート デスクトップの証明書を確認するメッセージが表示されたら、タップ接続します。 選択することもしない今後このコンピューターへの接続常に、証明書に同意します。

グローバル アプリ設定を管理します。

Androidクライアントでは、次のグローバル設定を設定できます。

  • デスクトップのプレビューを表示するに接続する前に、接続センターでデスクトップのプレビューを表示することができます。 既定では、この設定はします。
  • ズームにピンチ-ピンチによるズーム ジェスチャを使うことができます。 リモート デスクトップを使用中のアプリでは、(Windows 8で導入) マルチタッチをサポートする場合は、この設定を有効にするオフします。
  • リモート デスクトップを向上させるためにヘルプ-匿名データをMicrosoftに送信します。 弊社は、クライアントを向上させるためにこのデータを使用します。 できます。この匿名、プライベートのデータを処理する方法について詳しくは、表示、リモート デスクトップ クライアントのプライバシーに関する声明します。 この設定は、既定では、します。
  • 表示-お使いのディスプレイ用の2つのグローバル設定。

    • 向き-セッションの優先の向き (横または縦) に設定します。

      メモ

      Windows 8またはWindowsの以前のバージョンを実行するPCに接続する場合は、セッションが正しくスケーリングされません。 最善の方法では、PCから切断し、使用する方向に接続し直します。 さらに改良オプションが少なくともにPCをアップグレードするにはWindows 8.1。

    • 解像度-グローバル デスクトップ接続を使用する解像度を設定します。 既にの個々 のアプリまたは接続カスタム解像度、設定した場合、この設定が変更されません。

      メモ

      ディスプレイの設定のいずれかを変更する場合のみで適用されている新しい接続そのポイントからです。 切断し、もう一度接続に既に接続して、セッションの変更を表示します。

接続バー

接続バーは、その他のナビゲーション コントロールへのアクセスを提供します。 既定では、接続バーを画面の上部中央に配置されます。 ダブルタップと左または右に移動して、バーをドラッグします。

  • コントロールのパン: パン コントロールにより、画面を拡大して、移動します。 パンのコントロールは、直接タッチを使って利用可能なだけことに注意してください。
    • 有効にするし、パンのコントロールを無効にする: パン コントロールを表示し、画面を拡大して、接続バーで、パンのアイコンをタップします。 コントロールを非表示にし、元の解像度に戻るに画面をもう一度接続バーで、パンのアイコンをタップします。
    • パンのコントロールを使います: パンを長押しタップを制御し、画面に移動する方向にドラッグします。
    • パン コントロールを移動する: ダブルタップ コントロール画面上を移動、パン コントロールを長押しします。
  • 追加のオプション: セッションの選択バーとコマンド バー (下記参照) を表示する追加のオプション] アイコンをタップします。
  • キーボード: キーボードを表示または非表示にあるキーボード アイコンをタップします。 キーボードが表示されている場合、パンのコントロールは自動的に表示されます。
  • 接続バーを動かす: タップや長押し、接続バーと、ドラッグ アンド ドロップ、画面の上部に新しい場所にします。

コマンド バー

画面の右側にあるコマンド バーを表示するのには、接続バーをタップします。 (直接タッチとマウス ポインター) は、マウス モードを切り替えることができます。 コマンド バーから接続センターに戻るには、[ホーム] ボタンを使用します。 代わりに同じアクションについて、[戻る] ボタンを使用できます。 アクティブなセッションが切断されません。

リモート セッションでタッチ操作ジェスチャ、マウス モードの直接使う

クライアントは、標準的なタッチ ジェスチャを使用します。 タッチ ジェスチャを使って、リモート デスクトップでのマウス操作に対応することもできます。 利用可能なマウス モードは、次の表で定義されます。

メモ

Windows 8と相互作用またはそれ以降、ネイティブのタッチ ジェスチャは、直接タッチ モードでサポートされます。

マウス モードマウス操作ジェスチャ
直接タッチ左クリックします。1本指でタップ
直接タッチ右クリックします。1本指でタップしたまま押さえる
マウス ポインターズーム2本の指を使用し、拡大または縮小する指の間隔を移動するピンチします。
マウス ポインター左クリックします。1本指でタップ
マウス ポインター左クリックし、ドラッグ1本指でダブルタップを押したまま、ドラッグします。
マウス ポインター右クリックします。2本指でタップ
マウス ポインター右クリックし、ドラッグ2本指でダブルタップ長押し、ドラッグ. します。
マウス ポインターマウス ホイール2本指タップし押さえ、上下にドラッグ
ヒント

意見やご質問がへようこそ] では常にします。 ただし、ください置かないでコメント機能を使用して、この記事の最後に、ヘルプのトラブルシューティングに要求します。 移動して、代わりに、リモート デスクトップ クライアント フォーラムし、新しいスレッドを開始します。 機能のご意見があるか。 お知らせ、クライアント ユーザーの音声フォーラムします。

© 2017 Microsoft