Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

MultiPoint サービスへの他の局をアタッチします。

Eva Seydl|最終更新日: 2016/10/28
|
1 投稿者

MultiPoint サービス環境では、ユーザーは、MultiPoint サービスに接続し、自分にステーションを使用します。 ステーションは、ユーザー エンドポイント Multipoint サービスを実行しているコンピューターに接続するためです。

MultiPoint サービスは、ステーションの 3 つの種類をサポートします。

  • 直接ビデオ接続ステーション

  • USB ゼロ クライアント接続ステーション (および USB イーサネット ゼロ クライアント接続ステーション経由で)

  • RDP over LAN 接続されたステーション

分類は、ステーションのハードウェアおよび使用されている接続の種類に基づきます。 基地局の場合、接続の種類が一致し、混在ことができます。 唯一の要件は、(以前にインストールした) をプライマリ ステーションは直接ビデオ接続ステーションである必要があります。 ステーション設定に関する詳細については、次を参照してください。 MultiPoint ステーションします。

各タイプのステーションを設定する方法を説明する手順については、次を参照してください。

ステーションの種類の詳細な比較では、次を参照してください。 ステーション型比較します。

メモ
  • ステーションをアタッチする手順は、中間のハブまたはダウン ストリーム ハブを設定する方法について説明ありません。 これらのハブをインストールする場所については、次を参照してください。 MultiPoint ステーションします。
  • 場合によっては、ステーションの仮想マシンで実行される仮想デスクトップを作成する必要があります。 たとえば、Windows サーバーにインストールできないアプリケーションやアプリケーションは、同じホスト コンピューターに複数のインスタンスを実行していないを使用します。 詳細については、次を参照してください。 ステーションの仮想デスクトップの作成 Windows 10 Enterpriseします。
ヒント

MultiPoint Server での順番に指定されているように、その物理的な場所の順序で、ステーションを作成すると便利です。 後でラジオ局の名前を変更する場合は、MultiPoint マネージャーで行うことができます。 詳細については、MultiPoint Server のヘルプとサポートで全局に再マップを参照してください。

© 2017 Microsoft