Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

レプリケーション エラー8452名前付けコンテキストが削除されているである、または指定されたサーバーからレプリケートされていません

Bill Mathers|最終更新日: 2017/03/10
|
1 投稿者

適用対象: Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012

このトピックでは、現象、原因およびActive Directoryレプリケーション エラー8452を解決する方法について説明します。名前付けコンテキストが削除される処理がまたは指定されたサーバーからレプリケートされていません。</段落 > < クラスを一覧表示 ="bullet"> < リスト アイテム > < 段落 > < xlink:hrefリンク ="0b8174c6-62bd-47ba-ac46-01f8cf3c5e8c #BKMK_Symptoms">現象 </段落 > </リスト アイテム > < リスト アイテム > < 段落 > < xlink:hrefをリンク ="0b8174c6-62bd-47ba-ac46-01f8cf3c5e8c #BKMK_Causes">により </段落の間隔 > </リスト アイテム > < リスト アイテム > < 段落 > < リンクxlink:href ="0b8174c6-62bd-47ba-ac46-01f8cf3c5e8c #BKMK_Resolutions">解像度
現象<ph id="t15"></タイトル > < コンテンツ > < クラスを一覧表示「注文」= > < リスト アイテム > < 段落 ></ph>DCDIAGは、エラー状態コード (8452) で、Active Directoryレプリケーション テストが失敗したことを報告:「名前付けコンテキストは削除されている処理は、または指定されたサーバーからレプリケートされていません」します。<ph id="t16"></段落 > < コード > テスト サーバー: & lt; サイト名 & gt; & lt; 宛先dc名 & gt; 起動テスト: レプリケーション * レプリケーションの確認 [レプリケーションの確認、& lt; 宛先DC名] 最近レプリケーション試みが失敗しました: から & lt; ソースDC & gt;& lt; 宛先DC & gt; 名前付けコンテキスト: & lt; ディレクトリ パーティションDNパス & gt; < codeFeaturedElement > レプリケーション エラー (8452) を生成する: 名前付けコンテキストが削除されているであるかではないから指定したレプリケート サーバー で障害が発生した & lt; 日付 & gt;。& lt; 時間 & gt; されます。 で最後の成功が発生しました & lt; 日付 & gt;。& lt; 時間 & gt; されます。 最後の成功。以降に3つのエラーが発生した </コード > </リスト アイテム > < リスト アイテム >< 段落 ></ph>REPADMINします。EXEは、8452、ステータスのレプリケーションの最後の試行が失敗したことを報告します。<para>8452状態をよく引用REPADMINコマンドに制限されません。</para><table _xmlns3a_caps="http://schemas.microsoft.com/build/caps/2013/11"><tbody><tr><td><list class="bullet"><listitem><para>REPADMIN/SHOWREPS</para></listitem><listitem><para>REPADMIN /REPLSUM</para></listitem></list></td><td><list class="bullet"><listitem><para>REPADMIN /SYNCALL</para></listitem></list></td></tr></tbody></table><para>"REPADMIN/SHOWREPS"から次の出力の例は、「名前付けコンテキストが削除されているである、または指定されたサーバーからレプリケートされていません」のエラーによりCONTOSO DC1が失敗した場合にCONTOSO DC2から着信レプリケーションを示します:<ph id="t17"></段落の間隔 >< コード > 既定-最初にサイト-NameCONTOSO-DC1 DSAオプション: IS_GC サイトのオプション: (なし) DSAオブジェクトGUID: b6dc8589-7e00-4a5d-b688-045aef63ec01 DSA invocationID: b6dc8589-7e00-4a5d-b688-045aef63ec01 === 着信近隣 === DC = contoso、DC = com 既定の最初のサイトにNameCONTOSOにDC2 RPCを介して DSAオブジェクトGUID: 74fbe06c-932c-46b5-831b-af9e31f496b2 最後の試行 @ & lt; 日付 & gt;& lt; 時間 & gt;失敗した場合は、< codeFeaturedElement > 結果8452 (0x2104): 名前付けコンテキストが削除される処理がまたは指定されたサーバーからはレプリケートされません & lt; #& gt;連続したエラー。 最後 @ 成功 & lt; 日付 & gt;& lt; 時間 & gt; されます。 </コード > </リスト アイテム >< リスト アイテム >< 段落 ></ph>Active Directoryサイトおよびサービス、接続を右クリックした場合は、オブジェクトし、クリックして<ui>今すぐ複製</ui>、エラー「名前付けコンテキストが削除されているであるまたは指定されたサーバーからレプリケートされません」。 </para><para>DCのソースからの接続オブジェクトを右クリックし、選択"今すぐ複製"とは、「名前付けコンテキストは削除されている処理は、または指定されたサーバーからレプリケートされていません」。で失敗します。 エラー メッセージのテキストとスクリーン ショットを次に示します画面に表示される:</para><para>ダイアログのタイトル テキスト: 今すぐレプリケート</para><para>ダイアログのメッセージ テキスト:</para><para>名前付けコンテキストを同期しているときに、次のエラーが発生した<% のディレクトリ パーティション名>ドメイン コント ローラーから<ソースDC>ドメイン コント ローラーに<宛先DC>:</para><para>名前付けコンテキストが削除されているであるか、指定されたサーバーからレプリケートされていません。</para><para>操作を続行することはできません。</para><listitem><para>8452状態でNTDS KCC、NTDS全般またはMicrosoftがWindows-ActiveDirectory_DomainServiceのイベント、ディレクトリ サービスのイベント ログに記録されます。</para><para>8452状態をよく引用active Directoryイベントに制限されません。</para><table _xmlns3a_caps="http://schemas.microsoft.com/build/caps/2013/11"><thead><tr><td><para>イベントID</para></td><td><para>イベント ソース</para></td><td><para>イベント文字列</para></td></tr></thead><tbody><tr><td><para>1586</para></td><td><para>NTDS全般</para></td><td><para>PDCとチェックポイントに失敗しました。 チェックポイント処理は、4時間でもう一度再試行されます。 このコンピューターは、次の成功したチェックポイントまでPDCに昇格された場合、下位レベルのドメイン コント ローラーに、セキュリティ データベースの完全な同期は場所をかかる場合があります。 エラーが返されました。名前付けコンテキストが削除される処理がまたは指定されたサーバーからレプリケートされていません。</para></td></tr></tbody></table></listitem>
原因<ph id="t1"></タイトル > < コンテンツ > < 段落 ></ph>レプリケーションを開始するドメイン コント ローラーで複製トポロジ、対象ドメイン コント ローラー上のActive Directoryのコピーで定義されているレプリケーション トポロジと異なる場合、このエラーが最も一般的に発生します。<ph id="t2"></段落 > < 段落 ></ph>エラーが発生するは自然でのActive Directoryフォレストのレプリケーションが変更された場合:<ph id="t3"></段落 > < クラスを一覧表示 ="bullet"> < リスト アイテム > < 段落 ></ph>の追加またはや (つまり、昇格または降格ドメイン、または追加の最初または最のドメイン コント ローラーのアプリケーション パーティションの削除、フォレストからのパーティションを削除します。、既定のDNSアプリケーションのパーティションを含む)。<ph id="t4"></段落 > </リスト アイテム > < リスト アイテム > < 段落 ></ph>追加または既存のドメイン コント ローラー (つまり、昇格または降格グローバル カタログ サーバーまたは追加のアプリケーション パーティションの削除) 上のディレクトリ パーティションの削除。<ph id="t5"></段落 > </リスト アイテム > < リスト アイテム > < 段落 ></ph>レプリケーション トポロジや (つまり、新しいDc、既存のドメイン コント ローラーの降格のプロモーション、優先または指定されたサーバー、レプリケーション エラーまたはオフラインのドメイン コント ローラー、およびサイトとサイトのリンクの変更に応答代替レプリケーション パスのビルドに対して変更) の設定を変更します。<ph id="t6"></段落 > </リスト アイテム > < 段落 ></ph>エラーはからDC目的地ごとにレプリケート ソースDcとパーティションのセットのレプリケーションの操作をトリガーすることによってレプリケートが受信されるまで、上記の変更を受けているフォレストに一時的なできます。<ph id="t7"></段落 > < 段落 ></ph>レプリケーション エラーは、フォレスト内のトポロジ変更のエンド ツー エンドの複製を防ぐ場合で、エラーを永続的なことはできます。 <para>エラーはREPADMIN.EXEリモート (特に /SYNCALL) または「レプリケート今すぐコマンド」DSSITE.MSCレプリケーションをトリガーするドメイン コント ローラー上のActive Directoryのコピーが異なる宛先DCレプリケート宛先DCがActive directoryには、そのコピーに定義よりからパーティション ソースDcの一覧を持ちます。 </para><para>Windows 2000のドメイン コント ローラーは、読み取り専用パーティションからオブジェクトを削除する時間がかかるとグローバル カタログ サーバーの降格中には、このエラーが発生しやすい特にします。 GC降格時にオブジェクトの削除は、Windows Server 2003や後で大幅に向上しました。 </para><para>1586 NTDSレプリケーション イベントは、ドメインのPDC FSMOの役割が強制またはドメイン コント ローラーが、以前の役割の所有者の直接のレプリケーション パートナーに転送されたときに発生します。<ph id="t8"></段落 > < 段落 ></ph>まれな状況などの属性で破損してエラーが発生することができます<embeddedlabel>hasMasterNCs</embeddedlabel>または<embeddedlabel>msds hasMasterNCs</embeddedlabel>します。<ph id="t9"></段落 > < 段落 ></ph>この記事の「詳細情報」のセクションには、この記事の「現象」に示されている診断し、管理ツールが8452エラーを生成する理由に関する説明が含まれていますいます。<ph id="t10"></段落 > < 段落 ></ph>要約すると、エラー8452の動作、次のすべてのユーザーがtrueの場合:<ph id="t11"></段落の間隔 > < クラスの一覧を表示「注文」= > < リスト アイテム > < 段落 ></ph>ときDC1 <-NCのDC2レプリケーションが開始された、dc1 DC2からNCのレプリカのリンクはありません。<ph id="t12"></段落 > </リスト アイテム > < リスト アイテム > < 段落 ></ph>ときDC1 <-DC2で削除されている処理DC2 NCのレプリケーションが開始された、NCです。<ph id="t13"></段落 > </リスト アイテム > < リスト アイテム > < 段落 ></ph>混在ドメイン環境では、PDC FSMOの役割はDC1にDC2から転送がdc1 DC2からレプリカ リンクはありません。</para>
解像度<ph id="t14"></タイトル > < コンテンツ > < クラスを一覧表示「注文」= > < リスト アイテム > < 段落 ></ph>待機します。 前述のように、この状態は一時的な通常は、トラブルシューティング保証はありません。<ph id="t15"></段落 > < 段落 ></ph>時間は自動的に修正するには、エラー状態の場合は、Active Directoryフォレスト内のこの記事の原因のセクションに示されている種類のレプリケーション トポロジの変更に場所を占有しているを待ちます。<ph id="t16"></段落 > </リスト アイテム > < リスト アイテム > < 段落 ></ph>ドメイン コント ローラーの複製とセットアップ先の同意に関するソースDcおよびレプリケートされるディレクトリ パーティションにレプリケートされるDcを開始するまで"repadmin/syncall"コマンドとの同等機能の使用を避けます。<ph id="t17"></段落 > </リスト アイテム > < リスト アイテム > < 段落 ></ph>適切な場所に元の変更を加えます。<ph id="t18"></段落 > </リスト アイテム > < リスト アイテム > < 段落 ></ph>プッシュおよび接続オブジェクトと周囲変更を必要に応じてパーティションに変更をプル<ph id="t19"></段落の間隔 > </リスト アイテム > < リスト アイテム > < 段落 ></ph>直接移動<ph id="t20"></段落の間隔 > < 段落 ></ph>を実行する場合、<ui>今すぐ複製</ui>DC3からコマンドをActive DirectoryサイトとDC1上のサービスからDC2、DC2にDC3上の操作に焦点を当てます。<ph id="t21"></段落 > < 段落 ></ph>ルートによって、エラーが発生した場合、ユーザーは、正しい入力与えられる後、エラーが発生しないし、3が発生します。 などでケース #1 # 第3のシナリオの場合は、ユーザーは、正しい入力<src DC>されるように<宛先DC>はからレプリカ リンク<src DC>の<NC>、/replicateローラーが正常に実行できます。<ph id="t22"></段落 > </リスト アイテム > < リスト アイテム > < 段落 ></ph>エンド ツー エンドのレプリケーションがブロックされるレプリケーションに関する問題を解決します。<ph id="t23"></段落 > </リスト アイテム > < リスト アイテム > < 段落 ></ph>REPADMIN/REPLICATE<ph id="t24"></段落 > </リスト アイテム > < リスト アイテム > < 段落 ></ph>NTDSレプリケーション イベント1586<ph id="t25"></段落の間隔 > < 段落 ></ph>NTDSレプリケーションに対してイベント1586はActive Directoryドメイン コント ローラーへのPDCエミュレーターの役割の転送<placeholder>現在</placeholder>以前PDCエミュレーターの直接のレプリケーション パートナー。<ph id="t26"></段落 > </リスト アイテム > < リスト アイテム > < 段落 ></ph>エラーの原因は、Windows 2000のグローバル カタログ サーバーの降格である場合は、「ビジー状態で操作を完了するは、ディレクトリ サービスです」のセクションで、バッチ ファイルを実行<externallink><linktext>KB 249256</linktext><linkuri><a href="http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;EN-US;249256">http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;EN-US;249256</a></linkuri></externallink> (<a href="http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;EN-US;249256)。">http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;EN-US;249256)。</a>
詳細について
REPADMIN /SYNCALL <ph id="t27"></タイトル > < コンテンツ > < 段落 ></ph>、REPADMIN /syncallソース複製パートナーからソース レプリケーション パートナー、すべての複製を開始し、それをすべてのソース レプリケーション パートナーからの複製を開始するDCにより、操作します。 <para>たとえば、あるレプリケーション トポロジDC1 <-DC2 <-DC3します。 DC1で"repadmin/syncall"を実行する場合、次のレプリケーションが開始されます。DC2 <・DC3、およびDC1<にDC2します。<ph id="t28"></段落 > < 段落 ></ph>このシナリオではエラー8452を順守する可能性がありますという2つの場合がある:<ph id="t29"></段落の間隔 > < クラスの一覧を表示 ="bullet"> < リスト アイテム > < 段落 ></ph>ケース1: DC4からレプリケートを受信できるように、現在のトポロジがDC1 DC2させるレプリケーション トポロジを変更<-DC2 <-DC4します。<ph id="t30"></段落 > < 段落 ></ph>Dc1 DC2の知識する前に"repadmin/syncall"を実行する場合<-DC4トポロジDC1への着信レプリケートの変更、DC2 syncall操作を開始<-DC3レプリケーションDC1もあるために、古いレプリケーション トポロジをローカルに格納します。 DC2現時点でKCC DC4からレプリカ リンクが作成されDC3、DC2からレプリケーションからレプリカ リンクを削除がため<-DC3が実行されることはできませんし、操作エラー8452ログに記録します。<ph id="t1"></段落 > </リスト アイテム > < リスト アイテム > < 段落 ></ph>ケース2: は、NC DC3にされていると仮定を実行するときに削除する"repadmin /syncall <NC>"DC1にします。 DC2 <-くにDC3レプリケーションが開始されます。 DC3のNCを削除する処理はないため、有効なレプリケーション ソースになっていません、8452エラーが表示されます。</para>
Active Directoryサイトおよびサービス (DSSITE.MSC) ->今すぐ複製<ph id="t2"></タイトル > < コンテンツ > < 段落 ></ph>、Active Directoryサイトおよびサービス スナップイン (DSSITE.MSC) では、Active Directoryのローカル コピーに格納されているトポロジ情報を使います。 <para>レプリケーション トポロジDC1を与え<-DC2 <-DC3、DC2のNTDS設定オブジェクト下にある接続オブジェクトが存在します。 この接続オブジェクトは、DC3から着信レプリケート、NC (または複数のNc) DC2用のルートを表します。 この接続オブジェクトとオンを右クリックした場合は、<ui>今すぐ複製</ui>、DC3 DC2からのレプリケーションが開始します。<ph id="t3"></段落 > < 段落 ></ph>REPADMINと同様 /SYNCALL例では、エラー8452を観察私たちが2つの場合もある:<ph id="t4"></段落 > < クラスの一覧を表示 ="bullet"> < リスト アイテム > < 段落 ></ph>ケース1: ように入力方向のDC4からレプリケートDC2のレプリケーション トポロジ変更と仮定します。 新しいレプリケーション トポロジはDC1 <-DC2 <-DC4します。 サポート技術情報のこれまではまだDC1のトポロジを以前にこのトポロジ変更発信レプリケートDC1、dc1トポロジを<・DC2 <・DC3します。 </para><para>Active DirectoryサイトおよびサービスのUI DC1sに重点を置いて起動Active Directoryのコピーまだ表示されるDC2がDC3のソースからの着信接続オブジェクトを持っています。 DC2からDC3の着信接続のオブジェクトを右クリックし、選択<ui>今すぐ複製</ui>、DC2を開始<-DC2上DC3複製します。 ただし、KCC DC2上で既にレプリカが削除リンクDC3から着信DC2にレプリケートされ、DC2へのリンクをレプリカを作成します。 レプリケーションDC2を試みるため<->DC2は実行できません、エラー8452その要求は失敗します。<ph id="t5"></段落 > </リスト アイテム > < リスト アイテム > < 段落 ></ph>Case2: たとえば、接続オブジェクトを右クリックし、選択すると、NC DC3でを削除しましたが<ui>今すぐ複製</ui>DC2を開始するdc1 <-このNCのDC3レプリケーションします。 DC3のNCを削除する処理はないため、DC3は、有効なレプリケーション ソースをされ、8452エラーが表示されます。</para><para></para>
REPADMIN/REPLICATEまたはREPADMIN/SYNC<ph id="t6"></タイトル > < コンテンツ > < 段落 ></ph>repadminのレプリケート (または同期する) のコマンドは、ソースDCからDCの宛先に (ディレクトリ パーティション) の名前付けコンテキストのレプリケーションをトリガーします。 その (簡体字) の構文:<ph id="t7"></段落 > < コード > repadmin/replicate & lt; 宛先DC & gt;& lt; src DC & gt;& lt; NC & gt; をレプリケート </コード > < 段落 ></ph>8452レプリケーションを開始する/replicate (同期) ローラーを使用するときにエラーをトリガーする2つの場合がある:<ph id="t8"></段落の間隔 > < クラスを一覧表示 ="bullet"> < リスト アイテム > < 段落 ></ph>ケース1: <src DC>パラメーターがのレプリケーション パートナーではありません<宛先DC>の<NCをレプリケート>します。 たとえば、あるレプリケーション トポロジDC1 <-DC2 <-DC3 DC2がDC3から、NCを同期します。 呼び出しの場合: <ph id="t9"></段落 > < コード > repadmin/replicate DC2 DC1 & lt;、NC & gt; </コード > < 段落 ></ph>DC2はDC1からの複製を開始します。 DC2がレプリカからのリンクを備えていないため、NCの場合、このレプリケーションのDC1ことはできませんが実行され、8452エラーが表示されます。<ph id="t10"></段落 > </リスト アイテム > < リスト アイテム > < 段落 ></ph>ケース2: NCは削除されますsrc DCで、次のコマンドを実行すると: <ph id="t11"></段落 > < コード > repadmin/replicate & lt; 宛先DC & gt;& lt; src DC & gt;& lt; NC & gt; </コード > < 段落 ></ph>ここでは、<src DC>有効なレプリケーション ソースではないと8452エラーが表示されます。
DCDIAG<ph id="t12"></タイトル > < コンテンツ > < 段落 ></ph>repadminのshowrepl (またはshowreps) のコマンドは、各ソースDCの元となる宛先DCオブジェクトが存在し、着信接続のレプリケーションの状態を報告します。 ドメイン コント ローラー間でタイムリーなレプリケーションdcdiagのレプリケーションのテストが確認されます。 エラー8452、repadminで表示されている場合 /showreplレポートまたはdcdiag/test: レプリケーションのレポートでは、最後のレプリケーションが発生したときに、レプリケートNCはソースDC削除することができます。
NTDSレプリケーション イベント1586<ph id="t13"></タイトル > < コンテンツ > < 段落 ></ph>NTDSレプリケーション イベント1586がWindows NT 4.0とActive Directoryの両方のドメイン コント ローラーが含まれていますが、混在ドメイン環境で生成されます。 この混在ドメイン環境では、Active Directoryドメイン コント ローラーは、プロトコルを使用して、DSレプリケーション、Active DirectoryのPDCエミュレーターは、従来のnetlogonレプリケーション プロトコルを使用してWindows NT 4 Bdcにレプリケート中自体の間でレプリケートします。 ここでは、Active Directory PDC FSMOの役割の所有者は、共通のドメイン内のNT4 Bdcへのレプリケーションの単一点です。 PDCは、最新のレプリケート変化を表す各bdcチェックポイントを保持します。 PDCエミュレーターの役割がドメインの別のActive Directoryドメイン コント ローラーに転送されると場合、は、それぞれ個別のBDCチェックポイントに関する情報を新しいPDCエミュレーターにレプリケートされません必要があります。 したがって新しいPDCエミュレーターでは、古いPDCエミュレーターで直接レプリケーション関係必要があります。 新しいPDCエミュレーターは、古いPDCエミュレーター (つまり新しいPDCエミュレーターの以前のPDCエミュレーターからレプリカ リンクはありません) を直接レプリケートされない、イベント1586に8452エラーが表示されます。
降格<ph id="t14"></タイトル > < コンテンツ > < 段落 ></ph>DRAERR_NoReplicaエラーを表すもう1つのシナリオがあります。 DC降格、中にDCロケーターに、ドメイン コント ローラーにローカルでの変更をレプリケートすることがわかります。 場合は、見つかったDC降格DCと直接レプリケートされない、DRAERR_NoReplicaが返され、宛先DCを検索するDCロケーターが呼び出されます。 このシナリオでは反映されませんのでいない、エラーが記録されます。
8452エラーで失敗するActive Directory操作のトラブルシューティング:「名前付けコンテキストは削除されている処理は、または指定されたサーバーからレプリケートされていません」します。</「linktext」> < linkUri >http://support.microsoft.com/kb/2023704 < externalLink > <「linktext」>、Active Directoryレプリケーション モデルのしくみ</「linktext」> < linkUri >http://technet.microsoft.com/library/cc772726(WS.10).aspx < externalLink ><「linktext」>repsFrom、RepsFromhttp://msdn.microsoft.com/library/cc228409(PROT.13).aspx
© 2017 Microsoft