Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

サイトの機能

Bill Mathers|最終更新日: 2017/03/10
|
1 投稿者

適用対象: Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012

Windows Server 2008では、サイトの情報を使用して、レプリケーションのルーティング、クライアントのアフィニティ、システム ボリューム (SYSVOL) の複製、分散ファイル システムの名前空間 (DFSN)、およびサービスの位置情報を含めて、多くの目的です。

レプリケーションのルーティング

Active Directoryドメイン サービス (AD DS) では、レプリケーションのマルチ、格納し、転送のメソッドを使います。 ドメイン コント ローラーでは、2つ目のドメイン コント ローラー、すべてのドメイン コント ローラーが変更を受信するまでは、3つ目というように、通信するディレクトリの変更を通知します。 レプリケーションの待機時間を削減し、トラフィックを減らすことの最適なバランスを得るには、サイト トポロジは、レプリケーション サイト内で発生して、サイト間で行われるレプリケーション区別でActive Directoryの複製を制御します。

サイト内で、speeddata更新トリガー レプリケーション、用途に最適な複製とデータの圧縮によって必要なオーバーヘッドせずに、データが送信されます。 逆に、サイト間のレプリケーションが広域wanリンク経由で伝送のコストを最小限に抑えるに圧縮されています。 サイト間のレプリケーションが発生すると、各サイトにあるドメインごとに1つのドメイン コント ローラーは、収集しとディレクトリの変更を保存して別のサイト、ドメイン コント ローラーにスケジュールされた時刻に通信にします。

クライアントのアフィニティ

ドメイン コント ローラーは、Active Directoryクライアントをクライアントとして、最も近いサイト内のドメイン コント ローラーに通知するために、サイトの情報を使用します。 たとえば、そのサイト所属を把握していないと、ドメイン コント ローラーへ-アトランタ サイトからの連絡先をシアトル サイト内のクライアントを検討してください。 クライアントのIPアドレスに基づき、アトランタのドメイン コント ローラーは、クライアントから実際には、サイトの情報をクライアントに送信するサイトを決定します。 ドメイン コント ローラーには、選んだドメイン コント ローラーに最も近いものは、かどうか、クライアントも通知します。 クライアントは、アトランタ、サイト固有のサービス (SRV) リソース レコード (ドメイン ネーム システム (DNS) リソース レコードのAD DSドメイン コント ローラーを検索するために使用) のクエリのドメイン コント ローラーが提供するサイトの情報をキャッシュし、それによって同じサイト内のドメイン コント ローラーを検索します。

同じサイトでは、ドメイン コント ローラーを検索、クライアントのWANリンク経由で通信を回避します。 クライアント サイトであるドメイン コント ローラーがない場合、最小限のコストの接続を接続している他のサイトを基準としたが、ドメイン コント ローラーは、サイト、ドメイン コント ローラーがない (サイト固有のサービス (SRV) リソース レコードをDNSに登録) 自身をアドバタイズします。 DNSの公開されているドメイン コント ローラーは、サイト トポロジで定義されているもの最も近いサイトからです。 このプロセスでは、すべてのサイトに優先ドメイン コント ローラーの認証があることを確認します。

ドメイン コント ローラーを見つけ、プロセスについて詳しくは、Active Directoryコレクションを参照してください (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=88626)。

SYSVOLの複製

SYSVOLは、ドメイン内の各ドメイン コント ローラー上に存在するファイル システム内のフォルダーのコレクションです。 SYSVOLフォルダーは、グループ ポリシー オブジェクト (Gpo)、起動とシャット ダウンのスクリプトでは、ログオンとログオフ スクリプトなど、ドメイン全体に複製する必要がありますファイルの既定のActive Directory場所を提供します。 Windows Server 2008では、その他のドメイン コント ローラーへの1つのドメイン コント ローラーからのSYSVOLフォルダーに加えられた変更をレプリケートするのにファイルの複製サービス (FRS) または分散ファイル システム レプリケーション (DFSR) を使用できます。 FRSおよびDFSRサイト トポロジの設計時に作成したスケジュールに基づいて、これらの変更がレプリケートされます。

DFSN

DFSNは、サイトの情報を使用して、サイト内の要求されたデータをホストしているサーバーへのクライアントに指示します。 DFSNには、クライアントと同じサイト内のデータのコピーが見つからない、DFSNはどのDFSNされているファイル サーバーは、データを共有するかを決定するAD DSでサイトの情報がクライアントに最も近いです。

サービスの場所

AD DS内のファイルなどのサービスと印刷サービスを発行するによっては、Active Directoryクライアントは、要求されたサービス内で同じまたは最寄りのサイトを見つけることを許可します。 印刷サービスでは、AD DSに格納されている場所属性を使用して、ユーザーが、正確な位置情報を知らなくてもプリンターの場所を参照できるようにします。 設計およびプリント サーバーの展開について詳しくは、設計およびプリント サーバーの展開を参照してください (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=107041)。

© 2017 Microsoft