Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

ユーザーの概要ログにアクセス

Brentfor|最終更新日: 2017/03/10
|
1 投稿者

適用対象: Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012

ユーザー アクセスのログ (UAL) は、Windows serverの役割と、ローカル サーバー上の製品でクライアントの使用状況データを集約する機能です。 Windowsのサーバー管理者の役割と、ローカル サーバー上のサービスのクライアント コンピューターからの要求を定量化に役立ちます。

UALがインストールされ、既定値、および内のデータの収集を有効になっているほぼリアルタイムします。 管理者の構成は必要ありません、UALを有効または無効にすることができます。 詳しくは、次を参照してください。ユーザー アクセスのログの管理します。 ユーザー アクセスのログ サービスは、ローカル データベース ファイルにロールおよび製品によってクライアントの使用状況データを集約します。 IT管理者は後で使用Windows Management Instrumentation (WMI)、またはWindows PowerShellコマンドレット数量とサーバーの役割 (またはソフトウェア製品) によって、インスタンスを取得するのにユーザーによって、デバイスで、ローカル サーバーで、日付別です。

メモ

UALサポート、Microsoft評価および計画ツールキットします。

実際の適用

UALは、一意のクライアント デバイスとユーザー要求記録されるイベントをローカル データベースに集約します。 これらのレコードがし (サーバー管理者がクエリ) を通じてに公開サーバーの役割によって、ユーザーによって、デバイスで、ローカル サーバーによっておよび日付別の数量とインスタンスを取得します。 さらに、Microsoft以外のソフトウェア開発者がWindows Serverを集計するには、そのUALイベントをインストルメント化を有効にするUALが拡張されました。

UALには、次のタスクを実行できます。

  • ローカルの物理または仮想サーバーをクライアントにユーザー要求を定量化します。

  • ローカルの物理または仮想サーバーにインストールされているソフトウェア製品のクライアントにユーザー要求を定量化します。

  • HYPER-V仮想コンピューターで、高、低オンデマンドの期間を識別するには、HYPER-Vを実行しているローカル サーバー上のデータを取得します。

  • 複数のリモート サーバーからUALデータを取得します。

さらに、ソフトウェア開発者は、UALイベントを集約してWMIとWindows PowerShellのインターフェイスを使って取得できるインストルメント化できます。

UALによって、次のサーバーの役割とサービスをサポートできます。

  • Active Directory証明書サービス (AD CS)

  • Active Directory Rights Managementサービス (AD RMS)

  • BranchCache

  • ドメイン ネーム システム (DNS)

    メモ

    UALは24時間ごとに、DNSのデータを収集し、このシナリオの独立したUALコマンドレットがあます。

  • 動的ホスト構成プロトコル (DHCP)

  • Faxサーバー

  • ファイル サービス

  • ファイル転送プロトコル (FTP) サーバー

  • Hyper-v

    メモ

    UALは24時間ごとに、HYPER-Vでのデータを収集し、このシナリオの独立したUALコマンドレットがあます。

  • Webサーバー (IIS)

    警告

    IISでは、UALを使用するには、iisual.exeを使う必要があります。 詳しくは、次を参照してください。IISユーザー アクセスのログでクライアントの使用状況データを分析します。

  • Microsoftのメッセージ キュー (MSMQ) サービス

  • ネットワーク ポリシーとアクセス サービス

  • 印刷とドキュメント サービス

  • ルーティングとリモート アクセス サービス (RRAS)

  • Windows展開サービス (WDS)

  • Windows Server Update Services (WSUS)

重要

非常に高いパフォーマンスが主な機能 (HPCワークロード環境など)、サーバーのシナリオや、インターネット アクセスのアドレス空間でのwebサーバーなど、インターネットに直接接続されているサーバーでは、UALはお勧めしません。 UALは、小、中、高ボリュームされている必要がある、企業イントラネット シナリオの主な目的がないと同程度インターネット トラフィックのボリュームを定期的に機能する展開します。

重要な機能

次の表では、UALと、潜在的な値の主要な機能について説明します。

機能
収集し、リアルタイムの近くでクライアント要求イベント データを集計します。最大で3年間のデータを保存することができます。 重要:管理者が組織のプライバシー ポリシーとローカルの規制、収集されたデータとデータの保存期間の準拠を実施する必要があります。
WMIまたはWindows PowerShellのインターフェイスを使用してローカルまたはリモート サーバー上のクライアント要求データを取得するによってUALをクエリします。UALには、継続的な使用状況データの1つのビューが有効にします。 サーバーおよびエンタープライズ管理者がこのデータを取得し、ボリュームのソフトウェア ライセンスの使用を最適化するビジネス管理者と連携できます。
既定で有効にします。サーバーの管理者は、構成またはそれ以外の場合はこの機能を利用できるようにすべてのコア機能を設定する必要はありません。

UALでログに記録のデータ

次のユーザーに関連するデータはUALに記録されます。

データ説明
ユーザー名該当する場合は、インストールされている役割と、製品からUALエントリを付随する、クライアントにユーザー名です。
ActivityCount特定のユーザーの役割やサービスにアクセスする回数です。
FirstSeen日付と時刻のとき、ユーザーが初めて役割またはサービス。
LastSeen日付と時刻のとき、ユーザーが最後アクセス役割またはサービス。
商品名Windowsでは、UALデータを提供しているなど、ソフトウェアの親製品の名前。
RoleGUIDUALは、割り当てられているか、サーバーの役割を表すまたは製品をインストールされているGUIDの登録します。
役割名ロール、コンポーネント、またはUALデータを提供している上位製品の名前。 これは、商品と、RoleGUIDに関連付けられても。
TenantIdentifierテナント クライアントでは、インストールされている役割または該当する場合、UALデータに付随する製品の一意のGUIDです。

次のデバイスに関連するデータはUALでログに記録します。

データ説明
Ipアドレス役割またはサービスにアクセスするために使用するクライアント デバイスのIPアドレスです。
ActivityCount特定のデバイスが、役割やサービスにアクセスする回数です。
FirstSeen日付と時刻のIPアドレスが最初の役割やサービスにアクセスして使用されます。
LastSeen日付と時刻の役割またはサービスにアクセスするIPアドレスに最後に使ったときです。
商品名Windowsでは、UALデータを提供しているなど、ソフトウェアの親製品の名前。
RoleGUIDサーバーの役割またはインストールされている製品を表すUALによって割り当てられたまたは登録済みのGUIDです。
役割名ロール、コンポーネント、またはUALデータを提供している上位製品の名前。 これは、商品と、RoleGUIDに関連付けられても。
TenantIdentifierテナント クライアントでは、インストールされている役割または該当する場合、UALデータに付随する製品の一意のGUIDです。

ソフトウェア要件

UALは、Windows Server 2012後のバージョンのWindows Serverを実行している任意のコンピューターで使用できます。

ご覧ください。

ユーザー アクセス ログmsdnします。
ユーザーを管理するログにアクセス

© 2017 Microsoft