Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

プロンプト

Corey Plett|最終更新日: 2016/12/05
|
1 投稿者

適用対象: Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012

Cmd.exeコマンド プロンプトを変更します。 パラメーターを指定せずに使われる場合プロンプト既定の設定は、現在のドライブ文字と大なり記号続きますディレクトリに、コマンド プロンプトをリセット (>)。 このコマンドを使用する方法の例については、次を参照してください。します。

構文

prompt [<Text>]

パラメーター

パラメーター説明
テキストとコマンド プロンプトに追加する情報を指定します。
/?コマンド プロンプトでヘルプを表示します。

注釈

  • 現在のディレクトリ、時刻と日付、およびMicrosoft Windowsのバージョン番号の名前としては、このような情報を含めてする任意のテキストを表示するコマンド プロンプトをカスタマイズすることができます。
  • 次の表に、文字の組み合わせの代わりに、またはだけでなくの1つまたは複数の文字列を含めることができる、テキストパラメーターです。 一覧には、テキストや、コマンド プロンプトに各文字の組み合わせを追加する情報の簡単な説明が含まれています。 |文字|説明| |-------|--------| |$q|= (等号 (=))| |$$|$ (記号、ドルマーク)| |$t|現在の時刻| |$d|現在の日付| |$p|現在のドライブとパス| |$v|Windowsのバージョン番号| |$n|現在のドライブ| |$g|> (大なり記号)| |$l|< (符号未満)| |$b|& #124;(パイプ)| |$_|入力改行| |$e|ANSIエスケープ コード (コード27)| |$h|(コマンドラインに書き込まれている文字を削除) するbackspace| |$、|& (アンパサンド)| |$c|((左かっこ)| |$f|) (かっこ)| |$s|スペース|
  • コマンドの拡張機能が有効な場合 (つまり、既定値)、プロンプトコマンドは、次の書式設定の文字をサポートしています。 |文字|説明| |-------|--------| |$+|0個以上のプラス記号 (+) の色深度に応じて、文字、pushdディレクトリ スタック (プッシュ レベルごとに1つの文字)。| |$m|現在のドライブは、ネットワーク ドライブではない場合は、現在のドライブ文字または空の文字列に関連付けられているリモート名。|
  • 含める場合、$p文字 (現在のドライブとパスを判断するには) するには、各コマンドを入力した後に、ディスクを読み取るテキストのパラメーターにします。 これにより、特にフロッピー ディスク ドライブの場合、余分な時間がかかることができます。 ## 例 最初の行と、大なり記号では、次の行で、2行のコマンド プロンプトで、現在の時刻と日付を設定するには、次のように入力します。 prompt $d$s$s$t$_$g プロンプトは、日付と時刻は現在、次のように変更されました。 Fri 06/01/2007 13:53:28.91 > 矢印として表示するコマンド プロンプトを設定する (->)、種類。 prompt -$g 既定の設定 (現在のドライブとパスが続きますが大なり記号) に、コマンド プロンプトを手動で変更するには、次のように入力します。 prompt $p$g #### その他の参照 コマンドライン構文キー
© 2017 Microsoft