Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

WSUSのクライアント コンピューターとWSUSコンピューター グループの管理

Corey Plett|最終更新日: 2017/04/14
|
1 投稿者

適用対象: Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012

コンピューターのノードは、WSUSクライアント コンピューターやデバイスを管理するため、WSUSの管理コンソールの集約型アクセス ポイントです。 このノードの下には、さまざまなグループを設定している (および、[既定のグループが割り当てられていないコンピューター) を確認できます。

クライアント コンピューターの管理

コンピューターのグループのいずれかの選択、コンピューターノードの下オプション呼び出すと、詳細ウィンドウに表示するには、そのグループ内のコンピューターです。 コンピューターが複数のグループに割り当てられている場合は、両方のグループの番組表に表示されます。 一覧で、コンピューターを選択した場合は、そのプロパティは、コンピューターおよびインストールなど、更新の状態や、特定のコンピューターの更新の状態を検出に関する一般的な詳細情報を含めるを確認できます。 状態でを特定のコンピューター グループにコンピューターの一覧をフィルター処理することができます。 既定値は、どの更新プログラムが必要か、インストールの失敗があったのコンピューターにのみを示しています。ただし、任意の状態でディスプレイをフィルター処理することができます。 クリックしてリフレッシュステータス フィルターを変更した後。

コンピューターのページでは、グループを作成し、それらにコンピューターを割り当てるを含むコンピューター グループを管理することもできます。 コンピューターのグループの管理について詳しくは、次のようなこのガイドのセクションとセクション内のコンピューター グループの管理を参照してください1.5します。WSUSコンピューター グループを計画する手順1: WSUS展開ガイドのYour WSUS展開用に準備します。

メモ

最初にそれらを管理するにはそのサーバーから前に、WSUSサーバーと通信するクライアント コンピューターを構成する必要があります。 このタスクを実行するまで、WSUSサーバーはクライアント コンピューターを認識しないと、[コンピューター] ページの一覧でそれらが表示されなくなります。 クライアント コンピューターのセットアップについて詳しくは、次を参照してください。1.5します。WSUSコンピューター グループを計画する手順1: WSUS展開し、手順3. の準備: 構成WSUSでは、WSUS展開ガイドにします。

WSUSのクライアント コンピューターが更新プログラムをインストールするときの制御

WSUSのクライアント コンピューターの更新プログラムをインストールするときに、コントロールに2つの方法があります。

  • 期限と一緒に承認: 期限は、更新プログラムがインストールされているときに厳密に適用

  • WSUSのグループ ポリシー: グループ ポリシーは、Windows Updateエージェントのスキャンし、更新プログラムがインストールを制御します。

    詳細については、参照してください:手順5: 自動更新のグループ ポリシー設定を構成する、WSUS展開ガイドにします。

コンピューターのグループの管理

WSUSできますクライアントのグループへの更新プログラムの対象をコンピューターでは、特定のコンピューターが常に、最も便利なタイミングで適切な更新プログラムを取得することを確保するためです。 たとえば、(アカウンティング チーム) などの1つの部門のすべてのコンピューターには、特定の構成がある、そのチームのグループを設定できます。、更新プログラムがコンピューターのニーズを決めるし、何時それらがインストールされ、WSUSを使用してがチーム用の更新プログラムを評価するために報告します。

コンピューターに常に割り当てられて、すべてのコンピューターグループ、およびに割り当てられたまま、未割当コンピューター別のグループに割り当てるまでをグループ化します。 コンピューターは、1つ以上のグループに属していることができます。

コンピューターのグループは、階層 (たとえば、給与グループと経理グループのすぐ下のアカウントの支払グループ) を設定できます。 上位のグループ用に承認されている更新プログラムは、下位のグループにだけでなく、上位のグループ自体に自動的に配置されます。 したがって、経理グループのUpdate1を承認する場合、更新プログラムは、アカウンティング グループ内のすべてのコンピューターや、給与グループのすべてのコンピューター アカウントの支払グループ内のすべてのコンピューターに展開されます。

コンピューターは、複数のグループに割り当てることが、その承認される同じコンピューターに対して複数回に1回の更新の可能性があります。 ただし、更新プログラムが1回だけは、展開して、WSUSサーバーによって解決される任意の競合ができます。 続けるには、上記の例をコンピューターaは、給与と、アカウントの支払グループの両方に割り当てられ、Update1が両方のグループ用に承認される場合、配置される1回だけです。

2つのメソッドはサーバー側のターゲットやクライアント側のターゲット設定のいずれかを使って、コンピューターのグループにコンピューターを割り当てることができます。 サーバー側のターゲット設定に手動で移動する1つまたは複数のクライアント コンピューターを1台のコンピューター グループに一度にします。 クライアント側のターゲット設定では、グループ ポリシーを使用またはを自動的に以前に作成されたコンピューター グループに追加してコンピューターを有効にするクライアント コンピューターでレジストリ設定を編集します。 このプロセスは、スクリプトを作成し、一度に複数のコンピューターに展開できます。 上の2つのオプションのいずれかを選択して、WSUSサーバーで使用する、対象とするメソッドを指定する必要があります、コンピューターのセクションで、オプションページです。

メモ

WSUSサーバーをレプリカ モードで実行する場合は、そのサーバー上コンピューター グループを作成することはできません。 WSUSサーバー階層のルートであるWSUSサーバーのレプリカ サーバーのクライアントに必要なすべてのコンピューターのグループを作成する必要があります。 レプリカ モードについて詳しくは、次を参照してください。を実行しているWSUSレプリカ モードし、サーバー側とクライアント側のターゲット設定について詳しくは、セクションを参照してください。1.5します。WSUSコンピューター グループを計画する手順1: WSUS展開ガイドにWSUS展開の準備をします。

© 2017 Microsoft