Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

Homenetサブネットから手順6テストDirectAccess接続

James McIllece|最終更新日: 2017/03/10
|
1 投稿者

適用対象: Windows Server 2016

DirectAccessワンタイム パスワード (OTP) 展開が完了し、Homenetサブネットからの接続をテストを開始することができます。

クライアント1 HomenetサブネットからOTP機能をテストするには

  1. クライアント1でとしてログオンしていることを確認しますUser1します。

  2. 上、起動画面で「powershell.exe、を右クリックしてpowershell] をクリック[詳細設定、順にクリック管理者として実行します。 場合は、ユーザー アカウント制御操作が表示でをクリックしている確認] ダイアログ ボックスが表示されたら、はいします。

  3. Windows PowerShellウィンドウで、次のように入力します。ファイル名、ENTERキーを押します。

  4. 社内ネットワーク サブネットからクライアント1を外し、Homenetサブネットに接続します。

  5. クライアント1、Internet Explorerを開き、アドレス バーに次のように入力します。http://app1.corp.contoso.com/し、ENTERキーを押します。 F5キーを押します。

    サイトを開けません必要があります。

  6. スタート画面で「RSA、] をクリックしてしてRSA SecurIDトークンします。

  7. クリックして、RSA SecurIDトークンは、1回限りのパスワードを変更するまでの待機コピーします。

  8. クリックして、ネットワーク接続DAメディア マネージャーにアクセスする、通知領域アイコンです。

  9. クリックしてContoso DirectAccess接続、クリック続行します。

  10. コントロール + Alt + Delキーを押しながらクリックして、ワンタイム パスワード (OTP)並べて表示します。

  11. 以前にコピーした8桁のトークン コードを貼り付け、OKします。 認証が完了するまで待ちます。 DirectAccess職場接続の状態になります接続します。

  12. Internet explorerでアドレス バーで入力http://app1.corp.contoso.com/し、ENTERキーを押します。 F5キーを押します。 APP1に既定のIIS webサイトが表示されます。

  13. Internet Explorerアドレス バーに次のように入力します。http://app2.corp.contoso.com/し、ENTERキーを押します。 F5キーを押します。 APP2で、既定のIIS webサイトが表示されます。

  14. 開始画面で「\\app1\files、ENTERキーを押します。

  15. ファイルウィンドウで、共有フォルダーをダブルクリック、Example.txtファイル。 Example.txtファイルの内容が表示されます。

  16. 開始画面で「\\app2\files、ENTERキーを押します。

  17. ファイルウィンドウで、共有フォルダーをダブルクリック、New Text Document.txtファイル。 新しいText Document.txtファイルの内容が表示されます。

© 2017 Microsoft