Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

Windows Server 2016は、ネットワーク シナリオをサポートします。

James McIllece|最終更新日: 2017/03/10
|
1 投稿者

適用対象: Windows Server 2016

このトピックでは、またはWindows Server 2016のこのリリースでは実行できませんできるシナリオがサポートされており、サポートされていないに関する情報を提供します。

重要

すべての運用シナリオでは、使用、相手先ブランド供給から最新の符号付きハードウェア ドライバー (OEM)独立系ハードウェア ベンダーまたは(IHV)します。

サポートされているネットワーク シナリオ

このセクションでは、Windows Server 2016では、サポートされているネットワーク シナリオについて説明し、次のシナリオのカテゴリが含まれています。

ソフトウェア定義されているネットワーク (SDN) のシナリオ

次のドキュメントを使用すると、Windows Server 2016でSDNシナリオの展開します。

詳しくは、次を参照してください定義されているネットワークのソフトウェアと #40;。SDN & #41;.

コント ローラーのネットワークのシナリオ

ネットワーク コント ローラーのシナリオでを行うことができます。

  • 展開し、ネットワークのコント ローラーの複数のノードのインスタンスを管理します。 詳しくは、次を参照してください。展開ネットワーク コント ローラーがWindows PowerShellを使ってします。

  • プログラムによって北REST APIを使用してネットワーク ポリシーを定義するのにには、ネットワークのコント ローラーを使用します。

  • 作成、HYPER-Vネットワーク仮想化 - NVGREまたはVXLANカプセル化の使用による仮想ネットワークを管理するには、ネットワークのコント ローラーを使用します。

詳しくは、次を参照してください。ネットワーク コント ローラーします。

ネットワーク関数仮想化 (NFV) のシナリオ

NFVシナリオでを行うことができます。

  • 展開し、北と峡谷の両方のトラフィックを配布するソフトウェア負荷分散装置を使用します。

  • 展開し、東と西HYPER-Vネットワーク仮想化で作成した仮想ネットワーク トラフィックを配布するソフトウェア負荷分散装置を使用します。

  • 展開し、ネットワークのHYPER-V仮想化で作成した仮想ネットワークNATソフトウェア負荷分散装置を使用します。

  • 展開およびレイヤー3転送ゲートウェイの使用

  • 展開およびサイト - IPsec (IKEv2) トンネルの仮想プライベート ネットワーク (VPN) ゲートウェイを使用

  • 展開し、汎用ルーティング カプセル化 (GRE) ゲートウェイを使用します。

  • 展開し、動的ルーティングと転送は、境界線ゲートウェイ プロトコル (BGP) を使ってサイトの間でルーティングを構成します。

  • レイヤー3と、サイトへのゲートウェイとBGPルーティングM + N冗長性を構成します。

  • 仮想ネットワークとネットワーク インターフェイスのAclを指定するのにには、ネットワークのコント ローラーを使用します。

詳しくは、次を参照してください。ネットワーク関数の仮想化します。

プラットフォームのネットワークのシナリオ

このセクションでは、Windows Serverがネットワークでのシナリオでは、チームは、ドライバーを認定する任意のWindows Server 2016の使用をサポートします。 ネットワーク インターフェイス カードにお問い合わせください(NIC)製造元に最新のドライバーの更新プログラムがあることを確認します。

プラットフォームのネットワークのシナリオでを行うことができます。

  • 単一のネットワーク アダプターを使ってRDMAとイーサネットの両方のトラフィックを結合するのにには、集約型のNICを使用します。

  • 使って、HYPER-V仮想スイッチを単一のネットワーク アダプターで有効になっているパケット直接、低待機時間のデータのパスを作成します。

  • 最大2つのネットワーク アダプターの間で直接SMBとRDMAのトラフィック フローを拡散する設定を構成します。

詳しくは、次を参照してくださいリモートのダイレクト メモリ アクセス & #40;。RDMA & #41;埋め込みチームと #40; を切り替える設定と #41;.

HYPER-V仮想スイッチ シナリオ

HYPER-V仮想スイッチのシナリオでを行うことができます。

  • リモート ダイレクト メモリ アクセス (RDMA) vNICとHYPER-V仮想スイッチの作成します。

  • スイッチ埋め込みチーム (設定) とRDMA VnicとHYPER-V仮想スイッチの作成します。

  • HYPER-V仮想スイッチ セット チームを作成します。

  • Windows PowerShellコマンドを使ってセット チームを管理します。

詳しくは、次を参照してくださいリモートのダイレクト メモリ アクセス & #40;。RDMA & #41;埋め込みチームと #40; を切り替える設定と #41;

DNSサーバーのシナリオ

DNSサーバーのシナリオでを行うことができます。

  • 地理位置情報ベースのトラフィックの管理DNSポリシーを使用して指定します。

  • DNSポリシーを使用して分散管理DNSを構成します。

  • DNSポリシーを使用してDNSクエリにフィルターを適用します。

  • DNSポリシーを使用するアプリケーションの負荷分散の構成します。

  • 1日の時点に基づいてインテリジェントDNS応答を指定します。

  • DNSゾーン転送ポリシーを構成します。

  • DNSサーバーにActive Directoryドメイン サービス (AD DS) のポリシーを統合ゾーンを構成します。

  • 反応速度の構成を制限します。

  • 名前付きエンティティ (DANE) のDNSベースの認証を指定します。

  • DNSでの不明なレコードのサポートを構成します。

詳細については、トピックを参照してください。の新機能は、Windows Server 2016でDNSクライアントの新機能は、Windows Server 2016でのDNSサーバーします。

DHCPおよびDNSをIPAMシナリオ

IPAMシナリオでを行うことができます。

  • 検出を行い、DNSおよびDHCPサーバーとフェデレーションActive Directoryフォレストに適用される複数のIPアドレスの管理

  • ゾーンとリソース レコードを含む、DNSのプロパティの一元管理するためには、IPAMを使用します。

  • きめ細かい役割ベースのアクセス制御ポリシーを定義し、デリゲートIPAMユーザーまたはユーザー グループを指定したDNSプロパティのセットを管理します。

  • IPAM用のWindows PowerShellコマンドを使用すると、DHCPおよびDNSのアクセス制御の設定を自動化できます。

    詳しくは、次を参照してください。管理IPAMします。

NICチームのシナリオ

NICチームのシナリオでを行うことができます。

  • サポートされる構成NICチームを作成します。

  • NICチームを削除します。

  • ネットワーク アダプターをサポートされる構成NICチームに追加します。

  • NICチームからのネットワーク アダプターを削除します。

メモ

Windows Server 2016では、使えるNICのチーム、HYPER-Vでただし、場合によっては仮想マシン キュー (VMQ) 可能性が自動的に有効にしない基になっているネットワーク アダプターのNICチームを作成するとき。 この問題が発生した場合は、NICチーム メンバー アダプターでVMQが有効になっていることを確認する次のWindows PowerShellコマンドを使用することができます。 Set-NetAdapterVmq -Name <NetworkAdapterName> -Enable

詳しくは、次を参照してください。NICチームします。

埋め込みチームを切り替える(設定)シナリオ

設定は、Windows Server 2016でHYPER-Vとソフトウェア定義されているネットワーク (SDN) スタックを含む環境で使用できる代替NICチーム ソリューションです。 設定は、HYPER-V仮想スイッチにNICチームの一部の機能を統合します。

詳しくは、次を参照してくださいリモート ダイレクト メモリ アクセス (RDMA) とスイッチ埋め込みチーム (設定)。

サポートされていないネットワーク シナリオ

Windows Server 2016では、次のネットワーク シナリオはサポートされていません。

  • テナントのVLANベースの仮想ネットワーク。

  • アンダーレイまたはオーバーレイでは、IPv6はサポートされていません。

© 2017 Microsoft