Skip to main content
評価してください: 

ImageX と WIM イメージング形式

ファイルベースのディスク イメージングは Windows Vista のコア機能

Jerry Honeycutt 著

私は BDD (Business Desktop Deployment) 関連の仕事をしていますが、Microsoft から新しい素敵なプレゼントをもらって包みを開ける機会は多くありません。会社は、仕事に必要なツールは確かに与えてくれますが、包まれた箱をビリッと破いて開けるあの感覚はここしばらく味わっていません。でも、Windows Vista はこの快感を与えてくれそうです。Windows Vista の配置はディスク イメージに基づいており、このオペレーティング システムには ImageX という組み込みのディスク イメージ ツールが付属しています。

***

このページの内容

ファイルベースのイメージ形式ファイルベースのイメージ形式

ImageX の機能ImageX の機能

Windows Vista のインストールWindows Vista のインストール

まとめまとめ

ファイルベースのイメージ形式

ImageX に話を進める前に、ImageX で使用されるイメージ形式、つまり Microsoft Windows Imaging Format (WIM) イメージ形式について説明しましょう。現在、より普及しているセクタベースのイメージ形式とは異なり、WIM イメージ形式はファイルベースです。ファイルベースのイメージ形式を使用することにより、WIM には他の形式に勝る、以下の複数のメリットがあります。

  • この WIM イメージ形式はハードウェアに依存しません。そのため、1 つのイメージだけで多数の異なるハードウェア構成を処理できます。
  • WIM イメージ形式では、1 つの実際のファイル内に複数のイメージを格納することもできます。たとえば、Microsoft は、1 つの WIM イメージ ファイル内に複数の SKU を収録した状態で出荷できます。1 つのイメージ ファイルに格納されるイメージは、コア アプリケーションを含む場合と含まない場合があります。さらに、イメージの 1 つを起動可能として登録し、WIM ファイル内のディスク イメージからコンピュータを起動可能にすることもできます。
  • WIM イメージ形式では圧縮と単一インスタンスを使用できるため、イメージ ファイルのサイズが大幅に縮小されます。単一インスタンスは、ファイルの複数のコピーを 1 つのコピーのスペース コストで格納できるようにする手法です。たとえば、イメージ 1、2、3 のすべてにファイル A が含まれている場合、単一インスタンスではファイル A の単一コピーが格納され、イメージ 1、2、3 をこのコピーに対してポイントします。
  • WIM イメージ形式では、イメージをオフラインで保守できます。イメージを新規に作成しなくても、オペレーティング システムの特定のコンポーネント、修正プログラム、およびドライバの追加や削除を行うことができます。イメージの更新は数分で済むようになり、Microsoft Windows XP のように数時間を要することはありません。たとえば、Windows XP イメージにパッチを追加するには、マスタ イメージを起動し、修正プログラムを追加してからイメージを再び用意する必要があります。Windows Vista では、イメージをオフラインでそのまま処理できます。
  • WIM イメージ形式では、任意のサイズのパーティションにディスク イメージをインストールできますが、セクタベースのイメージ形式では、同じサイズまたはソース ディスクよりも大きなパーティションにディスク イメージを配置する必要があります。
  • Windows Vista では、WIMGAPI という WIM イメージ形式用の API が用意されています。開発者は、この WIMGAPI を使用して WIM イメージ ファイルを処理できます。
  • WIM イメージ形式では、既存環境を消去しない配置が可能です。したがって、イメージを適用するボリュームにデータをそのまま残しておくことができます。ディスクの既存の内容は、イメージのアプリケーションによって消去されません。

ページのトップへページのトップへ

ImageX の機能

ImageX 自体はシンプルなプログラムです。これは、私が ImageX を非常に気に入っている理由の 1 つです。ImageX は、単純なコマンドライン駆動のユーティリティで、コマンド プロンプトまたは Microsoft Windows プレインストール環境 (Windows PE) から実行します。つまり、Xcopy と対話するのと同じ方法で ImageX と対話します。ImageX がコマンドライン ユーティリティだからといって落胆しないでください。コマンドライン インターフェイスを備えたディスクイメージ ツールのほうが私は好きです。ツール用途のスクリプト作成が大幅に簡素化されるからです。さらに、Windows Vista のバッチスクリプト機能は非常に高性能なので、ImageX を実行するスクリプトを作成できないケースはほとんどありません。

ImageX のコア機能によって、WIM ファイルへのボリュームのキャプチャや、ボリュームへの WIM ファイルの適用を行うことができます。たとえば、イメージをキャプチャするコマンドでは、単に imagex /capture C: image.wim "Name" と入力します。イメージをボリュームに適用するコマンドでは、単に imagex /apply image.wim 1 と入力します。ここで、1 はインデックス番号 1 の image.wim ファイルのイメージを適用するように ImageX に伝えます。

もちろん、ImageX には、イメージの管理とそのさまざまな利用に使われる多数のコマンドが組み込まれています。表 1 に、これらのコマンドの概要を示します。

表 1. ImageX コマンド ライン オプションの概要
/append既存の WIM ファイルにボリューム イメージを追加します。
/apply指定されたドライブにボリューム イメージを適用します。
/capture新しい WIM ファイルにボリューム イメージをキャプチャします。
/commitマウントされた WIM への変更をコミットします。
/compress圧縮の種類 (なし、高速、最大) を設定します。
/config指定されたファイルを使用して詳細オプションを設定します。
/delete複数のイメージが格納されている WIM ファイルから特定のイメージを削除します。
/dirボリューム イメージ内のファイルとフォルダを一覧表示します。
/exportWIM ファイル間でイメージを転送します。
/info指定された WIM のストアの XML 記述を返します。
/refapply 操作用に WIM の参照を設定します。
/scrollリダイレクトの出力をスクロールします。
/split既存の WIM ファイルを複数の読み取り専用 WIM ファイルに分割します。
/verify複製および展開されたファイルを確認します。
/mount読み取り専用アクセスで、指定されたディレクトリにイメージをマウントします。
/mountrw読み取り/書き込みアクセスで、指定されたディレクトリにイメージをマウントします。
/unmount指定されたディレクトリにマウントされているイメージのマウントを解除します。
/?ImageX の有効なコマンドライン パラメータを返します。

 

私が有用だと感じた、詳述に値する機能の 1 つに、イメージをディレクトリにマウントする機能があります。イメージをマウントし、ファイル システム上のファイルやフォルダとまったく同様にイメージを変更し、その後、イメージのマウントを解除できます。たとえば、オペレーティング システムのイメージをマウントし、デバイス ドライバを追加し、その後、オペレーティング システムのイメージのマウントを解除できます。これは、ディスク イメージを最初から再構築するよりも明らかに便利です。

ページのトップへページのトップへ

Windows Vista のインストール

ImageX や WIM イメージ形式について知識を得たので、ディスクイメージの配置プロセスの方法に関心が向けられていることと思います。Windows Vista のインストールは、インプレース アップグレード、クリーン インストールを問わず、完全にイメージベースの新しいプロセスです。その証拠に、Windows Vista は WIM イメージ形式でのみ出荷されます。

さらに、インプレース アップグレード プロセスも Windows XP で実行した場合よりも良好に機能します。これは、Windows Vista へのアップグレードは、実際には Windows の旧バージョンからのユーザー設定、ドキュメント、およびアプリケーションの移行を伴うクリーン インストールにほかならないためです。インプレース アップグレード プロセスには、wipe-and-reload (削除して再読み込み) という分かりやすい名称もあります。

以下の手順では、これらのツールを使用して Windows Vista のディスク イメージを展開する方法について説明します。

  1. デバイス ドライバやオプションのコンポーネント (言語など) の選択用に Microsoft が提供しているデスクトップ設計ツールを使用すると、Windows Vista のイメージを強化できます。
  2. テスト コンピュータにイメージをインストールし、Microsoft Office や基幹業務アプリケーションなどのアプリケーションを追加して、イメージをネットワークに保存します。
  3. Microsoft 提供のツールを使用して、ユーザーのコンピュータにイメージを展開します。Windows Vista が提供する新しいスクリプト作成および応答ファイルの機能を使用すると、インストールを完全に自動化できます。Windows の旧バージョンから Windows Vista にコンピュータをアップグレードする場合は、セットアップ プログラムによってユーザーのドキュメント、設定、およびアプリケーションが移行されます。その際、ユーザーに入力が要求されることはありません。

ページのトップへページのトップへ

まとめ

ImageX と新しい WIM イメージ形式は、Windows Vista における重要な機能拡張です。これらのテクノロジを利用することにより、迅速に費用効率が良い方法で新しいオペレーティング システムを配置できます。

保持するディスク イメージ数が大幅に減少すると共に、その保守がはるかに容易になり、時間を節約できます。新しいイメージベースのセットアップ プロセスによって、1 時間以内でデスクトップ配置を行うことができます。この配置には、コンピュータのインストールだけでなく、ユーザーの状態データの移行も含まれます。

注意: このサイトに記載されている機能は変更される可能性があります。マーケティング上、技術上、またはその他の理由により、一部の機能が最終的な製品版に含まれないこともあります。

詳細情報

お問い合わせ先
Jerry Honeycutt はライター、講演者、技術者の 3 つの肩書きを持っています。Jerry Honeycutt には、『Microsoft Windows Desktop Deployment Resource Kit』 (Microsoft Press、2004 年発行) をはじめとする、25 冊を超える著作があります。Jerry がコンサルタントとして担当している地域はダラス周辺ですが、出張も頻繁に行っています。Jerry の詳細については、 http://www.honeycutt.com で詳しい経歴を参照するか、または jerry@honeycutt.com 宛てに電子メールで連絡してください。


ページのトップへページのトップへ