Skip to main content
Windows IT Pro Center
評価してください: 
Windows 7 評価ガイド

基本的な機能の提供

基本的な機能を提供できなければ、新機能がどれほど優れていようと、そのオペレーティング システムに価値はありません。こうした理由から、 Windows 7 では基本部分の強化に取り組みました。その結果、PC の起動、シャットダウン、スタンバイ状態からの再開におけるパフォーマンスが向上しています。 Windows 7 を実行するPC は、信頼性の向上、既存のアプリケーション / ハードウェアとの連携性強化、さらに、新たな方法によるセキュリティ強化を実現します。

高速化と応答性の向上

ユーザーは通常、作業を効率よく行いたいと考えます。作業を開始するときにはオペレーティング システムの準備が整っていて、指示した処理に対してすばやく応答することを求めています。そこでWindows 7 では、環境の迅速な準備と応答性を目指して設計されています。起動、シャットダウン、スタンバイからの再開がこれまでのどのWindows バージョンよりも速く、外部 USB フラッシュ メモリ ドライブを活用して、パフォーマンスを向上できます。検索などの一般的な操作と同じように、 Web ブラウズも高速化しています。

Windows 7 では、 見えない部分のパフォーマンスも強化されています。 Windows 7 ではバックグラウンド動作が減少し、システム サービスのトリガー開始に対するサポートが追加されました。システム サービスを前もって開始するのではなく、必要なときにのみ開始するようになりました。たとえば、 Windows Bluetooth サービスは、Bluetooth デバイスをコンピューターに接続したときにのみ開始されます。 Windows 7 ではカーネルも強化されており、アプリケーションやサービスを小規模システムから大規模システムに効率的に拡張できます。

Windows 7 内部の多くの個別機能もパフォーマンスの向上をもたらしています。たとえば、多くのDirectX® コンポーネントでのグラフィック レンダリングがよりスムーズにすばやくできるようになり、アクセシビリティ オートメーション API のウィンドウ クエリ機能が以前より高速になっています。

RAM の容量不足はパフォーマンスに影響するため、Windows 7 ではメモリ消費量の軽減に多くの労力が費やされました。たとえば、デスクトップ ウィンドウ マネージャー (DWM) とグラフィックス スタックのサイズを減らすことで、システム構成の広範囲にわたって応答性の高いユーザー インターフェイスを実現しています。デバイス メーカーによる各ビデオ ドライバーのパフォーマンス向上を支援する機能も追加されています。

マイクロソフトは、Windows 7 によって安定したパフォーマンスを提供するために、新しいエンジニアリング手法も実装しました。仮想チームは、主要な使用方法シナリオにおけるパフォーマンスに重点を置き、機能の開発者、テスト担当者、 UI 設計者で構成されています。開発プロセス全体に実装された新しいテストによって、パフォーマンス関連の問題の早期発見と解決が可能になります。

Windows 7 でパフォーマンスが向上したとユーザーが実感する主要な領域は、次のとおりです。

  • 起動とシャットダウン: Windows 7 は、必要なときにいつでも使用できます。Windows 7 を実行する PC は起動が速くなり、起動中の安定性も高くなっています。 Windows 7 は、Windows Vista に比べてシャットダウンも速くなりました。
  • スタンバイからの再開: スタンバイから再開する場合、Windows 7 ではほんの数秒で使用可能になります。また、ワイヤレス ネットワークにはログオン後に自動的に再接続されるので、ユーザーが再接続する必要はありません。スリープ モードを使用する場合も、コンピューターが使用可能になるまでの待機時間が短くなりました。
  • Internet Explorer® 8: Internet Explorer 8 は起動が速く、新しいタブを簡単に作成でき、Web ページの読み込みも高速になっているので、Web ブラウズ エクスペリエンス全体が高速化したように感じられ、満足度も大きくなります。 Internet Explorer 8 では JavaScript エンジンも非常に高速化しており、JavaScript や AJAX をベースにした多くのサイトの応答性が向上しています。アドレス バー、検索、タブ、お気に入りバーについても改善され、これらはすべてWeb 上の目的の場所により短時間でたどり着けるように設計されています。
  • 検索とインデックス: 情報を探しているときには、即座に応答がほしいものです。 Windows 7 では、Windows サーチ 4.0 によってパフォーマンスが強化されており、検索とインデックス作成が非常に速くなっています。検索結果の並べ替えとグループ分けも大幅に高速化されています。
  • ReadyBoost™: メモリの少ない PC では、常にデータをディスクにスワップする必要があります。これによってパフォーマンスは低下し、ストレスの元となります。 Windows Vista で導入された ReadyBoost は、システムの応答性を向上させるものです。 ReadyBoost では、フラッシュ メモリ デバイスを使用して使用頻度の高いデータをキャッシュします。コンピューターは、フラッシュ メモリからこのデータを、従来のハード ディスクからよりも高速に読み取ることができます。Windows 7 の ReadyBoost では、複数のフラッシュ デバイス (USB キー、SD カード、内部フラッシュ デバイスなど) の同時使用や、4 GB よりも大きいキャッシュに対するサポートが追加されています。また、 exFAT 、FAT32 、および NTFS ファイル システムをサポートしています。

信頼性

Windows 7 は今までで最も信頼性の高い Windows のバージョンです。操作の中断がほとんど発生しないだけでなく、問題が発生してもWindows 7 が提供する修復機能により、非常にすばやく復旧できます。パフォーマンスと同様、信頼性も内部で強化されているのです。 Windows 7 の信頼性を向上させる具体的な強化点には、次のようなものがあります。

  • フォールト トレラント ヒープ: 原因となるアプリケーションに変更を加えることなく、一般的なメモリ管理上の問題を解決するために設計されたものです。現在のクラッシュの約15% は、ヒープの破損が原因です。Windows 7 の新機能であるフォールト トレラント ヒープは、ヒープの破損で最も一般的な原因を軽減させ、ユーザーの経験する多くのクラッシュを大幅に減少させます。
  • プロセス リフレクション: 診断機能による操作の中断をなくします。Windows 7 では、プロセス リフレクションを使用して、PC 上の失敗したプロセスのメモリの内容をキャプチャすると同時に、クローン機能を使用して失敗したプロセスを復旧します。この方法では、 Windows 7 が障害の状況を診断/ 分析している間に、アプリケーションを復旧して稼動を続行できるので、生産性を維持できます。

さらに、Windows 7 は自身の信頼性もより深く監視しています。監視情報には強化された信頼性モニターUI を使用してアクセスできます。収集されたデータはより詳細になり、パフォーマンス データと同様、カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加してマイクロソフトにそのデータを送信することもできます。マイクロソフトが収集した、関連性のある特定の信頼性データ( 動作の不安定なアプリケーションの診断データなど ) は、マイクロソフト パートナーに送信され、製品の品質向上に役立てられます。

さらに、Windows 7 では、これまで以上に信頼性が高くトラブルのない印刷が可能です。ドライバー サンドボックスによって、問題のあるデバイス ドライバーが他のデバイス ドライバーや Windows 全体の動作に悪影響を及ぼすことを防ぎます。また、 Windows 7 の印刷診断パッケージによって、一般的な印刷関連の問題( 停止した印刷ジョブの削除など) の診断や修復がより簡単にできます。

バッテリ持続時間の向上

Windows 7 ではモバイル PC のバッテリ消費の効率化を実現しているため、より長い時間、優れたパフォーマンスで生産性を維持することができます。省電力機能の強化点としては、プロセッサのアイドル時間延長、ディスプレイ明度の自動調整、 DVD 再生の効率化などが挙げられます。Windows 7 では、バッテリの状態に関する情報もわかりやすく表示されます。

アイドル状態の長時間化: Windows 7 ではバックグラウンド動作が減少し、システム サービスのトリガー開始がサポートされているので、コンピューターのプロセッサがアイドル状態になる頻度が高くなっています。プロセッサがアイドル状態であれば、バッテリの持続時間が延びます。

状況に合ったディスプレイの明るさ: 通常のモバイル PC のディスプレイは、コンピューターの他のどの部分よりもバッテリの電力を消費します。 Windows 7 では、現在の多くの携帯電話のように、非アクティブな状態になるとディスプレイの明るさが暗くなります。 Windows 7 はユーザーの活動にインテリジェントに適応します。たとえば、 30 秒後に画面が暗くなったときに、ユーザーが即座にマウスを動かしてディスプレイを明るくすると、 Windows 7 は次に画面を暗くするまでに 60 秒待機するようになります。

省電力のDVD 再生: SD 画質の DVD を再生するときに使用する電力が、以前のバージョンのWindows よりも少なくなります。Windows 7 では、処理に必要な電力が少なくて済み、ディスクの回転が効率化されているので、 1 回も充電することなく映画を最後まで鑑賞できます。

Wake On Wireless LAN: アイドル状態が続いて省電力化のためにスリープ状態になったコンピューターにリモート アクセスする必要がある場合、Wake On LAN 機能によって、ネットワークを介してそのコンピューターを「目覚めさせる」ことができます。 Windows Vista では、スリープ状態のコンピューターをスリープ解除できるのは、有線ネットワーク接続の場合のみでしたが、 Windows 7 の Wake On Wireless LAN 機能は、ワイヤレス ネットワーク接続を介して有線の場合と同じ機能を提供します。

たとえば、ホーム ネットワークにワイヤレス接続した PC がキッチンにあり、寝室のラップトップからそのシステムにある写真を表示する場合、キッチンのPC はスリープ状態の可能性がありますが、このスリープを解除して写真を表示できます。同じように企業環境では、 IT 管理者がワイヤレス接続された他のコンピューターをスリープ解除することで、ソフトウェア更新の適用やその他のメンテナンス作業を実行できます。これにより、 IT 管理者はワイヤレス接続されたシステムの電力コストを最小限に抑えることができます。

スマートなネットワーク電源制御: 現在のモバイル PC は、コンピューターの使用されていない部分にもエネルギーを送っています。たとえば、 Ethernet ケーブルが接続されていなくても、ネットワーク アダプターには電力が送られています。 Windows 7 では、ケーブルが切断されているときにはネットワーク アダプターの電源が自動的にオフになり、ケーブルが接続されると電源が復元されます。 IT プロフェッショナルは、この機能を利用することで、企業の「グリーンIT 」への取り組みをさらに進めていくことができます。

バッテリ残量の通知: Windows 7 では、バッテリ残量がタイムリーに、わかりやすく、正確に通知されるので、電力消費量とバッテリ持続時間を常に認識できます。

電源の構成: Windows 7 の新しいユーティリティである電源の構成は、デバイス、ポリシー、ファームウェア、システム設定、アプリケーション、およびその設定内容によって電力効率が損なわれる可能性のあるその他の共通領域全体で問題を検出し、その情報をわかりやすいレポートでユーザーに通知します。

明るいディスプレイ表示
状況に合ったディスプレイの明るさでバッテリ電力を節約

暗めのディスプレイ表示

バッテリ状況の表示
わかりやすくなったバッテリ状況と通知

アプリケーションの互換性

マイクロソフトは、エコシステム パートナー、ベータ テスター、早期採用ユーザーと緊密に連携することで、ユーザーの互換性に関するエクスペリエンスを全体的に向上させています。 Windows Vista の互換性におけるソフトウェア エコシステムの大幅な前進や、ベータ版のユーザーから寄せられる継続的なフィードバックや遠隔計測データから、 Windows 7 のエンジニアリング チームは、Windows 7 は高度なアプリケーション互換性を実現できると考えています。 Windows Vista や Windows Server 2008 で既に正常に動作しているアプリケーションは、 Windows 7 でも正常に動作します。

Windows 7 では、さまざまな方法でアプリケーションの互換性に取り組んでいます。ツールに始まり、プロセス、さらに、互換性機能の設計に関する教育チームの教育も行っています。エンジニアリング チームは、アプリケーションの互換性を継続的に検証しています。マイクロソフトは、最も広範囲に使用されている消費者向けおよび企業向けアプリケーションの包括的なリストを既に作成しており、 Windows 7 の開発サイクル全体を通じて、このリストに基づくテストが行われています。マイクロソフトはまた、ユーザーによるアプリケーション互換性の評価を支援するために、 Windows アップグレード アドバイザーや Application Compatibility Toolkit (ACT) などのツールに対する投資も行っています。

Windows 7 では、 動作確認されていないアプリケーションや自社開発のアプリケーションに対しても、互換性を支援する手段が数多く用意されています。たとえば、ハードコードされたバージョン チェックによってアプリケーションのインストールが失敗した場合は、 Program Compatibility Troubleshooter が ( ユーザーの同意のもと) 自動的にプログラムの修復を行い、インストーラーを再実行します。 Windows 7 には拡張されたアプリケーション Shim インフラストラクチャと Problem Steps Recorder も含まれているため、ユーザー自身でアプリケーション互換性の問題を確認し、技術エキスパートの評価を依頼することができます。

さらに、マイクロソフトはWindows エコシステム全体におけるアプリケーションの互換性問題を監視しており、パートナーのアウトリーチ活動にも投資しています。これによって、ソフトウェア開発者はアプリケーションの互換性確保に必要なリソースを入手することができます。

デバイスの互換性

オペレーティング システムをアップグレードしたものの、以前は動作していたデバイスが動作しなくなるという事態はだれも望みません。このため、マイクロソフトはWindows Vista で正常に動作していたデバイスが Windows 7 でも確実に動作するようにしています。

マイクロソフトは、アプリケーションと同様にデバイスや周辺機器についても、Windows 7 との互換性を追跡したリストを大幅に拡張しています。デバイスおよび PC メーカーに対するカスタマー エクスペリエンス向上プログラムやアウトリーチ活動を通じて収集されたデータによって、何千ものデバイスが識別されており、これらのデバイスは Windows 7 との互換性について積極的にテストされています。最新のデバイス ドライバーが必要な場合は、 Windows Update から直接、またはデバイス製造元の Web サイトのドライバー ダウンロードのリンクをたどって入手できます。

ダウンロード

ダウンロードWindows7 Reviewers Guide.exe
(Word [自動解凍形式], 10.2 MB)

目次

はじめに
Windows 7 の設計
エンドユーザーのための Windows 7

IT プロフェッショナルのための Windows 7

エコシステムのための Windows 7