Skip to main content
評価してください: 

Windows 7 の VHD 形式ファイル利用について

澤田 賢也 (MS MVP for Small Business Server)


1 | 2 | 3 | 4 | 5


こんにちは、澤田です。
今回のコラムでは、Windows 7 がネイティブでサポートするようになった VHD 形式のファイル (以下、VHD ファイル) についてご紹介しようと思います。

VHD ファイルは、以前から利用されていましたが、VHD ファイルを操作するためのソリューションが別に必要でした。Windows Server 2008 Hyper-V、Virtual Server、および Virtual PC などの仮想マシンの仮想ディスクや Data Protection Manager、Windows Server Backup などでは、バックアップの保存ファイルなどです。 Windows 7 では、OS 標準の機能だけで VHD ファイルを利用することができるようになりました。

基礎編では、"Windows 7 ディスク管理ツール" と "DiskPart コマンドライン ツール" の 2 種類で、VHD ファイルを操作する方法を簡単にご紹介します。
応用編では、ネイティブ VHD ブートを構築しようと思います。

VHD ファイルを使ってみる (基礎編)

Windows 7 では、ユーザーは、仮想ディスクを物理記憶装置と同じように簡単に作成およびアタッチできるようになります。たとえば、ディスク管理 MMC (Microsoft 管理コンソール) スナップインや DISKPART コマンド ライン ツールを使用して、仮想ディスクを作成およびアタッチすることができます。アタッチされた仮想ディスクは、物理ハード ディスクと同じように、パーティションを作成したり、フォーマットすることができます。

※ Windows 7 で初めて VHD ファイルを扱う時にドライバがインストールされます。このドライバのおかげで、サードパーティ製のドライバやツールを使用しなくても VHD ファイルを直接操作できるようになりました。また、仮想ディスクの作成や管理するために仮想ディスク API は VirtDisk.dll が提供しています。


[ 拡大図]

VHD ファイルを作成する

Windows 7 ディスク管理ツールの場合 :

1. 「プログラムとファイルの検索」に "diskmgmt.msc" と入力し、ディスク管理ツールを表示させます。

2. ディスクの管理ツールの操作メニューから "VHD の作成" を選択します。


[ 拡大図]

3. "場所" と "仮想ハードディスクの容量"、"仮想ディスクのフォーマット" をそれぞれのタイを入力し、「OK」を押します。


[ 拡大図]

4. 「ディスク 3」として割り当てられます。


[ 拡大図]

5. この状態では、ディスクの初期化がされていませんので、初期化の実行をします。ディスク 3 を選択し、コンテキスト メニューにあります "ディスクの初期化" を選択します。


[ 拡大図]

6. パーティション スタイルを選択し、「OK」を押します。


[ 拡大図]

7. コンテキストメニューにあります“新しいシンプルボリューム”を選択します。“新しいシンプルボリュームウィザード”の指示に従ってフォーマットをしていきます。


[ 拡大図]

8. これで、F: ドライブとして使用できるようになります。


[ 拡大図]

コマンド プロンプトの場合 :

コマンド プロンプトで、以下のコマンド (太字の部分) を入力します。

C:\>diskpart

Microsoft DiskPart バージョン 6.1.7600
Copyright (C) 1999-2008 Microsoft Corporation.
コンピューター: WINDOWS7RTM

DISKPART> create vdisk file="D:\VHD\sample.vhd" maximum=10000

  100% 完了しました

DiskPart により、仮想ディスク ファイルが正常に作成されました。

DISKPART> attach vdisk

  100% 完了しました

DiskPart により、仮想ディスク ファイルがアタッチされました。

DISKPART> list disk

  ディスク      状態           サイズ   空き   ダイナ GPT

  ###                                          ミック

  ------------  -------------  -------  -------  ---  ---

  ディスク 0    オンライン           465 GB      0 B

  ディスク 1    オンライン           127 GB      0 B

  ディスク 2    オンライン            15 GB      0 B

* ディスク 3    オンライン             9 GB     9 GB

DISKPART> select disk 3

ディスク 3 が選択されました。

DISKPART> create partition primary

DiskPart は指定したパーティションの作成に成功しました。

DISKPART> format FS=NTFS LABEL="NEW VDISK" Quick

  100% 完了しました

DiskPart は、ボリュームのフォーマットを完了しました。

DISKPART> assign letter=f:

DiskPart はドライブ文字またはマウント ポイントを正常に割り当てました。

DISKPART> exit

DiskPart を終了しています...

澤田 賢也 MVP プロファイル (新しいウィンドウで開きます) 澤田 賢也

中小企業の情報システム部門に勤務しています。システムの入れ替えから ヘルプデスクから簡単な開発まで幅広い業務を担当しています。自己研鑚のためにテックフィールダーズ セミナーへの参加しています。また、その時に気になって、検証したことをなどをブログで紹介しています。

ブログ : Windows Small Business Server を中心とした雑記 外部サイトへ

VHD ブート・VHD 形式ファイルについて

仮想ディスクを物理コンピューターの起動ディスクとして使用できる機能。パーティションを再構成せずに、マルチブート OS を追加できるため、柔軟な環境の構築が可能になります。また、コンピューター間での OS の移動や、差分ディスクを活用した状態の復元が可能になります。


ページのトップへ

ブログにコピー

([Ctrl] + [C] でコピーしてください)

Windows 7 活用術: 一覧

Windows 7 活用術

This feed, No Title, currently has no items to display.