Skip to main content
Windows IT Pro Center
評価してください: 

Windows 7 のバックアップ機能

澤田 賢也 (MS MVP for Small Business Server)

(公開日 : 2009 年 7 月 28 日)
(更新日 : 2009 年 12 月 25 日)



1
| 2 | 3 | 4


Windows 7 でバックアップが完了すると、以下のアイコンとして表現されます。

このアイコンをダブル クリックすれば、バックアップしたファイルやフォルダーを復元することができます。復元のオプションには、次の 3 つがあります。

  • ファイルを復元
  • すべてのユーザー ファイルを復元
  • バックアップされた領域の管理


バックアップ ファイルは、回数を重ねれば重ねるほど容量が肥大をし、ディスクを圧迫してしまいます。 Windows 7 のバックアップでは、バックアップ ファイルを削除して、ディスクの空き容量を増やすことができます。

  1. アイコンをクリックし、Windows バックアップ ウィザードで「このバックアップで使用される領域の管理」を選択します

  2. Windows バックアップ ウィザード

  3. バックアップ データを削除したい場合は、「バックアップの表示」を選択します。

  4. Windows バックアップ によるディスク領域の使用方法の選択

    ( 拡大図)

  5. バックアップ期間を選択し、「削除」ボタンを選択します。

  6. 削除するバックアップの期間を選択します

    ( 拡大図)

  7. 「削除する」もしくは「削除して直ちにバックアップを実行する」を選択します。

  8. このコンピューターのデータ ファイルの唯一のバックアップを削除しますか?

    ( 拡大図)

  9. システム イメージを削除する場合は、「設定の変更」を選択します。

  10. Windows バックアップ によるディスク領域の使用方法の選択

    ( 拡大図)

  11. 「最新のシステム イメージのみを保持する」もしくは「すべてのシステム イメージを削除する」を選択します。

  12. Windows による古いシステム イメージの保持方法の選択

    ( 拡大図)

  13. 削除の確認です。

  14. 古いシステム イメージをすべて削除しますか?

  15. 削除されました。これで、ディスク空き容量がふえました。

  16. Windows バックアップ によるディスク領域の使用方法の選択

    ( 拡大図)

注意:
このコンテンツは、Windows 7 RTM 版における情報をベースに執筆しています。

澤田 賢也 MVP プロファイル (新しいウィンドウで開きます) 澤田 賢也

中小企業の情報システム部門に勤務しています。システムの入れ替えから ヘルプデスクから簡単な開発まで幅広い業務を担当しています。自己研鑚のためにテックフィールダーズ セミナーへの参加しています。また、その時に気になって、検証したことをなどをブログで紹介しています。

ブログ : Windows Small Business Server を中心とした雑記 外部サイトへ


ページのトップへ

ブックマーク

ブログにコピー

([Ctrl] + [C] でコピーしてください)

Windows 7 活用術: 一覧

Windows 7 活用術

This feed, No Title, currently has no items to display.