Skip to main content
評価してください: 

Windows® 7 標準クライアント イメージの作成手順:

1. はじめに

多数のクライアントに Windows 7 を効率的に展開する場合は、組織内の標準クライアント環境を構築し、そのイメージを作成します。マイクロソフトでは、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の展開用のツール群として、Windows 自動インストール キット (Windows AIK) を提供しています。Windows AIK は、Windows 7 および、Windows Server 2008 R2 を展開する情報技術担当者向けに設計されています。

Windows AIK を使用すると、標準クライアント イメージの作成、カスタマイズされたイメージ ファイルのメンテナンス、自動展開のための応答ファイルの作成などの作業が行えます。このドキュメントでは、組織の環境に応じた標準クライアント環境を構築し、そのクライアントをイメージ化する基本的な手順について紹介します。この手順を終了すると、組織内の標準クライアント イメージを作成し、カスタム イメージとして展開する準備ができます。作成した標準クライアント イメージは、Windows 展開サービス (WDS) や System Center Configuration Manager (SCCM) を使用して、クライアント コンピューターに展開することが可能です。

2. Windows 展開テクノロジー

このドキュメントで紹介される手順を実行し、Windows 7 のカスタム標準イメージを作成するには、以下のコンポーネントが必要です。

  • Windows 7 の製品 DVD
    Windows 7 のインストール用 DVD を準備します。このドキュメントでは、ボリューム ライセンス版の Windows 7 Enterprise を使用した手順を紹介します。
  • Windows 自動インストール キット (Windows AIK) の DVD
    Windows 7 および Windows Server 2008 R2 に対応した Windows AIK の DVD イメージである .iso ファイルは、以下のマイクロソフトのダウンロード センターから入手できます。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=696dd665-9f76-4177-a811-39c26d3b3b34&DisplayLang=ja
  • テクニシャン コンピューター
    テクニシャン コンピューターは、Windows AIK をインストールする任意のコンピューターです。テクニシャン コンピューターでは、Windows Server 2003、Windows Vista、Windows 7、または Windows Server 2008 R2 が動作している必要があります。
    テクニシャン コンピューターには、ネットワーク アダプター、正常に機能しているネットワーク環境、DVD-ROM ドライブ、および CD-R/RW 対応のドライブ (または両方をサポートするコンビネーション ドライブ) が必要です。
  • 参照コンピューター
    参照コンピューターは Windows の製品 DVD を使用して Windows 7 をインストールするコンピューターです。Windows 7 のインストール後、アプリケーションをインストールしたり、システム環境をカスタマイズしたりして、組織内標準環境として構成します。インストールが完了したら、ネットワーク共有上でインストールのイメージをキャプチャーおよび保存します。
    参照コンピューターには、ネットワーク アダプターと正常に機能しているネットワーク環境が必要です。
  • ネットワーク接続
  • CD-ROM/DVD 書き込み用ソフトウェア
  • 書き込み可能な空の CD-R/RW、DVD-R などのディスク
  • 展開用クライアント コンピューター

ダウンロード

Windows® 7 標準クライアント イメージの作成手順

( XPS 形式、3.04 MB PDF 形式、3.01 MB)


本コンテンツ を簡潔にまとめたセミナー資料 本コンテンツを簡潔にまとめたセミナー資料

( XPS 形式 24.7 MB PDF 形式 9.12 MB)


本コンテンツ を簡潔にまとめたセミナー資料 MDT 2008 ダウンロード

著作権

このドキュメントに記載されている情報 (URL 等のインターネット Web サイトに関する情報を含む) は、将来予告なしに変更することがあります。別途記載されていない場合、このソフトウェアおよび関連するドキュメントで使用している会社、組織、製品、ドメイン名、電子メール アドレス、ロゴ、人物、場所、出来事などの名称は架空のものです。実在する名称とは一切関係ありません。お客様ご自身の責任において、適用されるすべての著作権関連法規に従ったご使用を願います。

マイクロソフトは、このドキュメントに記載されている内容に関し、特許、特許申請、商標、著作権、またはその他の無体財産権を有する場合があります。別途マイクロソフトのライセンス契約上に明示の規定のない限り、このドキュメントはこれらの特許、商標、著作権、またはその他の無体財産権に関する権利をお客様に許諾するものではありません。

2009 Microsoft Corporation.All rights reserved.

Microsoft、Active Directory、ActiveSync、Microsoft Press、MSDN、Outlook、Windows、Windows Mobile、Windows NT、および Windows Server は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

記載されている会社名、製品名には、各社の商標のものもあります。