Skip to main content
評価してください: 

Windows® 7 標準クライアント イメージの作成手順:

7. ステップ 4. カスタム イメージのメンテナンス

Windows 7 の Windows AIK には、オフラインの Windows イメージ ファイルを更新するツールとして、展開イメージのサービスと管理 (DISM.exe) が提供されています。

DISM では、オフライン の Windows イメージと Windows PE イメージで機能やパッケージをインストール、アンインストール、構成、更新することができます。DISM により、イメージの処理に使用できるコマンドとオプションは、処理対象の Windows オペレーティング システム (Windows 7、Windows Vista SP1、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008、または Windows PE) と、そのイメージがオフラインであるかオンラインであるかによって異なります。オフライン Windows イメージに対しては、すべてのコマンドが機能します。オンラインのオペレーティング システムに対しては、コマンドの一部を使用できます。

Note:

DISM は 以前の Windows AIK に含まれていた PEimg、Intlcfg、パッケージ マネージャーなどのいくつかのツールを統合した機能を提供します。

4.1. オフライン イメージのメンテナンス作業の共通操作

オフライン Windows イメージを操作するには、最初に対象のイメージをマウントする必要があります。Windows イメージ (WIM) を操作および管理するためにマウントする場合は、WIM コマンドと引数を使用できます。イメージを更新した後は、イメージのマウントを解除し、加えた変更をコミットするか破棄する必要があります。

イメージをマウントするには、次のコマンドを実行します。

DISM /Mount-Wim /WimFile:C:\images\install.wim /name:"Windows 7 Image" /MountDir:C:\mount

Note:

イメージをマウントするには、インデックスまたは名前の指定が必須です。

イメージのマウントを解除し、更新をコミットするには、次のコマンドを実行します。

DISM /Unmount-Wim /MountDir:C:\mount /commit

イメージのマウントを解除し、更新を破棄するには、次のコマンドを実行します。

DISM /Unmount-Wim /MountDir:C:\mount /discard

4.2. オフライン イメージへのドライバーの追加と削除

ドライバー サービス コマンドは、オフライン イメージに対して使用して INF ファイルに基づいてドライバーを追加および削除したり、実行中のオペレーティング システム (オンライン) に対して使用してドライバーを列挙したりすることができます。Windows インストーラーまたはその他のドライバー パッケージ (.exe ファイルなど) はサポートされていません。

オフライン イメージにドライバーを追加するには、次のコマンドを実行します。

DISM /image:C:\mount /Add-Driver /driver:C:\drivers\

/Driver オプションを使用してフォルダーを指定する場合、有効なドライバー パッケージではない INF ファイルは無視されます。このようなファイルについてはコマンドの実行時にコンソールで報告され、ログ ファイルに警告が記録されます。エラー メッセージは表示されません。

DISM /image:C:\mount /Add-Driver /driver:C:\drivers /recurse

パスを指定して /Recurse オプションを使用する場合は、追加するドライバーがあるかどうかすべてのサブ フォルダーが照会されます。

DISM /image:C:\test\offline /Add-Driver /driver:C:\test\drivers\driver.INF

オフライン イメージからドライバーを削除する場合は、次のコマンドを実行します。

DISM /image:C:\test\offline /Remove-Driver /driver:oem1.inf

Note:

起動に不可欠なドライバー パッケージを削除すると、オフライン Windows イメージを起動できなくなります。

4.3. オフライン イメージへのパッケージの追加と削除

オペレーティング システム パッケージのサービス コマンドをオフラインで使用して、キャビネット (.cab) または Windows Update スタンドアロン インストーラー (.msu) ファイルとして提供される Windows パッケージをインストール、削除、または更新することができます。

オフライン イメージにパッケージを追加するには、次のコマンドを実行します。

DISM /image:C:\mount /LogPath:AddPackage.log /Add-Package /PackagePath:C:\packages\package.cab

/PackagePath では、次のパッケージが指定できます。

  • 単一の .cab ファイルまたは .msu ファイル
  • 1 つの展開された .cab ファイルを含むフォルダー
  • 1 つの .msu ファイルを含むフォルダー
  • 複数の .cab ファイルまたは .msu ファイルを含むフォルダー


オフライン イメージから、パッケージを削除するには、次のコマンドを実行します。

DISM /image:C:\mount /LogPath:C:\test\RemovePackage.log /Remove-Package /PackageName:Microsoft.Windows.Calc.Demo~6595b6144ccf1df~x86 ~en~1.0.0.0

イメージ内のパッケージの名前を確認するには、/Get-Packages オプションを使用します。

DISM /image:C:\mount /Get-Packages /Format:Table

4.4. オフライン イメージへの機能の有効化と無効化

オペレーティング システム パッケージのサービス コマンドをオフラインで使用して、Windows の機能を有効にしたり無効にしたりすることができます。
イメージ内の機能を有効または更新するには、次のコマンドを実行します。このコマンドでは、機能名の指定は、/FeatureName オプションを使用する必要があります。機能の名前は、大文字と小文字が区別されます。

DISM /image:C:\mount /Enable-Feature /FeatureName:Hearts

イメージ内の機能の名前を確認するには、/Get-Features オプションを使用します。

DISM /image:C:\mount /Get-Features /Format:List

イメージ内の機能を無効にするには、次のコマンドを実行します。このコマンドでは、機能名の指定は、/FeatureName をオプションを使用する必要があります。機能の名前は、大文字と小文字が区別されます。

DISM /image:C:\test\offline /Disable-Feature /FeatureName:Hearts

4.5. オフライン イメージへの地域と言語の設定と構成

DISM で提供される、地域と言語コマンドを使用して、Windows 7イメージと Windows PE イメージの地域と言語の設定を変更できます。

オフライン イメージの地域と言語の設定に関する情報を表示するには、次のコマンドを実行します。

DISM /image:C:\mount /Get-Intl

オフライン イメージの既定の言語 (UI 言語、Unicode 対応ではないプログラムの言語、"標準と形式" の言語、入力ロケールとキーボード レイアウト) を指定するには、次のコマンドを実行します。

DISM /image:C:\test\offline /Set-AllIntl:ja-JP

個々の言語またはロケールを指定するオプションのいずれかと同時に指定した場合は、個別の設定が優先されます。

オフライン イメージの既定の ユーザー インターフェイス (UI) の言語を設定するには、次のコマンドを実行します。指定した言語が Windows イメージにインストールされていない場合、このコマンドは失敗します。

DISM /image:C:\mount /Set-UILang:ja-JP

オフライン イメージに対して、システム ロケールとフォントを設定するには、次のコマンドを実行します。

DISM /image:C:\test\offline /Set-SysLocale:ja-JP

オフライン イメージの "標準と形式" の言語 (ユーザー ロケール) を設定するには、次のコマンドを実行します。

DISM /image:C:\mount /Set-UserLocale:ja-JP /Set-InputLocale: <input_locale>:<keyboard_layout>

オフライン Windows イメージで使用する入力ロケールとキーボード レイアウトを設定するには、次のコマンドを実行します。

DISM /image:C:\mount /Set-InputLocale:0411:00010411

既定の入力ロケール値の一覧については、Windows 自動インストール キット ユーザーズ ガイドの「サポートされる言語パックと既定の設定」を参照してください。

Note:

  • 地域と言語の DISM サービス コマンドは、Windows Vista または Windows Server 2008 のイメージに対しては使用できません。地域と言語のコマンドを使用できるのは、Windows 7イメージと Windows PE 3.0 イメージの地域と言語の設定を変更する場合に限られます。Windows Vista および Windows Server 2008 の地域と言語の設定を構成するためには、Intlcfg.exe ツールを使用してください。
  • 地域と言語サービス コマンドと同じコマンド ラインで、他のサービス コマンドを使用することはできません。
  • Unicode 専用言語をシステム ロケールとして設定することはできません。
  • 更新プログラムのインストール後に言語パックをインストールしないでください。
  • 言語依存のリソースが含まれている更新プログラム (修正プログラム、一般配布リリース (GDR)、Service Pack (SP)) をインストールしてから言語パックをインストールすると、更新プログラムに含まれている言語固有の変更が適用されません。言語パックのインストールは必ず、更新プログラムのインストール前に行ってください。

ダウンロード

Windows® 7 標準クライアント イメージの作成手順

( XPS 形式、3.04 MB PDF 形式、3.01 MB)


本コンテンツ を簡潔にまとめたセミナー資料 本コンテンツを簡潔にまとめたセミナー資料

( XPS 形式 24.7 MB PDF 形式 9.12 MB)


本コンテンツ を簡潔にまとめたセミナー資料 MDT 2008 ダウンロード

著作権

このドキュメントに記載されている情報 (URL 等のインターネット Web サイトに関する情報を含む) は、将来予告なしに変更することがあります。別途記載されていない場合、このソフトウェアおよび関連するドキュメントで使用している会社、組織、製品、ドメイン名、電子メール アドレス、ロゴ、人物、場所、出来事などの名称は架空のものです。実在する名称とは一切関係ありません。お客様ご自身の責任において、適用されるすべての著作権関連法規に従ったご使用を願います。

マイクロソフトは、このドキュメントに記載されている内容に関し、特許、特許申請、商標、著作権、またはその他の無体財産権を有する場合があります。別途マイクロソフトのライセンス契約上に明示の規定のない限り、このドキュメントはこれらの特許、商標、著作権、またはその他の無体財産権に関する権利をお客様に許諾するものではありません。

2009 Microsoft Corporation.All rights reserved.

Microsoft、Active Directory、ActiveSync、Microsoft Press、MSDN、Outlook、Windows、Windows Mobile、Windows NT、および Windows Server は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

記載されている会社名、製品名には、各社の商標のものもあります。