Skip to main content
評価してください: 

Windows® 7 標準クライアント イメージの作成手順:

9. まとめ

このドキュメントでは、Windows 7 の標準クライアント イメージの作成手順を中心にご紹介しました。Windows 7 の標準クライアント イメージの作成後は、十分なテストを行ってから実環境へ展開してください。

Windows 7 の展開テクノロジーは、Windows Vista で採用されたテクノロジーが拡張され、より使いやすく効率のよい展開が行えるようになりました。Windows 7 の大量展開は、Windows AIK を使用することでサードパーティ製のイメージ作成ユーティリティを使用しなくても大幅に効率化することができます。このドキュメントで紹介したように標準クライアント イメージを作成しておけば、Windows Server に含まれる Windows 展開サービスや System Center Configuration Manager を使用して、自動展開することも可能です。

このドキュメントが組織内のクライアント展開を行う IT 担当者の皆様の負担を少しでも軽減できれば幸いです。

ダウンロード

Windows® 7 標準クライアント イメージの作成手順

( XPS 形式、3.04 MB PDF 形式、3.01 MB)


本コンテンツ を簡潔にまとめたセミナー資料 本コンテンツを簡潔にまとめたセミナー資料

( XPS 形式 24.7 MB PDF 形式 9.12 MB)


本コンテンツ を簡潔にまとめたセミナー資料 MDT 2008 ダウンロード

著作権

このドキュメントに記載されている情報 (URL 等のインターネット Web サイトに関する情報を含む) は、将来予告なしに変更することがあります。別途記載されていない場合、このソフトウェアおよび関連するドキュメントで使用している会社、組織、製品、ドメイン名、電子メール アドレス、ロゴ、人物、場所、出来事などの名称は架空のものです。実在する名称とは一切関係ありません。お客様ご自身の責任において、適用されるすべての著作権関連法規に従ったご使用を願います。

マイクロソフトは、このドキュメントに記載されている内容に関し、特許、特許申請、商標、著作権、またはその他の無体財産権を有する場合があります。別途マイクロソフトのライセンス契約上に明示の規定のない限り、このドキュメントはこれらの特許、商標、著作権、またはその他の無体財産権に関する権利をお客様に許諾するものではありません。

2009 Microsoft Corporation.All rights reserved.

Microsoft、Active Directory、ActiveSync、Microsoft Press、MSDN、Outlook、Windows、Windows Mobile、Windows NT、および Windows Server は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

記載されている会社名、製品名には、各社の商標のものもあります。