Skip to main content

ヒント: SchTasks.exe を使用してタスクを作成して管理する

Schtasks.exe コマンド ライン インターフェイス ユーティリティを使用すると、管理者は、コマンド シェルから、ローカル システムまたはリモート システムでスケジュールされたタスクを作成、削除、クエリ、変更、実行、および終了することができます。次に、このユーティリティの構文とパラメーターの概要を示します。

コマンド構文
SchTasks.exe コマンド ライン インターフェイスでは、次の構文を使用します。
SCHTASKS /<パラメーター> [<引数>]

コマンドのパラメーター
SchTasks.exe で使用できるパラメーターは次のとおりです。

  • /Create: スケジュールされたタスクを新しく作成します。
  • /Delete: スケジュールされたタスクを削除します。
  • /Query: スケジュールされたすべてのタスクを表示します。
  • /Change: スケジュールされたタスクのプロパティを変更します。
  • /Run: スケジュールされたタスクをすぐに実行します。
  • /End: 現在実行中のスケジュールされたタスクを停止します。
  • /?: ヘルプ メッセージを表示します。

タスクを作成する
構文
SCHTASKS /Create [/S <システム> [/U <ユーザー名> [/P [<パスワード>]]]] [/RU <ユーザー名> [/RP <パスワード>]] /SC <スケジュール> [/MO <修飾子>] [/D <日>] [/M <月>] [/I <アイドル時間>] /TN <タスク名> /TR <実行するタスク> [/ST <開始時刻>] [/RI <間隔>] [ {/ET <終了時刻> | /DU <継続時間>} [/K] [/XML <XML ファイル>] [/V1]] [/SD <開始日>] [/ED <終了日>] [/IT] [/Z] [/F]


SCHTASKS /Create /S system /U user /P password /RU runasuser /RP runaspassword /SC HOURLY /TN rtest1 /TR notepad

タスクを削除する
構文
SCHTASKS /Delete [/S <システム> [/U <ユーザー名> [/P [<パスワード>]]]] /TN <タスク名> [/F]


SCHTASKS /Delete /TN "Backup and Restore"

タスクを実行する
構文
SCHTASKS /Run [/S <システム> [/U <ユーザー名> [/P [<パスワード>]]]] /TN <タスク名>


SCHTASKS /Run /TN "Start Backup"

タスクを終了する
構文
SCHTASKS /End [/S <システム> [/U <ユーザー名> [/P [<パスワード>]]]] /TN <タスク名>


SCHTASKS /End /TN "Start Backup"

タスクをクエリする
構文
SCHTASKS /Query [/S <システム> [/U <ユーザー名> [/P [<パスワード>]]]] [/FO <形式>] [/NH] [/V] [/?]


SCHTASKS /Query /S system /U user /P password SCHTASKS /Query /FO LIST /V

タスクを変更する
構文
SCHTASKS /Change [/S <システム> [/U <ユーザー名> [/P [<パスワード>]]]] /TN <タスク名> { [/RU <ユーザー名>] [/RP <パスワード>] [/TR <実行するタスク>] [/ST <開始時刻>] [/RI <間隔>] [ {/ET <終了時刻> | /DU <継続時間>} [/K]] [/SD <開始日>] [/ED <終了日>] [/ENABLE | /DISABLE] [/IT] [/Z] }


SCHTASKS /Change /RP password /TN "Backup and Restore"

 

出典: Mitch Tulloch、Tony Northrup、Jerry Honeycutt、Ed Wilson、Windows 7 Team 共著『 Windows 7 Resource Kit (英語)』(Microsoft Press、2009 年)