Skip to main content
評価してください: 

ヒント: インストールしない Windows 7 の更新プログラムを非表示にする

ある更新プログラムをダウンロードおよびインストールしないことを選択しても、次回 Windows Update にアクセスしたときには、その更新プログラムは利用可能な更新プログラムとして表示されます。これは、その後、何度 Windows Update にアクセスした場合も同様です。特定の更新プログラムをインストールしないのには、きちんとした理由があるのではないでしょうか。たとえば、絶対に使わない Windows の機能を強化する更新プログラムはインストールしない可能性があります。また、このような更新プログラムが表示されることで、利用可能な更新プログラムの一覧がわかりにくくなるのは得策ではありません。更新プログラムをインストールすることなく一覧から削除するには、このような更新プログラムを非表示にします。これは非常に簡単な方法ですが、一覧の更新プログラムを非表示にするオプション自体が非表示であるとも言え、よく見過ごされています。

利用可能な更新プログラムの一覧で、今後表示しない更新プログラムを右クリックし、[更新プログラムの非表示] をクリックします。後で気が変わったり、非表示にした更新プログラムの一覧を確認する場合は、Windows Update のメイン ページで [非表示の更新プログラムの再表示] をクリックします。

 

出典: Ed Bott、Carl Siechert、Craig Stinson 共著『 Windows 7 Inside Out (英語)』(Microsoft Press、2009 年)