Skip to main content
評価してください: 

Remote App for Hyper-V (XP)

村嶋 修一 (Microsoft MVP for Virtual Machine)


1
| 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

XP 環境の作成と Windows 7 からの接続

Hyper-V 環境の準備が出来たら、w7 にデスクトップを提供する仮想 XP 環境を構築し、必要なアプリケーションのインストールと、Windows Update をします。

リモートデスクトップ用の XP とは言え、立派な OS 環境なので、ウイルス対策ソフトは必須となります。本コラム用の環境には Microsoft Security Essentials をインストールしました。

Microsoft Security Essentials のダウンロード

XP 仮想環境の作成

Hyper-V 上に XP をインストールするには、子パーティションを作成し、そこに XP をインストールします。子パーティションを作ってしまえば、普通に XP はインストールできますし、ISO イメージを使ったインストールも出来るので、物理マシンに XP をインストールするより楽とも言えます。

仮想マシンを作る際につける名前は、FQDN にしておくと間違いが無いのでお勧めです。

図 - 9
仮想マシンの新規作成
図 - 10
仮想マシン名を付ける (FQDN がお勧め)
図 - 11
メモリの割り当て
図 - 12
接続するネットワークの選択
図 - 13
仮想ハードディスクの作成
図 - 14
インストール メディアの指定

図 - 15]
作成した子パーティションに接続
図 - 16
仮想マシンを起動
図 - 17
普通に XP がインストールできる

統合サービスセットアップディスクのインストール

XP のインストールが終わったら、まずは統合サービスセットアップディスクをインストールします。
この統合サービスは、Hyper-V が準備している仮想デバイスのドライバーと、Hyper-V 上で稼働させるために必要なコンポーネントです。
統合サービスのインストールが終わったら、ドメイン参加、必要アプリケーションのインストール、Windows Update を済ませます。

図 - 18
まずは統合サービスセットアップディスクをインストール
図 - 19
ドメイン参加、必要アプリケーションのインストール、Windows Update をする

XP のリモートデスクトップ有効化

XP の準備が出来たら、リモートデスクトップでこの XP を使えるように設定します。リモート接続を許可は個別のアカウントではなくグループで与えると何かと都合が良いので、本コラムでは「Domain Users」を設定します。

図 - 20
「このコンピューターにユーザーがリモートで接続することを許可する」にチェックを入れ、リモート ユーザーの選択をする
図 - 21
追加
図 - 22
場所
図 - 23
ドメインを指定
図 - 24
オブジェクトの種類
図 - 25
グループにチェック
図 - 26
domain users を確認
図 - 27
Domain Users がリモート接続できるようになった

村嶋 修一 MVP プロファイル (新しいウィンドウで開きます)村嶋 修一

平日は SIer のサラリーマンでインフラ/ネットワーク/アプリケーションの IT コンサルティングを、土日祝祭日はライターに変身して原稿書きをしています。(近年の出版不況影響で最近は物書き仕事がめっきり少なくなっていますけど...) 根っこはネットワーク屋なので、Windows Server とネットワークが絡んだあたりを得意としています。
Web サイト : MURA's HomePage 外部サイトへ


ページのトップへ