Skip to main content
評価してください: 

Remote App for Hyper-V (XP)

村嶋 修一 (Microsoft MVP for Virtual Machine)


1
| 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

必要ライセンス

既に w7 50 台が稼働している環境に、Hyper-V マシンを 1 台新規購入して、20 の子パーティションに XP Professional をインストール場合、以下のライセンスが必要になります。

  • Windows Server 2008 R2 Standard サーバ ライセンス × 1
  • Windows XP Professional クライアント ライセンス × 20
  • Windows Server 2008 CAL × 20 (XP 分)

XP が新たにクライアントとして追加されるので、XP 用の CAL が必要になります。

XP が入手できないのであれば、w7 を必要分購入し、SA (ソフトウェア アシュアランス) 付の VL (ボリュームライセンス) を付加すれば、SA の特典である ダウングレード権が使えるので、XP のクライアントライセンスが手に入ります。
ただし、クライアント OS の VL は、元となる OS ライセンスを持っていることが前提になっていますので、VL+SA の他に、元になる w7 を持っている必要があります。
ドメインに XP を参加させるのであれば、XP Professional にダウングレードする必要がありますので、元となる w7 は Enterprise/Professional/Ultimate のいずれかのエディションを持っている必要があります。

クライアント OS のダウングレード権を行使して OS をインストールには、インストールする OS のインストール メディアを持っている必要があります。

Volume Licensing

余談ですが、Windows Server の VL はフルセットのライセンスが入手できるので、元となる Windows Server のライセンスは不要ですし、必要に応じてインストール メディアの提供が受けられます。

 

今回のケースでは、子パーティションとして XP のみを稼働させるので、Windows Serve 2008 R2 のエディションは Standard で構いません。
Hyper-V で複数の子パーティションを稼働させるには、Enterprise か Data Center が必要なように思われがちですが、Enterprise と Data Center には、追加のサーバライセンスを購入しなくても子パーティションに Windows Server を稼働させる権利がついてきているだけです。
今回は、子パーティションに XP インストールするので、この権利は使いません。更に節約するのであれば、無償の Hyper-V Server 2008 R2 を使っても良いでしょう。

Hyper-V Server 2008

村嶋 修一 MVP プロファイル (新しいウィンドウで開きます)村嶋 修一

平日は SIer のサラリーマンでインフラ/ネットワーク/アプリケーションの IT コンサルティングを、土日祝祭日はライターに変身して原稿書きをしています。(近年の出版不況影響で最近は物書き仕事がめっきり少なくなっていますけど...) 根っこはネットワーク屋なので、Windows Server とネットワークが絡んだあたりを得意としています。
Web サイト : MURA's HomePage 外部サイトへ


ページのトップへ