Set-SendConnector

 

適用先: Exchange Server 2007 SP3, Exchange Server 2007 SP2, Exchange Server 2007 SP1

トピックの最終更新日: 2007-08-27

ハブ トランスポート サーバーの役割またはエッジ トランスポート サーバーの役割がインストールされているコンピュータで、送信コネクタを変更するには、Set-SendConnector コマンドレットを使用します。


Set-SendConnector -Identity <SendConnectorIdParameter> [-AddressSpaces <MultiValuedProperty>] [-AuthenticationCredential <PSCredential>] [-Comment <String>] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-ConnectionInactivityTimeOut <EnhancedTimeSpan>] [-DNSRoutingEnabled <$true | $false>] [-DomainController <Fqdn>] [-DomainSecureEnabled <$true | $false>] [-Enabled <$true | $false>] [-Force <SwitchParameter>] [-ForceHELO <$true | $false>] [-Fqdn <Fqdn>] [-IgnoreSTARTTLS <$true | $false>] [-IsScopedConnector <$true | $false>] [-LinkedReceiveConnector <ReceiveConnectorIdParameter>] [-MaxMessageSize <Unlimited>] [-Name <String>] [-Port <Int32>] [-ProtocolLoggingLevel <None | Verbose>] [-RequireTLS <$true | $false>] [-SmartHostAuthMechanism <None | BasicAuth | BasicAuthRequireTLS | ExchangeServer | ExternalAuthoritative>] [-SmartHosts <MultiValuedProperty>] [-SourceIPAddress <IPAddress>] [-SourceTransportServers <MultiValuedProperty>] [-UseExternalDNSServersEnabled <$true | $false>] [-WhatIf [<SwitchParameter>]]


Set-SendConnector [-AddressSpaces <MultiValuedProperty>] [-AuthenticationCredential <PSCredential>] [-Comment <String>] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-ConnectionInactivityTimeOut <EnhancedTimeSpan>] [-DNSRoutingEnabled <$true | $false>] [-DomainController <Fqdn>] [-DomainSecureEnabled <$true | $false>] [-Enabled <$true | $false>] [-Force <SwitchParameter>] [-ForceHELO <$true | $false>] [-Fqdn <Fqdn>] [-IgnoreSTARTTLS <$true | $false>] [-Instance <SmtpSendConnectorConfig>] [-IsScopedConnector <$true | $false>] [-LinkedReceiveConnector <ReceiveConnectorIdParameter>] [-MaxMessageSize <Unlimited>] [-Name <String>] [-Port <Int32>] [-ProtocolLoggingLevel <None | Verbose>] [-RequireTLS <$true | $false>] [-SmartHostAuthMechanism <None | BasicAuth | BasicAuthRequireTLS | ExchangeServer | ExternalAuthoritative>] [-SmartHosts <MultiValuedProperty>] [-SourceIPAddress <IPAddress>] [-SourceTransportServers <MultiValuedProperty>] [-UseExternalDNSServersEnabled <$true | $false>] [-WhatIf [<SwitchParameter>]]

Set-SendConnector コマンドレットは、既存の送信コネクタを変更します。Set-SendConnector コマンドレットを実行するには Name パラメータが必要です。Identity パラメータは、Name パラメータの値を変更する場合にのみ必要です。

このタスクが完了すると、送信コネクタが変更されます。

Set-SendConnector コマンドレットを実行するには、使用するアカウントに Exchange サーバー管理者の役割、および対象サーバーのローカルの Administrators グループが委任されている必要があります。

エッジ トランスポート サーバーの役割がインストールされているコンピュータで Set-SendConnector コマンドレットを実行するには、そのコンピュータのローカルの Administrators グループのメンバであるアカウントを使用してログオンする必要があります。

Microsoft Exchange Server 2007 を管理するために必要なアクセス許可、役割の委任、および権限の詳細については、「アクセス許可に関する考慮事項」を参照してください。

 

パラメータ 必須かどうか 種類 説明

Identity

必須

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.SendConnectorIdParameter

Identity パラメータには、変更する送信コネクタを表す GUID またはコネクタ名を指定します。

AddressSpaces

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

このパラメータは、このコネクタが受信コネクタに関連付けられていない場合に必要です。関連付けられている受信コネクタが LinkedReceiveConnector パラメータを使用して指定されている場合、AddressSpaces の値は $null である必要があります。それ以外の場合は、AddressSpaces パラメータには、送信コネクタによるメッセージの送信先となるドメイン名を指定します。各アドレス スペースを入力するための完全な構文は以下のとおりです。<AddressSpaceType>:<AddressSpace>;<AddressSpaceCost>

  • AddressSpaceType   エッジ トランスポート サーバーでは、アドレス スペースの種類は SMTP になっている必要があります。ハブ トランスポート サーバーでは、アドレス スペースの種類は SMTPX400、またはその他のテキスト文字列です。アドレス スペースの種類を省略すると、種類は SMTP アドレス スペースと見なされます。
  • AddressSpace   SMTP アドレス スペースの種類には、RFC 1035 準拠のアドレス スペースを入力する必要があります。たとえば、**.com および *.contoso.com は使用できますが、*contoso.com は使用できません。X.400 アドレス スペースの種類には、o=MySite;p=MyOrg;a=adatum;c=us などの RFC 1685 準拠のアドレス スペースを入力する必要があります。その他のアドレスの種類の値には、アドレス スペースに任意のテキストを入力できます。
  • AddressSpaceCost    コストの有効な入力の範囲は 1 ~ 100 です。低いコストは、より良いルートを示します。このパラメータは省略可能です。アドレス スペースのコストを省略すると、コストとして 1 が使用されます。セミコロン (;) を含む SMTP 以外のアドレス スペースを入力する場合は、アドレス スペースのコストを指定する必要があります。

アドレス スペースの種類またはアドレス スペースのコストを指定する場合、アドレス スペースを二重引用符 (") で囲む必要があります。たとえば、次のアドレス スペース エントリは同等です。

  • "SMTP:contoso.com;1"
  • "contoso.com;1"
  • "SMTP:contoso.com"
  • contoso.com

複数のアドレス スペースを指定するには、アドレス スペースをコンマで区切ります。たとえば、"contoso.com,fabrikam.com" のようにします。アドレス スペースの種類またはアドレス スペースのコストを指定する場合、アドレス スペースを二重引用符 (") で囲む必要があります。たとえば、"contoso.com;2","fabrikam.com;3" のように指定します。

ハブ トランスポート サーバーに構成されている送信コネクタに SMTP 以外のアドレス スペースの種類を指定する場合、送信コネクタで次の設定を行う必要があります。

  • SmartHosts パラメータの値を指定することで、スマート ホストを使用して電子メールをルーティングします。
  • $FalseDNSRoutingEnabled パラメータを設定します。
note注 :
ハブ トランスポート サーバー上の送信コネクタで SMTP 以外のアドレス スペースを構成できますが、送信コネクタはトランスポート メカニズムとして SMTP を使用して他のメッセージング サーバーにメッセージを送信します。ハブ トランスポート サーバーの外部コネクタは、SMTP をプライマリ トランスポート メカニズムとして使用しない、サード パーティの FAX ゲートウェイ サーバーなどのローカルのメッセージング サーバーにメッセージを送信するために使用されます。詳細については、「外部コネクタ」を参照してください。

AuthenticationCredential

省略可能

System.Management.Automation.PSCredential

このパラメータには、資格情報オブジェクトの作成および指定が必要です。この資格情報オブジェクトは Get-Credential コマンドレットを使用して作成されます。Get-Credential コマンドレットの詳細については、Exchange 管理シェルで「Get-Help Get-Credential」と入力してください。

Comment

省略可能

System.String

Comment パラメータは二重引用符で囲む必要があります。たとえば、「"this is an admin note"」と入力します。 "this is an admin note".

Confirm

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

Confirm パラメータを指定すると、コマンドの処理が一時停止します。処理を続行するには、コマンドの処理内容を確認する必要があります。Confirm パラメータで値を指定する必要はありません。

ConnectionInactivityTimeOut

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.EnhancedTimeSpan

このパラメータには、アイドル状態の接続を開いておく最長時間を指定します。既定値は 10 分です。値を指定するには、dd.hh:mm:ss の形式で期間として入力します。d = 日、h = 時間、m = 分、s = 秒です。このパラメータの有効な入力の範囲は、00:00:01 ~ 1.00:00:00 です。

DNSRoutingEnabled

省略可能

System.Boolean

このパラメータには、ドメイン ネーム システム (DNS) ルーティングを使用するかどうか、またはすべてのメッセージを SmartHosts パラメータで構成されたスマート ホスト経由で送信するかどうかを指定します。既定値は $True です。この値を $False に変更するには、まず SmartHosts パラメータの値を設定する必要があります。

DomainController

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Fqdn

この構成の変更を Active Directory ディレクトリ サービスに書き込むドメイン コントローラの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定するには、コマンドに DomainController パラメータを含めます。DomainController パラメータは、エッジ トランスポート サーバーの役割を実行するコンピュータではサポートされません。エッジ トランスポート サーバーの役割は、ローカルの ADAM インスタンスに対してのみ読み取りと書き込みを行います。

DomainSecureEnabled

省略可能

System.Boolean

このパラメータは、この送信コネクタのサービスを利用するドメインに対して、トランスポート層セキュリティ (TLS) の相互認証を有効にするプロセスの一部です。相互 TLS 認証は、以下の条件が満たされている場合にのみ正しく機能します。

  • DomainSecureEnabled パラメータの値が $True である必要があります。
  • DNSRoutingEnabled パラメータの値が $True である必要があります。
  • IgnoreStartTLS パラメータの値が $False である必要があります。

ワイルドカード文字 (*) は、相互 TLS 認証用に構成されているドメインではサポートされません。また、対応する受信コネクタと、Get-TransportConfig コマンドレットの TLSReceiveDomainSecureList パラメータの値に同じドメインが定義されている必要があります。

以下の種類の送信コネクタの場合、DomainSecureEnabled の既定値は $False です。

  • ハブ トランスポート サーバー上に定義されているすべての送信コネクタ
  • エッジ トランスポート サーバー上に定義されているユーザー作成の送信コネクタ

以下の種類の送信コネクタの場合、DomainSecureEnabled の既定値は $True です。

  • エッジ トランスポート サーバー上に定義されている既定の送信コネクタ

Enabled

省略可能

System.Boolean

このパラメータに対する有効な入力は、$True または $False です。既定値は $True です。コネクタで電子メール メッセージを処理する機能を有効または無効にするには、Enabled パラメータを使用します。

Force

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

このパラメータを指定すると、特定の構成を変更しているときに表示される警告または確認のメッセージが表示されなくなります。

ForceHELO

省略可能

System.Boolean

このパラメータに対する有効な入力は、$True または $False です。既定値は $False です。既定では、EHLO が使用されます。このパラメータが $True に設定されている場合、EHLO は送信されず、HELO が送信されます。

Fqdn

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Fqdn

このパラメータには、送信コネクタを使用して送信メッセージを受信する、接続済みメッセージング サーバーの送信元サーバーとして使用される FQDN を指定します。このパラメータの値は、以下の例に示すように送信元サーバー名が必要な場合に常に接続済みメッセージング サーバーで表示されます。

  • 送信コネクタが次ホップのメッセージング サーバーと通信する場合の EHLO/HELO コマンド内
  • ハブ トランスポート サーバーまたはエッジ トランスポート サーバーからのメッセージの送信後、次ホップのメッセージング サーバーによりメッセージに追加される、メッセージの最新の Received: ヘッダー フィールド内
  • TLS 認証中

Fqdn パラメータの既定値は $Null です。つまり、FQDN の実際の既定値は、その送信コネクタを含むハブ トランスポート サーバーまたはエッジ トランスポート サーバーの FQDN です。

note注 :
メールボックス サーバーの役割もインストールされているハブ トランスポート サーバー上で送信コネクタを構成する場合、Fqdn パラメータに指定する値は使用されません。代わりに、Get-ExchangeServer コマンドレットを使用することで表示されるサーバーの FQDN が常に使用されます。
ハブ トランスポート サーバーおよびメールボックス サーバーの両方の役割がインストールされているサーバーの場合、送信メッセージの Received: ヘッダーからサーバー名を削除する唯一の方法は、Remove-ADPermission コマンドレットを使用して、該当コネクタを使用するセキュリティ プリンシパルから Ms-Exch-Send-Headers-Routing アクセス許可を削除することです。この操作により、ハブ トランスポート サーバーからメッセージが送信されるときに、メッセージからすべての Received: ヘッダーが削除されます。Received: ヘッダーは最大ホップ数の計算に使用されるため、内部メッセージの Received: ヘッダーを削除することはお勧めしません。Remove-ADPermission コマンドレットおよび Get-ExchangeServer コマンドレットの詳細については、以下のトピックを参照してください。
Remove-ADPermission
Get-ExchangeServer

IgnoreSTARTTLS

省略可能

System.Boolean

このパラメータに対する有効な入力は、$True または $False です。このパラメータには、リモートの送信側サーバーによって指定される StartTLS オプションを無視するかどうかを指定します。このパラメータは、リモート ドメインで使用されます。RequireTLS パラメータが $True に設定されている場合は、このパラメータを $False に設定する必要があります。既定では、DNSRoutingEnabled パラメータの値が $True に設定されている送信コネクタも、IgnoreStartTLS パラメータの値が $False に設定されます。つまり、受信側サーバーによって TLS が提供される場合、送信コネクタは常に TLS をネゴシエートします。IgnoreStartTLS パラメータの値を $True に設定した場合、送信コネクタが受信側サーバーと TLS をネゴシエートすることはありません。

Instance

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Directory.SystemConfiguration.SmtpSendConnectorConfig

このパラメータを使用すると、オブジェクト全体をコマンドに渡して処理することができます。オブジェクト全体をコマンドに渡す必要があるスクリプトで主に使用されます。

IsScopedConnector

省略可能

System.Boolean

このパラメータは、他のハブ トランスポート サーバーがコネクタを使用できるかどうかを制御します。このパラメータの値が $False である場合、Exchange 組織内のすべてのハブ トランスポート サーバーがこのコネクタを使用できます。このパラメータの値が $True である場合、コネクタは、同一の Active Directory サイト内のハブ トランスポート サーバーでのみ使用できます。既定値は $False です。

LinkedReceiveConnector

省略可能

Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.ReceiveConnectorIdParameter

このパラメータは、指定した受信コネクタによって受信されるすべてのメッセージを、この送信コネクタを通じて配信されるように強制します。LinkedReceivedConnector の値に次のいずれかの ID を使用して、受信コネクタを指定できます。

  • GUID
  • 識別名 (DN)
  • サーバー名\コネクタ名

Set-SendConnector コマンドレットで LinkReceiveConnector パラメータを使用する場合、指定された値と共に次のパラメータも使用する必要があります。

  • AddressSpaces $null
  • DNSRoutingEnabled $False
  • MaxMessageSize unlimited
  • Smarthosts <スマート ホスト ID>
  • SmarthostAuthMechanism <認証機構>

MaxMessageSize

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Unlimited

このパラメータには、コネクタを介して渡すことができるメッセージの最大サイズを指定します。既定値は 10MB です。値を入力するときは、値に以下の単位のいずれかを付加した形式で記述します。

  • B (バイト)
  • KB (キロバイト)
  • MB (メガバイト)
  • GB (ギガバイト)

単位が付加されていない値は、バイトとして扱われます。バイト単位で入力された値は、直近の KB に切り上げられます。たとえば、1048575B1MB に切り上げられ、10485771025KB に切り上げられます。このパラメータの有効な入力の範囲は、02147483647 バイトです。送信コネクタのメッセージ サイズ制限を解除するには、値 unlimited を入力します。

Name

省略可能

System.String

Name パラメータには、管理者が設定したコネクタの名前を指定します。名前にスペースが含まれる場合は、Name パラメータを二重引用符で囲む必要があります。たとえば、「"New Send Connector"」と入力します。 "New Send Connector".

Port

省略可能

System.Int32

このパラメータの有効な入力の範囲は、065535 の整数です。既定値は 25 です。SmartHosts パラメータに値を指定する場合、Port の値には、スマート ホスト転送に使用されるポート番号を指定します。多くの組織では、ポート番号は 25 に設定されています。

ProtocolLoggingLevel

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.ProtocolLoggingLevel

このパラメータでは、指定した送信コネクタのプロトコル ログ出力を有効または無効にします。値 Verbose を指定すると、コネクタのプロトコル ログ出力が有効になります。値 None を指定すると、コネクタのプロトコル ログ出力が無効になります。既定値は None です。ハブ トランスポート サーバーまたはエッジ トランスポート サーバー上に構成された送信コネクタのプロトコル ログ ファイルの場所は、Set-TransportServer コマンドの SendProtocolLogPath パラメータを使用して指定します。

RequireTLS

省略可能

System.Boolean

このパラメータには、このコネクタを介して送信されるすべてのメッセージがトランスポート層セキュリティ (TLS) を使用して送信される必要があるかどうかを指定します。既定値は $False です。

SmartHostAuthMechanism

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.Directory.SystemConfiguration.SmtpSendConnectorConfig+AuthMechanisms

このパラメータは、リモート サーバーでの認証時に使用されます。このパラメータが使用されるのは、スマート ホストが構成され、DNSRoutingEnabled パラメータが $False に設定されている場合のみです。有効な値は、NoneBasicAuthBasicAuthRequireTLSExchangeServer、または ExternalAuthoritative です。すべての値は同時に使用することができません。BasicAuth または BasicAuthRequireTLS を選択する場合は、AuthenticationCredential パラメータを使用して認証資格情報を指定する必要があります。

SmartHosts

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

このパラメータには、server.contoso.com など 1 つ以上の FQDN か、または 1 つ以上の IP アドレスを指定します。複数の場合はコンマで区切ります。IP アドレスの場合は、リテラルとして IP アドレスを入力します。たとえば、「10.10.1.1」と入力します。スマート ホストの識別情報としては、スマート ホスト サーバーの FQDN、MX (メール エクスチェンジャ) レコード、または A (アドレス) レコードを使用できます。FQDN をスマート ホストの識別情報として構成する場合は、送信コネクタの送信元サーバーがスマート ホスト サーバーの場所を特定するために DNS 名前解決を使用できる必要があります。

SourceIPAddress

省略可能

System.Net.IPAddress

このパラメータには、リモート メッセージング サーバーへの SMTP 接続のエンドポイントとして使用するローカル IP アドレスを指定します。既定の IP アドレスは 0.0.0.0 です。この値は、サーバーが利用可能な任意のローカル IP アドレスを使用するよう指定するものです。このパラメータは、エッジ トランスポート サーバー上で構成されている送信コネクタに対してのみ有効です。

SourceTransportServers

省略可能

Microsoft.Exchange.Data.MultiValuedProperty

このパラメータには、この送信コネクタを使用できるハブ トランスポート サーバーの名前を指定します。複数のハブ トランスポート サーバー名を指定する場合は、名前をコンマで区切ります。このパラメータは、エッジ トランスポート サーバー上で構成されている送信コネクタに対しては無効です。

UseExternalDNSServersEnabled

省略可能

System.Boolean

このパラメータには、この送信コネクタが Set-TransportServer コマンドレットの ExternalDNSServers パラメータで指定される外部の DNS 一覧を使用するかどうかを指定します。既定値は $False です。このパラメータの有効な値は、$True$False です。

WhatIf

省略可能

System.Management.Automation.SwitchParameter

WhatIf パラメータには、オブジェクトに対して行われる操作をシミュレートすることを指定します。WhatIf パラメータを使用することで、実際に変更を加えずに、発生する変更内容を表示することができます。WhatIf パラメータで値を指定する必要はありません。

 

エラー 説明

 

 

最初のコード例は、既存の送信コネクタを変更する Set-SendConnector コマンドを示しています。このコマンドにより、MaxMessageSize の上限が 10 MB に、ConnectionInactivityTimeOut が 15 分に設定されます。

2 番目の例は、既存の送信コネクタを変更して送信コネクタが電子メール メッセージを Contoso.com に送信する際に認証を使用するようにします。Contoso.com の電子メール サーバーは、ローカルの Exchange Server 2007 サーバーが電子メール メッセージを発信するために認証を行うことを要求します。認証を使用するように送信コネクタを構成するには、まず Get-Credential コマンドを実行し、このコマンドを変数に設定する必要があります。Get-Credential コマンドを実行すると、Contoso.com の電子メール サーバーの認証時に使用されるアカウントのユーザー名とパスワードの入力が求められます。

この例では、Get-Credential コマンドが $CredentialObject 変数に設定されています。認証資格情報が $CredentialObject 変数に設定された後、Set-SendConnector コマンドレットを使用して送信コネクタを変更することができます。$CredentialObject 変数は AuthenticationCredential パラメータに渡されます。使用される資格情報の設定に加えて、SmartHostAuthMechanism パラメータを BasicAuth に設定し、指定した資格情報を使用して送信コネクタで Contoso.com 電子メール サーバーの認証を行うようにします。

Set-SendConnector "Contoso.com Send Connector" -MaxMessageSize 10MB -ConnectionInactivityTimeOut 00:15:00 
$CredentialObject = Get-Credential
Set-SendConnector "E-Mail to Contoso.com" -AuthenticationCredential $CredentialObject -SmartHostAuthMechanism BasicAuth
参照している情報が最新であることを確認したり、他の Exchange Server 2007 ドキュメントを見つけたりするには、Exchange Server TechCenter を参照してください。
表示: