ファームのバックアップと復元の準備をする (Office SharePoint Server 2007)

SharePoint 2007

更新 : 2008-07-24

データをバックアップする前に、そのデータが格納される共有フォルダをネットワーク上に作成する必要があります。また、バックアップの実行に必要なアカウントが共有フォルダに対するアクセス権を持っていることを確認してください。ここでは、データをバックアップする前の基本的な考慮事項と実行する必要のある手順について説明します。

障害発生時に必要となるデータのバックアップおよび回復を成功させるには、準備が非常に重要です。展開をバックアップする前に、バックアップおよび回復計画を確認します。次の重要な作業を考慮してください。

  • Microsoft Office SharePoint Server 2007 を展開する際には、作成するアカウント、コンピュータの名前、パスワード、選択するセットアップ オプションの記録をとり、安全な場所に保管します。

  • 回復に関する資料、ドキュメント、およびデータベースとトランザクション ログのバックアップのコピーは、すべて必ずオフサイトの場所に保存しておきます。
    バックアップと回復計画については、「バックアップと復元を計画する (Office SharePoint Server)」を参照してください。

  • システムにバックアップを格納できる十分な容量があることを確認してください。記憶容量の計画の詳細については、「Planning for Storage (英語)」を参照してください。

  • 定期的にデータ回復のテストを実施し、ファイルが適切にバックアップされていることを確認します。データ回復テストでは、ソフトウェアの検証では検出できないハードウェアの問題が見つかる場合があります。

  • 火事や地震などの災害発生時にデータが失われることを避けるため、サーバーとは別個の場所にサーバーのバックアップのコピーを保持します。これにより、データ損失から重要なデータを保護できます。バックアップ メディアのコピーは 3 つ作成し、少なくとも 1 つをオフサイトの適切に管理された環境で保管することをお勧めします。

SharePoint 製品とテクノロジ サーバー ファームのバックアップまたは復元時に、次の制限と例外が適用されます。

  • SharePoint 製品とテクノロジの組み込みツールでは、以下のものはバックアップおよび復元できない場合があります。

    • 展開済みのカスタム ソリューション

    • 代替アクセス マッピング

    • SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトをホストする Web アプリケーション

    • インターネット インフォメーション サービス メタベース

    • サーバーの全体管理コンテンツ データベース

    • 構成データベース

      Important重要

      構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースはバックアップできますが、SharePoint 製品とテクノロジまたは SQL Server に組み込まれているツールを使用して、実行中のファームから作成された構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースを復元することはサポートされていません。

      これは、これらのデータベース内のデータと、他の SharePoint 製品とテクノロジ データベース内のデータが同期していないことが原因です。したがって、SharePoint 製品とテクノロジの組み込みツールによるファーム レベルの復元操作では、これらのデータベースは復元されません。

      このデータが同期されない場合、不定期で多様なエラーが発生することがあります。詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事 948725「SharePoint Server 2007 または Windows SharePoint Services 3.0 で、組み込みのバックアップと復元の機能を使用して、構成データベースの復元は、サポートされません。」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=117755&clcid=0x411) を参照してください。

      次の方法で、構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースを含むファームを復元できます。

      • Microsoft System Center Data Protection Manager 2007 を使用して取得された実行中のファームのファーム レベル バックアップを使用して、構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースを含む、ファーム全体を復元することができます。詳細については、「How to Recover a Windows SharePoint Services Farm (英語)」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=102831&clcid=0x411) を参照してください。

      • 完全に停止したファームから、構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースのバックアップを取得した場合は、そのバックアップを復元できます。詳細については、「すべてのデータベースを移動する (Office SharePoint Server 2007)」を参照してください。

      ファームの構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースが同期していない場合は、SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードまたは Psconfig コマンド ライン ツールを使用して、両方のデータベースを再作成する必要があります。

      構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースを保護するには

  • サイト コレクションのバックアップと回復では、サーバーの全体管理サイトをサーバーの全体管理サイト以外のサイトに移行することはできません。

  • Windows SharePoint Services VSS Writer サービスが適切に動作するには、Microsoft SQL Server 2005 データベース ソフトウェアで提供される SQL Server VSS Writer サービスを開始する必要があります。既定では、Windows SharePoint Services VSS Writer サービスは自動的に開始されません。

  • SharePoint 製品とテクノロジを使用して作成したバックアップを他の場所に移動する場合は、必ずバックアップ フォルダ全体をコピーして移動してください。このフォルダ内の個々のバックアップ フォルダを移動することは避けてください。

  • バックアップのスケジュールを設定する場合は、Windows タスク スケジューラを使用し、Stsadm コマンドライン ツールでバックアップを実行できます。

    Important重要

    spbackup.xml ファイルは変更しないでください。このファイルを変更すると、バックアップや復元されたファームが破壊され、回復できなくなる可能性があります。

  • あるバージョンから作成されたバックアップを他のバージョンに復元することはできません。これを実行するには、アップグレード プロセスを使用します。アップグレードの詳細については、以下の記事を参照してください。

  • サーバーの全体管理を使用してバックアップを実行する場合は、Microsoft SQL Server 2005 ツールなど、他の方法を使用して復元することはできません。

  • データベースを作成または削除するタスクの実行中にバックアップを行うと、それらの変更はバックアップに含まれない可能性があります。

  • すべてのカスタム ソリューションは、個別のバックアップとして管理する必要があります。

  • SQL Server 2005 では、マップされたドライブ、リモート コンピュータ上の語尾が "$" で終わる共有、または IP アドレスにバックアップを作成することはできません。

  • 共有サービス プロバイダ (SSP) のバックアップでは、グローバル検索設定がバックアップされません。

タスクの要件

このタスクの手順を実行するには、以下のコンポーネントが必要です。

  • Microsoft Office SharePoint Server 2007 がインストールされている必要があります。Office SharePoint Server 2007 のインストールの詳細については、「シンプル サーバー ファームに展開する (Office SharePoint Server 2007)」を参照してください。

  • バックアップと回復を実行するためには、以下の表に記載されているアカウントを有効にする必要があります。

    アカウント説明

    SQL Server サービス アカウント (MSSQLSERVER)

    ローカル システム アカウントをこのサービス アカウントとして使用するときに、共有フォルダが他のコンピュータ上にある場合は、SQL Server を実行するコンピュータに対して共有フォルダへの変更と読み取りのアクセス許可を与える必要があります。別の方法として、ドメイン ユーザー アカウントを指定し、共有フォルダへのアクセス許可を与えることもできます。

    ローカル管理者のアカウント

    Stsadm コマンドライン ツールを使用してバックアップと回復を実行するには、Stsadm コマンドライン ツールを保持しているコンピュータの Administrators グループのメンバとしてログオンする必要があります。

    インターネット インフォメーション サービス (IIS) の SharePoint サーバーの全体管理アプリケーション プール ID アカウント

    サーバーの全体管理を使用する場合は、バックアップおよび回復を実行するのに、このアプリケーション プール ID アカウントが必要となります。そのため、このアプリケーション プールのセキュリティ アカウントは、バックアップ データが格納される共有フォルダに対する変更と読み取りのアクセス許可を持っている必要があります。

  • ファーム アカウントを変更した場合は、バックアップを実行する前に、バックアップ データを格納する共有フォルダへの適切な権限を新しいアカウントに付与する必要があります。

  • サーバーの全体管理を使用してバックアップする場合は、データベース サーバーの SQL アカウント、タイマ サービス アカウント、およびサーバーの全体管理アプリケーション プール ID アカウントが、バックアップの場所に対する書き込みアクセス許可を持っている必要があります。Stsadm コマンド ライン ツールを使用する場合は、ログオンに使用するアカウントが、バックアップの場所に対する書き込みアクセス許可を持っている必要があります。

  • バックアップされているデータベース サーバーとファーム サーバーは、互いに接続できる必要があります。

ネットワーク上に共有フォルダを作成するには

この手順を使用して、バックアップ データを受信および保持できる共有フォルダをネットワーク上に作成します。この共有フォルダは、データを復元するときにも使用できます。データのバックアップおよび回復に使用できる共有フォルダが既にある場合、この手順を実行する必要はありません。以下の手順を実行して、Microsoft SQL Server 2005 データベース ソフトウェアを実行するコンピュータ、および SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトをホストするコンピュータから共有フォルダにアクセスできるようにします。

Important重要

この手順を実行するには、最小要件として、共有フォルダが作成されるコンピュータの Administrators グループのメンバシップが必要です。

ネットワーク上に共有フォルダを作成する

  1. SQL Server を実行しているコンピュータ以外のコンピュータに共有フォルダを作成する場合は、SQL Server (MSSQLSERVER) のサービス アカウントがドメイン ユーザー アカウントを使用していることを確認してください。SQL Server のアカウントの詳細については、以下のリソースを参照してください。

  2. バックアップ データを保存するサーバーで、共有フォルダを作成します。

  3. [プロパティ] ダイアログ ボックスの [共有] タブで、[アクセス許可] をクリックし、以下のアカウントを追加します。

    • SQL Server サービス アカウント (MSSQLSERVER)

    • SharePoint サーバーの全体管理アプリケーション プール ID アカウント

  4. [変更] と [読み取り] アクセス許可の [許可] を選択し、[OK] をクリックします。

  5. [プロパティ] ダイアログ ボックスの [セキュリティ] タブで、手順 3. で追加したアカウントに [フル コントロール] 以外のアクセス許可をすべて付与し、[OK] をクリックします。

復元の準備を行う

復元を開始する前に、次のことに注意してください。

Important重要

構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースをバックアップすることはできますが、実行中のファームから取得された構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースのバックアップは、SharePoint 製品とテクノロジまたは SQL Server の組み込みツールでは復元できません。

これらのデータベースのデータが、他の Office SharePoint Server 2007 や Windows SharePoint Services 3.0 のデータベースにあるデータと同期できない可能性があるためです。したがって、SharePoint 製品とテクノロジに組み込まれているツールを使用して、ファーム レベルの復元処理中にこれらのデータベースを復元することはできません。

このデータが同期されない場合、不定期で多様なエラーが発生することがあります。詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事 948725「SharePoint Server 2007 または Windows SharePoint Services 3.0 で、組み込みのバックアップと復元の機能を使用して、構成データベースの復元は、サポートされません。」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=117755&clcid=0x411) を参照してください。

次の方法を使用すれば、構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースを含む、ファームを回復することができます。

  • System Center Data Protection Manager を使用して取得された実行中のファームのファーム レベル バックアップを使用すれば、構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースを含む、ファーム全体を回復することができます。詳細については、「How to Recover a Windows SharePoint Services Farm (英語)」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=102831&clcid=0x411) を参照してください。

  • 完全に停止したファームから、構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースのバックアップを取得した場合は、そのバックアップを復元できます。詳細については、「すべてのデータベースを移動する (Office SharePoint Server 2007)」を参照してください。

ファームの構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースが同期していない場合は、SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードまたは Psconfig コマンド ライン ツールを使用して、両方のデータベースを再作成する必要があります。

構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースを保護するには

  • Office SharePoint Server 2007 では、あるバージョンで作成したバックアップを別バージョンの Office SharePoint Server 2007 に復元することはできません。この操作を行うには、アップグレード プロセスを使用します。

  • 復元を実行する前に、すべてのファーム サーバー上で Windows SharePoint Services Administration サービスが開始されていることを確認してください。スタンドアロン インストールでは、既定でこのサービスは開始されません。

  • SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトを使用して復元を行う場合、データベース サーバーの SQL アカウント、Timer サービス アカウント、サーバーの全体管理アプリケーション プール アカウントは、バックアップ先の場所に対する読み取りアクセス許可を持っている必要があります。

  • Stsadm コマンド ライン ツールを使用する場合は、ログオンに使用するアカウントが、バックアップの場所に対する読み取りアクセス許可を持っている必要があります。

  • バックアップから復元までの間にクロール関連アカウントの資格情報が変更された場合は、復元の実行後にすべてのクロール関連パスワードを再入力する必要があります。これには、既定のコンテンツ アクセス アカウントと、資格情報を含む各インクルード クロール ルールのパスワードが含まれます。

  • スタンドアロン インストール上で SSP を復元する前に、管理者は、検索が使用できるように、Microsoft SharePoint Services Administration サービスを手動で開始する必要があります。このサービスは、ローカル サーバー上で検索ディレクトリを作成するために必要です。このディレクトリに検索インデックス ファイルが保存されます。

  • スタンドアロン インストール上では、SSP を復元する前に、タイマ サービスを再開する必要があります。

  • 検索サービスとインデックスを新しいインストールに復元または移行する場合は、検索サービスが実行中であることを確認してから復元を実行してください。

  • 復元後、検索を再び利用できるまでに最高で 15 分かかる場合があります。

  • Web アプリケーションを復元する場合は、同期サービスが一時停止していることをあらかじめ確認してください。

  • 同じバックアップから同時に復元を複数実行することはできません。

関連項目

表示: