Office 2013 の言語のセットアップと設定をカスタマイズする

 

適用先:Office 2013, Office 365 ProPlus

トピックの最終更新日:2016-12-16

概要: Office 2013 の言語をカスタマイズする方法を説明します。

対象ユーザー: IT 担当者

Office 2013 の言語セットアップと設定をカスタマイズおよび展開するには、この記事で説明する手順を実行します。

重要重要:
この記事では、Office 2013 の Windows インストーラーをベースにした (MSI) 配信形式に対応するように言語パックを展開および管理する方法について説明します。この配信形式は、ボリューム ライセンスを通じてエンタープライズ組織で使用できます。Office のサブスクリプションを所有し、クイック実行 配信形式を使用する Office 365 ProPlus を展開している場合は、それを言語用にカスタマイズする方法に関する次の記事「クイック実行ベースの Office インストールの複数言語の展開を計画する」を参照してください。

この記事の内容

既定では、各ユーザーのコンピューターで設定された Windows ユーザー ロケールに適合する言語バージョンがセットアップによって自動的にインストールされます。この既定の動作を変更して、複数の言語バージョンの配布を詳細に管理することもできます。たとえば、以下の操作を実行できます。

  • 単一のコンピューターに複数の言語をインストールする。

  • オペレーティング システムのユーザー ロケールで指定されている言語に関係なく、ユーザーのコンピューターにインストールする言語を指定する。

  • カスタム設定を 1 回指定して、組織内で展開するすべての言語バージョンにそのカスタム設定を適用する。

  • ユーザー グループごとに異なる言語を展開する。

  • 追加言語について Office 2013 Proofing Tools Kit を展開する。

詳細については、Office 2013 の複数言語の展開を計画するセットアップを計画する を参照してください。

ユーザーが Office 2013 アプリケーションを初めて起動したときに、コンピューターにインストールされている言語および Windows ユーザー ロケール設定で指定されている言語に適合する既定の設定が、セットアップによって適用されます。ただし、グループ ポリシー、Office カスタマイズ ツール (OCT)、または言語設定ツールを使用して、言語設定を構成することもできます。詳細については、「Office 2013 の複数言語の展開を計画する」の「カスタマイズを計画する」を参照してください。

インストールされない言語または副校正言語をユーザーが使用する必要がある場合は、Office 2013 Proofing Tools Kit をカスタマイズできます。詳細については、「Office 2013 の複数言語の展開を計画する」の「校正ツールを計画する」を参照してください。

展開に合わせて以下のどの手順を使用し、どのカスタマイズを行う必要があるかを判別するには、Office 2013 の複数言語の展開を計画する を参照してください。

組織内のユーザーが全員同じ言語またはオペレーティング システムの言語と適合する言語の Office ファイルを使用する場合は、既定の言語バージョンの Office を展開できます。

以下の手順は、Office 2013 を展開する標準的手順と同じです。これらはテスト目的で含まれています。これらの手順の相違点は、言語パックをネットワーク上のインストール ファイルと同じ場所にコピーする必要がある点だけです。

既定の言語バージョンの Office をすべてのクライアント コンピューターに展開するには
  1. ソース メディアからネットワークの共有フォルダーにすべてのファイルとフォルダーをコピーして、主要な Office 2013 製品のネットワーク インストール ポイントを作成します。

  2. 各言語パックのソース メディアからすべてのファイルとフォルダーをネットワークの同じ共有フォルダーにコピーします。重複するファイルを上書きするかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[いいえ] を選択します。

  3. Office カスタマイズ ツール (OCT) を使用して、組織の要件に合わせてインストールを構成します。

    カスタマイズの大半はコア製品に適用されるので、通常、各言語を個別にカスタマイズする必要はありません。インストールする言語に関係なく、セットアップによってインストール中にカスタマイズが適用されます。言語設定をカスタマイズする方法については、「言語設定をカスタマイズする」を参照してください。

    ボリューム ライセンス契約によって入手した言語パックでは一意のプロダクト キーは必要ありません。インストール全体で必要なボリューム ライセンス キーは 1 つだけです。

  4. セットアップのコマンド ラインで、展開する主要な Office 製品の Config.xml ファイルを指定します。

    たとえば、以下のコマンド ラインでは、どの言語でも Office Professional Plus 2013 がインストールされます。

    \\server\share\Office15\Setup.exe /config \\server\share\Office15\ProPlus.WW\Config.xml

    ここで、Office15 はネットワーク インストール ポイントのルートです。

  5. ネットワーク インストール ポイントのルートからセットアップを実行します。

    セットアップによって、インストールする Office 製品に必要な言語固有の要素だけがインストールされます。言語パックを独立した製品として展開する場合を除き、セットアップでは言語パック全体はインストールされません。

組織内のユーザーが複数の言語の Office ファイルを使用する場合や、オペレーティング システムの言語とは異なる言語の Office を必要とする場合は、必要なすべての言語を同時にインストールできます。

以下の手順は、Office 2013 を展開する標準的手順と同じです。これらはテスト目的で含まれています。この手順の相違点は、言語パックをネットワーク上のインストール ファイルと同じ場所にコピーし、Config.xml ファイルを編集してインストールする言語を指定する必要がある点だけです。

クライアント コンピューターにインストールする言語を指定するには
  1. ソース メディアからネットワークの共有フォルダーにすべてのファイルとフォルダーをコピーして、主要な Office 2013 製品のネットワーク インストール ポイントを作成します。

  2. 各言語パックのソース メディアからすべてのファイルとフォルダーをネットワークの同じ共有フォルダーにコピーします。重複するファイルを上書きするかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[いいえ] を選択します。

  3. 更新する製品のコア製品フォルダーで、Config.xml ファイルを探します。

    たとえば、Office Professional Plus 2013 のインストールに言語を追加する場合は、Proplus.WW フォルダーで Config.xml ファイルを探します。

  4. メモ帳などのテキスト エディターを使用して、Config.xml ファイルを開きます。

  5. <AddLanguage> 要素を追加します。

  6. Id 属性の値を、インストールする言語に対応する言語タグに設定します。追加の <AddLanguage> 要素と属性を含めることによって、複数の言語を指定できます。

  7. <AddLanguage> 要素の <ShellTransform> 属性を設定することによって、シェル ユーザー インターフェイス (シェル UI) で使用する言語を指定します。

    たとえば、セットアップで英語とフランス語の両方をインストールすることを指定し、英語を既定のインストール言語として指定するには、以下の要素を追加します。

    <AddLanguage Id="en-us" ShellTransform="yes"/> <AddLanguage Id="fr-fr" />
    

    既定のインストール言語とシェル UI をオペレーティング システムの言語と同じ言語にし、各ユーザーが英語とフランス語の両方の Office をインストールするように設定する場合、Config.xml ファイルのコードは以下のようになります。

    <AddLanguage Id="match" ShellTransform="yes"/> 
    <AddLanguage Id="en-us" />
    <AddLanguage Id="fr-fr" /> 
    

    複数の <AddLanguage> 要素を追加する場合は、ShellTransform 属性の値を指定する必要があります。この手順を省略すると、インストールに失敗します。

  8. セットアップでユーザーの Windows ユーザー ロケールの言語と一致する言語をインストールすることを指定するには、Config.xml ファイルに以下の行を追加します。

    <AddLanguage Id="match" /> 
    

    この場合、セットアップでは、指定したすべての言語と、ユーザー ロケールに一致する言語 (その言語が異なるとき) がインストールされます。

  9. Config.xml ファイルを保存します。

  10. Office カスタマイズ ツール (OCT) を使用して、組織の要件に合わせてインストールを構成します。

    言語設定をカスタマイズする方法については、言語設定をカスタマイズする を参照してください。

  11. Setup.exe を実行し、編集した Config.xml ファイルのパスを指定します。

    絶対パスを指定する必要があります。たとえば、\\server\share\Office15\setup.exe /config\\server\share\Office15\ProPlus.WW\Config.xml のように指定します (ここで、Office15 はネットワーク インストール ポイントのルートです)。

ユーザー グループごとに、異なる言語の Office を展開できます。たとえば、東京にある現地法人で英語と日本語の Office 2013 ドキュメントを使用する必要があり、ヨーロッパの現地法人では英語、フランス語、およびドイツ語が必要であるとします。この場合、ユーザー グループごとに固有の Config.xml ファイルを作成します。

以下の手順は、Office 2013 を展開する標準的手順と同じです。これらはテスト目的で含まれています。この手順の相違点は、言語パックをネットワーク上のインストール ファイルと同じ場所にコピーし、グループごとに Config.xml ファイルを作成および編集してインストールする言語を指定し、Config.xml ファイルをそれぞれのグループに展開する必要がある点です。

ユーザー グループごとに異なる言語を展開するには
  1. インストールする製品のコア製品フォルダーにある Config.xml ファイルを探します。

    たとえば、Office Professional Plus 2013 をインストールする場合は、Standard.WW フォルダーにある Config.xml ファイルを探します。

  2. メモ帳などのテキスト エディターを使用して、Config.xml ファイルを開きます。

  3. <AddLanguage> 要素を探し、前に説明したように、このユーザー グループ用にインストールする言語一式を指定します。

    メモメモ:
    前に説明したように、<AddLanguage> 要素の <Shell UI> 属性も設定する必要があります。
  4. 一意のファイル名を付けて Config.xml ファイルを保存します。

  5. 次のユーザー グループについて、この手順を繰り返します。

  6. OCT を使用して、組織の要件に合わせてインストールを構成します。

    言語設定をカスタマイズする方法については、言語設定をカスタマイズする を参照してください。

  7. ユーザー グループごとに Office を展開し、それぞれについて、セットアップのコマンド ラインで、対応する Config.xml ファイルを指定します。たとえば、次のように指定します。

    \\server\share\Office15\setup.exe /config \\server\share\Office15\ProPlus.WW\SubAConfig.xml または

    \\server\share\Office15\setup.exe /config \\server\share\Office15\ProPlus.WW\SubBConfig.xml

    ここで、Office15 はネットワーク インストール ポイントのルートです。

Office 2013 用にインストールされている言語のリストは、言語パックを初めてインストールしたときか別途インストールしたときに、以下のレジストリ キーで確認できます。このレジストリ キーには、有効になっている各言語の LCID が示されます。

HKCU\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\LanguageResources\EnabledLanguages

ユーザー インターフェイス (UI) 言語とフォールバック言語は、以下のレジストリ キーで確認できます。

HKCU\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\LanguageResources

Office 2013 のすべてのアプリケーションに共有のレジストリ データ セットを使用してアプリケーションの UI 言語が決定されていますが、すべてのアプリケーションが同じ UI 言語で表示されるとは限りません。通常、Office 2013 のアプリケーションは、このレジストリ キーの UILanguage エントリの値で示された UI 言語で表示されます。ただし、これとは異なる状況の場合もあります。たとえば、Word 2013 と Excel 2013 はフランス語でインストールされ、それ以外の Office アプリケーションは他の言語でインストールされているような展開の場合です。この場合、他のアプリケーションではこのレジストリ キーの UIFallback リストが調べられ、インストールされている構成に対応する最初の言語が使用されます。

グループ ポリシー設定では、組織内のユーザーが変更できない既定の言語設定を強制的に適用できます。ポリシー設定はユーザーがログオンするたびに再適用されます。以下に示す手順は、言語設定関連のポリシー設定を構成するための大まかな手順です。

重要重要:
Office 2013 のポリシー設定を設定するには、 Office 2013 管理用テンプレート ファイル (https://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=257051) を読み込まなければなりません。管理用テンプレート ファイルを読み込むには、それらのファイルをダウンロードして Office 2010 でグループ ポリシーを使用して設定を適用する の「ADMX テンプレートの読み込み」の指示に従います。この記事は Office 2010 用のものですが、管理用テンプレートに関する情報は Office 2013 にも適用されます。
グループ ポリシーを使用して言語設定を管理するには
  1. ポリシーを設定する対象のグループ ポリシー オブジェクト (GPO) を開きます。

  2. ビゲーション ウィンドウで、[コンピューターの構成] または [ユーザーの構成] を展開し (ダブルクリックする)、[管理用テンプレート] を展開し、さらに [Microsoft Office 2013\言語設定] を展開します。ここに言語関連のポリシー設定が含まれています。

  3. [言語設定] の下で、構成するものに応じて、[表示言語] フォルダーまたは [編集言語] フォルダーを選択します。

    • [表示言語] フォルダーには、UI 項目 (メニュー項目やヘルプ) に対して言語設定を有効にできるポリシー設定が含まれています。

    • [編集言語] フォルダーには、編集言語を選択して構成できるポリシー設定が含まれています。

    メモメモ:
    各ポリシー設定には、それによって適用されるものについての説明があります。
  4. 詳細ウィンドウで、構成するポリシー設定を開き (ダブルクリックする)、[有効] または [無効] を選択してから、適切なオプションを指定します。

  5. GPO を保存します。

OCT を使用してセットアップ カスタマイズ ファイル (.msp ファイル) を作成し、それをインストール時にセットアップで適用できます。OCT で指定した設定は既定の設定です。ユーザーはインストール後に既定の設定を変更できます。

OCT を使用して言語設定をカスタマイズするには
  1. /admin コマンド ライン オプションを指定してセットアップを実行することによって、OCT を起動します。

  2. [ユーザー設定の変更] ページでツリーを展開して、[Microsoft Office 2013\言語設定] を表示します。

  3. ナビゲーション ウィンドウで目的のフォルダーを開きます。詳細ウィンドウで設定を開き (ダブルクリックする)、[有効] を選択して、値を指定します。

  4. ネットワーク インストール ポイントのルートにある Updates フォルダーにセットアップ カスタマイズ ファイルを保存します。

    保存したファイルは、ユーザーのコンピューターに Office をインストールするときに、セットアップによって自動的に適用されます。

OCT を使用する方法の詳細については、Office 2013 の Office カスタマイズ ツール (OCT) リファレンス を参照してください。

ポリシーによる言語設定の適用を行わない場合、Office アプリケーションで作業するユーザーは、言語設定ツールを使用して言語設定を変更できます。

言語設定ツールを使用して言語設定を変更するには
  1. オペレーティング システムに応じて、次のどちらかの操作を行います。

    • Windows 8 を実行している場合は、[すべてのアプリ] を開き (デスクトップを右クリックする)、[Microsoft Office 2013] の下で、[Microsoft Office 2013 言語設定] を選択します。

    • Windows 7 を実行している場合は、[スタート]、[すべてのプログラム]、[Microsoft Office]、[Microsoft Office 2010 ツール]、[Office 2013 言語設定] の順に選択します。

  2. [編集言語の選択] の下で、言語の一覧から、編集に使用できるようにする言語を選択し、[追加] を選択します。追加する編集言語ごとにこの手順を繰り返します。

  3. [編集言語の選択] の下で、Office のアプリケーションとドキュメントで最もよく使用する言語を選択し、[既定に設定] を選択します。

  4. [表示言語とヘルプ言語の選択] の下の [表示言語] の下で、Office アプリケーションのボタンやタブの表示に使用する言語を選択し、[既定に設定] を選択します。

  5. [ヘルプ言語] の下で、Office アプリケーションのヘルプの表示に使用する言語を選択し、[既定に設定] を選択します。

    ヘルプ言語を指定しなかった場合は、オンライン ヘルプ言語に表示言語が使用されます。

メモメモ:
コンピューターにインストールされていない言語を使用するための機能を有効にできます。たとえば、韓国語を編集言語として選択する場合は、韓国語の校正ツールがインストールされていなくても、Word のアジア言語および韓国語の機能を有効にできます。オペレーティング システムでその言語のサポートを有効にする必要があります。

ここでは、Office 2013 Proofing Tools Kit をカスタマイズおよびインストールする方法について説明します。

メモメモ:
特定の校正言語だけが必要な場合は、1 つまたは 2 つの言語パックをインストールするだけで、必要な校正ツール言語がすべて使用できるようになることもあります。各言語バージョンの Office 2013 には、一群の副言語の校正ツールが含まれています。詳細については、「Office 2013 の複数言語の展開を計画する」の「校正ツールを計画する」および「Office 2013 の副校正言語」を参照してください。

インストールする校正ツール言語は、ProofKit.WW フォルダー内の Config.xml を編集することによって指定できます。OptionState の属性と ID の詳細については、「Office 2013 の複数言語の展開を計画する」の「校正ツールを計画する」および「Office 2013 の言語識別子と OptionState ID 値」を参照してください。

セットアップを校正ツールについてカスタマイズするには
  1. ProofKit.WW フォルダーにある Config.xml ファイルを探します。

  2. メモ帳などのテキスト エディターを使用して、Config.xml ファイルを開きます。

  3. インストールする必要のない校正ツールごとに、OptionState 要素の State 属性を Absent に設定します。たとえば、カタルニア語の校正ツールをインストールしないようにするには、以下の構文を使用します。

    <OptionState Id="ProofingTools_1027" State="Absent" Children="force"/>
    
  4. 展開する校正ツールのセットごとに State 属性を Local に設定します (必要に応じて、Advertise にすることもできます)。たとえば、バスク語 (Basque) の校正ツールを展開するには、以下の構文を使用します。

    <OptionState Id="ProofingTools_1069" State="Local" Children="force"/>
    
  5. Config.xml ファイルを保存します。

  6. Setup.exe を実行し、編集した Config.xml ファイルのパスを指定します。

    絶対パスを指定する必要があります。たとえば、\\server\share\Office15\ProofKit.WW\setup.exe /config\\server\share\Office15\ProofKit.WW\Config.xml のように指定します。

    ここで、Office15 はネットワーク インストール ポイントのルートです。

校正ツールを必要とするユーザーが 1 人または 2 人の場合は、Office 2013 Proofing Tools Kit から個別のコンピューターに校正ツールをインストールできます。

単一のコンピューターに Office Proofing Tools Kit 2013 をインストールするには
  1. Office 2013 Proofing Tools Kit CD の Setup.exe を実行します。

  2. マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を読んで同意してから、[続行] を選択します。

  3. 使用できるすべての言語の校正ツールをインストールするには、[今すぐインストール] を選択します。インストールが開始されます。個々の言語を個別にインストールする場合は、[カスタマイズ] を選択します。

  4. [カスタマイズ] を選択した場合は、[ファイルの場所] タブと [ユーザー情報] タブを選択し、必要に応じて情報を変更します。[インストール オプション] タブで、インストールする言語のノード (プラス (+) 記号) を選択し、ドロップダウン矢印を使用して適切なインストール状況を設定します。

  5. [インストール] を選択します。

メモメモ:
Office 2013 以降では、オンプレミス (MSI インストール) バージョンの Office 2013 を購入したお客様は、ボリューム ライセンスであるかどうかを問わず、52 の言語に対応した校正ツール パッケージを無料でダウンロードできるようになりました。これらの校正ツール パッケージには 32 ビット版と 64 ビット版があり、どちらも Office の校正ツールからダウンロードできます。詳細については、Office 2013 の副校正言語 の「ダウンロード可能な校正ツール パッケージ」を参照してください。

表示: