第 2 世代仮想マシンの概要

 

対象: Windows Server 2012 R2

仮想マシンの世代により、仮想マシンに提供される仮想ハードウェアと機能が決まります。 Hyper-V では、第 1 世代と第 2 世代の 2 つの仮想マシン世代がサポートされます。 第 2 世代の仮想マシンは簡素化された仮想ハードウェア モデルを備え、BIOS ベースのファームウェアではなく Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) ファームウェアをサポートします。 第 2 世代の仮想マシンからは、レガシ デバイスの多くも削除されています。

このトピックでは、第 2 世代仮想マシンのさまざまな利点と要件について説明します。Windows Server 2016 Technical Preview または Windows 10 の Hyper-V については、「Hyper-V にジェネレーション 1 または 2 の仮想マシンを作成する必要がありますか?」をご覧ください。


以前のバージョンの Hyper-V では、仮想マシンの世代は 1 つだけでした。Windows Server 2012 R2 では、新しい仮想マシンを作成するときに仮想マシンの世代を次の 2 つから選択できます。

  • 第 1 世代 以前のバージョンの Hyper-V と同じ仮想ハードウェアを仮想マシンに提供します。

  • 第 2 世代 仮想マシンに次の新しい機能を提供します。

    • 標準のネットワーク アダプターを使用した PXE ブート

    • SCSI 仮想ハード ディスクからの起動

    • SCSI 仮想 DVD からの起動

    • セキュア ブート (既定で有効)

    • UEFI ファームウェアのサポート

System_CAPS_ICON_note.jpg メモ

IDE ドライブとレガシ ネットワーク アダプターのサポートは削除されました。

次の Windows ゲスト オペレーティング システムが第 2 世代の仮想マシンとしてサポートされます。

  • Windows Server 2012 R2

  • Windows Server 2012

  • 64 ビット バージョンの Windows 8.1

  • 64 ビット バージョンの Windows 8

  • 第 2 世代の仮想マシンをサポートする Linux ディストリビューションについては、「Linux および Hyper V 上のバーチャル マシンの FreeBSD」を参照してください。

    System_CAPS_ICON_warning.jpg 警告

    第 2 世代の Linux 仮想マシンは、セキュア ブート オプションを無効にしないかぎり起動しません。

System_CAPS_ICON_caution.jpg 注意

仮想マシンの作成後にその世代を変更することはできません。

標準のネットワーク アダプターを使用した PXE ブート

以前のバージョンの Hyper-V では、PXE ブートを使用してゲスト オペレーティング システムのリモート インストールを実行しようとした場合、レガシ ネットワーク アダプターをインストールする必要がありました。 レガシ ネットワーク アダプターは、第 2 世代仮想マシンでは使用できません。 第 2 世代仮想マシンでは、標準ネットワーク アダプターを使用した PXE ブートがサポートされます。

SCSI コントローラーからの起動

以前のバージョンの Hyper-V では、SCSI 接続の仮想ハード ディスクまたは DVD から仮想マシンを起動することはできませんでした。

第 2 世代仮想マシンは、SCSI コントローラーに接続された仮想ハード ディスクまたは DVD から起動できます。 仮想 Integrated Device Electronics (IDE) コントローラーは、第 2 世代仮想マシンでは使用できません。

セキュア ブート

セキュア ブート機能を使用すると、承認されていないファームウェア、オペレーティング システム、または UEFI ドライバー (オプション ROM とも呼ばれます) が起動時に実行するのを防ぐことができます。

System_CAPS_ICON_note.jpg メモ

セキュア ブートは、第 2 世代仮想マシンでは既定で有効になります。 この設定は、仮想マシンを作成した後で変更できます。 詳細については、「セキュア ブート」を参照してください。

第 1 世代仮想マシンと第 2 世代仮想マシンのデバイスの比較を次に示します。

第 1 世代デバイス第 2 世代置換第 2 世代拡張
IDE コントローラー仮想 SCSI コントローラー.vhdx から起動 (最大サイズ 64 TB、オンライン サイズ変更機能)
IDE CD-ROM仮想 SCSI CD-ROMSCSI コントローラーあたり最大 64 台の SCSI DVD デバイスをサポート
従来の BIOSUEFI ファームウェアセキュア ブート
レガシ ネットワーク アダプター合成ネットワーク アダプターIPv4 および IPv6 でのネットワーク ブート
フロッピー コントローラーおよび DMA コントローラーフロッピー コントローラーのサポートはなし
COM ポートに対する Universal Asynchronous Receiver/Transmitter (UART)デバッグ用のオプション UARTより高速で高信頼性
i8042 キーボード コントローラーソフトウェア ベースの入力エミュレーションがないため、使用するリソースが減ります。 また、ゲスト オペレーティング システムから攻撃を受ける機会が減少します。
PS/2 キーボードソフトウェア ベースのキーボードエミュレーションがないため、使用するリソースが減ります。 また、ゲスト オペレーティング システムから攻撃を受ける機会が減少します。
PS/2 マウスソフトウェア ベースのマウスエミュレーションがないため、使用するリソースが減ります。 また、ゲスト オペレーティング システムから攻撃を受ける機会が減少します。
S3 ビデオソフトウェア ベースのビデオエミュレーションがないため、使用するリソースが減ります。 また、ゲスト オペレーティング システムから攻撃を受ける機会が減少します。
PCI バス必要ありません
Programmable Interrupt Controller (PIC)必要ありません
Programmable Interval Timer (PIT)必要ありません
スーパー I/O デバイス必要ありません

以下では、第 2 世代仮想マシンに関してよく寄せられる質問について説明します。

第 1 世代と第 2 世代の仮想マシンを一緒に実行できますか

対応 第 2 世代は Hyper-V がサポートするすべてのゲスト オペレーティング システムをサポートしていないので、これは想定されることです。 第 2 世代仮想マシンでサポートされないゲスト オペレーティング システムは、第 1 世代仮想マシンにインストールする必要があります。

第 2 世代仮想マシンはパフォーマンスが向上しますか

日常的な仮想マシンの実行では、第 1 世代仮想マシンと第 2 世代仮想マシンの間にパフォーマンスの違いはありません。 第 2 世代仮想マシンでは、仮想マシンの起動とインストールが若干向上する可能性があります。

第 2 世代仮想マシンを使用する利点は何ですか

第 2 世代仮想マシンを使用すると次のような利点があります。

  • SCSI デバイスまたは標準ネットワーク アダプターから仮想マシンを起動できます。

  • セキュア ブートを有効にすると、承認されていないファームウェア、オペレーティング システム、または UEFI ドライバーが起動時に実行するのを防ぐことができます。

第 2 世代仮想マシンの COM ポートを使用してカーネル デバッグを有効にするにはどうしますか

既定では、第 2 世代仮想マシンでは COM ポートを使用できません。 COM ポートは、Windows PowerShell または Windows Management Instrumentation (WMI) を使用して構成できます。

COM ポートを使用したカーネル デバッグを有効にするには、以下の手順に従います。

  1. セキュア ブートを無効にします。 カーネル デバッグはセキュア ブートと互換性がないので、仮想マシンでセキュア ブートを無効にする必要があります。 仮想マシンがオフ状態のときに、Set-VMFirmware Windows PowerShell コマンドレットを使用してセキュア ブートを無効にします。 たとえば、次のコマンドは仮想マシン TestVM でセキュア ブートを無効にします。

    Set-VMFirmware –Vmname TestVM –EnableSecureBoot Off  
    
    
  2. COM ポートを構成します。 仮想マシンに COM ポートを追加するには、Set-VMComPort Windows PowerShell コマンドレットを使用します。 たとえば、次のコマンドは、仮想マシン TestVM の 1 番目の COM ポートを構成し、ローカル コンピューターの名前付きパイプ TestPipe に接続します。

    Set-VMComPort –VMName TestVM 1 \\.\pipe\TestPipe  
    
    
System_CAPS_ICON_note.jpg メモ

構成した COM ポートは、Hyper-V マネージャー コンソールの仮想マシンの設定には表示されません。

RemoteFX は第 2 世代仮想マシンでサポートされますか

いいえ。 RemoteFX は第 2 世代仮想マシンではサポートされません。

物理 CD または DVD ドライブを第 2 世代仮想マシンに接続できますか

いいえ。 第 2 世代仮想マシンの仮想 DVD ドライブは、ISO イメージ ファイルだけをサポートします。 Windows 環境の ISO イメージ ファイルは、Oscdimg コマンド ライン ツールを使用して作成できます。 詳細については、「Oscdimg のコマンド ライン オプション」を参照してください。

VHD 形式の仮想ハード ディスクを第 2 世代仮想マシンに接続できますか

いいえ。 第 2 世代仮想マシンは、VHDX 形式の仮想ハード ドライブだけをサポートします。 Hyper-V マネージャー コンソールの [仮想ハード ディスクの編集ウィザード] または Convert-VHD Windows PowerShell コマンドレットを使用して、VHD ファイルを VHDX 形式に変換できます。

VHD ファイルから変換した VHDX ファイルを使用して、第 2 世代仮想マシンを起動できますか

いいえ。 オペレーティング システムのクリーン インストールが必要です。

仮想マシンの実行中に、第 2 世代仮想マシンのブート ボリュームを含む VHDX ファイルのサイズを変更できますか

対応

第 2 世代仮想マシンによってサポートされる VHDX ファイルの最大サイズはいくつですか

64 TB です。

第 1 世代仮想マシンと第 2 世代仮想マシンの両方を起動できる VHDX ファイルを作成できますか

技術的には可能ですが、予期しないエラーが発生する可能性があります。 したがって、第 1 世代仮想マシンと第 2 世代仮想マシンの両方を起動可能な VHDX ファイルはサポートまたは推奨されません。

第 2 世代仮想マシンによって使用される VHDX ファイルをマウントできますか

対応 VHDX ファイルはディスクのコンテナーなので、仮想マシンの世代に関係なくマウントできます。

VHDX ファイルが第 1 世代仮想マシンまたは第 2 世代仮想マシンのどちらで作成されたかわかりますか

いいえ。 仮想マシンの世代は、仮想マシンのプロパティであり、仮想ハード ディスクのプロパティではありません。

第 2 世代の VHDX ファイルを第 1 世代仮想マシンに接続できますか

対応 VHDX ファイルは、第 1 世代の IDE コントローラーまたは SCSI コントローラーに接続できます。 ただし、起動可能な VHDX ファイルの場合、第 1 世代仮想マシンは起動しません。

第 2 世代仮想マシンを Windows Server 2012 の Hyper-V にインポートできますか

いいえ。 第 2 世代仮想マシンは Windows Server 2012 R2 の新機能です。

物理ホストではセキュア ブートまたは UEFI ファームウェアが必要ですか

いいえ。 仮想ファームウェアとその構成は、物理プラットフォームとは独立しています。

第 2 世代仮想マシンの UEFI ファームウェアは、セキュア ブートのセットアップ モードをサポートしますか

いいえ。

第 2 世代仮想マシンで UEFI シェルまたは他の UEFI アプリケーションを実行できますか

マイクロソフトは、UEFI シェルまたは他の UEFI アプリケーションを提供またはサポートしていません。 マイクロソフト以外の UEFI シェルまたは UEFI アプリケーションの使用は、それらがソースから直接コンパイルされている場合であれば、技術的には可能です。 これらのアプリケーションが適切にデジタル署名されていない場合、仮想マシンのセキュア ブートを無効にする必要があります。

第 2 世代仮想マシンのブート エントリはどこに格納されますか

第 2 世代仮想マシンのブート エントリは、仮想マシンの構成ファイルに格納されます。

新しい仮想マシンの既定の世代は何ですか

[仮想マシンの新規作成ウィザード] または New-VM Windows PowerShell コマンドレットを使用すると、既定では、第 1 世代仮想マシンが作成されます。 [仮想マシンの新規作成ウィザード] では、[世代の指定] ページで [第 2 世代] を選択できます。 Windows PowerShell では、–Generation パラメーターを使用して仮想マシンの世代を指定できます。

作成した後で仮想マシンの世代を変更できますか

いいえ。

64 ビット版の Windows Server 2008 R2 と Windows 7 が第 2 世代ゲスト オペレーティング システムとしてサポートされていないのはなぜですか

Windows Server 2008 R2 および Windows 7 は UEFI をサポートしますが、これらは Programmable Interrupt Controller (PIC) に依存しており、これは第 2 世代仮想マシン ハードウェアに存在しません。

32 ビット版の Windows 8.1 と Windows 8 が第 2 世代仮想マシンのゲスト オペレーティング システムとしてサポートされていないのはなぜですか

64 ビット専用の UEFI ファームウェアに互換性のあるサポート モジュールがないため、第 2 世代仮想マシンは 32 ビット ゲスト オペレーティング システムでサポートされていません。

第 2 世代を Linux 仮想マシンに使用できますか

第 2 世代の仮想マシンをサポートする Linux ディストリビューションについては、「Linux および Hyper V 上のバーチャル マシンの FreeBSD」を参照してください。

System_CAPS_ICON_warning.jpg 警告

第 2 世代仮想マシンではセキュア ブートが既定で有効になり、セキュア ブート オプションを無効にしないと Linux 仮想マシンは起動しません。

Hyper-V マネージャーの仮想マシンの設定の [ファームウェア] セクションで、または次の Powershell を使用して、セキュア ブートを無効にできます。

Set-VMFirmware -VMName "VMname" -EnableSecureBoot Off  
  

第 2 世代仮想マシンでサポートできるネットワーク アダプターの最大数はいくつですか

8 個です。 また、第 2 世代仮想マシンはレガシ ネットワーク アダプターをサポートしません。

第 2 世代仮想マシンでサポートできるストレージ デバイス、VHDX ファイル、または DVD ドライブの最大数はいくつですか

256 です。第 2 世代仮想マシンは最大 4 個の SCSI コントローラーをサポートし、各コントローラーが 64 個のドライブをサポートします。 第 2 世代仮想マシンは、4 個より多くの DVD ドライブをサポートできます。

New-VM Windows PowerShell コマンドレットで新しい仮想マシンを作成するとき、第 2 世代仮想マシンに DVD ドライブがないのはなぜですか

第 2 世代仮想マシンでは、仮想マシンの実行中に DVD ドライブを追加できます

第 2 世代仮想マシンは、iSCSI ブートまたはファイバー チャネル ブートをサポートしますか

いいえ。

IPv6 を使用するネットワーク インストールを実行できますか

対応 既定では、第 2 世代仮想マシンは IPv4 を使用します。 IPv4 ではなく IPv6 を使用するように仮想マシンを設定するには、Set-VMFirmware Windows PowerShell コマンドレットを使用します。 たとえば、次のコマンドは、TestVM という名前の仮想マシンの優先プロトコルを IPv6 に設定します。

Set-VMFirmware –VMName TestVM –IPProtocolPreference IPv6  

第 2 世代仮想マシンの無人インストールの応答ファイルとして、仮想フロッピー ディスク (.vfd) を使用できますか。

いいえ。 第 2 世代仮想マシンは仮想フロッピー ディスクをサポートしません。 代わりに、DVD ドライブの ISO イメージ ファイルを使用してください。

表示: