Defender Cmdlets

更新日: 2015年11月

適用対象: Windows 10, Windows Server Technical Preview

Windows PowerShell® は、特にシステム管理用に設計されている、タスク ベースのコマンド ライン シェルとスクリプト言語です。IT プロフェッショナルを対象としたこのリファレンス トピックは、Windows PowerShell コマンドレットを活用してタスクをスクリプト化および自動化する場合に役立ちます。

Defender Cmdlets

This reference provides cmdlet descriptions and syntax for all Defender-specific cmdlets. It lists the cmdlets in alphabetical order based on the verb at the beginning of the cmdlet.

 

Cmdlet Description

Add-MpPreference

Modifies settings for Windows Defender.

Get-MpComputerStatus

Gets the status of antimalware software on the computer.

Get-MpPreference

Gets preferences for the Windows Defender scans and updates.

Get-MpThreat

Gets the history of threats detected on the computer.

Get-MpThreatCatalog

Gets known threats from the definitions catalog.

Get-MpThreatDetection

Gets active and past malware threats that Windows Defender detected.

Remove-MpPreference

Removes exclusions or default actions.

Remove-MpThreat

Removes active threats from a computer.

Set-MpPreference

Configures preferences for Windows Defender scans and updates.

Start-MpScan

Starts a scan on a computer.

Start-MpWDOScan

Starts a Windows Defender offline scan.

Update-MpSignature

Updates the antimalware definitions on a computer.

noteNote
To list all the cmdlets that are available, use the Get-Command –Module Defender cmdlet.

コマンドレットの詳細や構文を確認するには、Get-Help <コマンドレット名> コマンドレットを使用します。<コマンドレット名> には、調査対象のコマンドレットの名前を指定します。さらに詳しい情報については、次のコマンドレットを実行してください。

Get-Help <コマンドレット名> -Detailed
Get-Help <コマンドレット名> -Examples
Get-Help <コマンドレット名> -Full

コミュニティの追加

追加
表示: