エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Classic ASP は IIS 7.0 と IIS 7.5 に既定ではインストールされない

作成者 : Robert McMurray
発行日 : 2009 年 2 月 19 日 (作業者 : robmcm(英語))
更新日 : 2009 年 2 月 23 日 (作業者 : robmcm(英語))

IIS 7.0 および 7.5 では、ASP の Classic バージョンは既定ではインストールされません。そのため、サーバーで ASP ページを参照しようとすると HTTP 404 エラーが表示されることになります。または、ブラウザーのウィンドウに ASP ページのソース コードが表示されることもあります。これらのエラー状態はいずれも Classic ASP の環境定義に使用されている構成設定がインストールされていない場合に発生します。

Web サーバー上で ASP アプリケーションをサポートおよび構成するには、ASP モジュールをインストールする必要があります。IIS 7.0 および IIS 7.5 に ASP モジュールをインストールするには、お使いの Windows バージョンで以下の手順を実行してください。

Windows Vista または Windows 7 クライアントへの Classic ASP のインストール

  1. [スタート] ボタン、[コントロール パネル] の順にクリックします。
  2. [コントロール パネル][プログラムと機能] をクリックして、[Windows の機能の有効化または無効化] をクリックします。
  3. [Internet Information Services][World Wide Web サービス][アプリケーション開発機能] の順に展開します。
  4. [ASP] を選択して、[OK] をクリックします。

    Ee175737.Classic AP fig1(ja-jp,TechNet.10).jpg

Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 への Classic ASP のインストール

  1. [スタート] をクリックして、[管理ツール] をポイントして、[サーバー マネージャー] をクリックします。
  2. [サーバー マネージャー] のツリー表示で、[役割] を展開して [Web サーバー (IIS)] をクリックします。
  3. [Web サーバー (IIS)] ウィンドウで、[役割サービス] セクションまでスクロールして、[役割サービスの追加] をクリックします。
  4. 役割サービスの追加ウィザードの [役割サービスの選択] ページで、[ASP] を選択します。

    Ee175737.Classic AP fig2(ja-jp,TechNet.10).jpg

  5. [ASP に必要な役割サービスを追加しますか] ダイアログ ボックスが表示されたら、[必要な役割サービスを追加] をクリックします。(このページは、サーバーに ISAPI 拡張機能の役割サービスをインストールしていない場合にのみ表示されます。)

    Ee175737.Classic AP fig3(ja-jp,TechNet.10).jpg

  6. [役割サービスの選択] ページで、[次へ] をクリックします。
  7. [インストール オプションの確認] ページで [インストール] をクリックします。
  8. [結果] ページで [閉じる] をクリックします。

詳細情報

Classic ASP のインストール方法、および Classic ASP オプションの構成方法の詳細は、Microsoft IIS.net Web サイトで IIS 構成リファレンスの以下のページを参照してください。


この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft