テレメトリ ダッシュボードを使用して Office の互換性と展開を監視する

Office 2013
 

適用先:Office 2013, Office 365 ProPlus

トピックの最終更新日:2016-12-16

概要: テレメトリ ダッシュボードを使用して Office ドキュメントとソリューションの安定性、および Office 展開の状態を表示する方法を説明します。

対象ユーザー: IT 担当者

テレメトリ ダッシュボードのコンポーネントを展開し、テレメトリ エージェントでデータを収集したら、テレメトリ ダッシュボードを使用して Office ドキュメントと Office ソリューションの安定性の問題を調査できます。また、テレメトリ ダッシュボードを使用して Office 展開の状態を確認することもできます。この記事では、テレメトリ ダッシュボードのワークシートへの移動、フィルターによるデータ表示方法の調整、テレメトリ ダッシュボードによく表示されるエラー メッセージのトラブルシューティングについて説明します。

重要重要:
この記事は、Office 2013 互換性のコンテンツ ロードマップに含まれています。このロードマップは、Office 2013 の互換性の評価に役立つ記事、ダウンロード、スクリプト、ビデオなどを参照する際の出発点として使用します。

この記事の内容

テレメトリ ダッシュボード コンポーネントを展開したら、テレメトリ ダッシュボードを起動してテレメトリ データベースに接続することができます。

起動する際は、次の短いビデオ、「Quick tips for Telemetry Dashboard navigation」を参考にしてください。

テレメトリ ダッシュボード内での移動に関する短いビデオ

ビデオ (再生ボタン) アイコン


メモメモ:
すべての Office 2013 スイート で、マウス、キーボード ショートカット、またはタッチを使用してタスクを実行できます。Office 製品およびサービスでキーボード ショートカットとタッチを使用する方法については、「キーボード ショートカット」と「Office タッチ ガイド」を参照してください。

テレメトリ ダッシュボードの起動方法は、使用しているオペレーティング システムによって異なります。次の表に、サポートされているオペレーティング システムごとに起動方法を示します。

テレメトリ ダッシュボードを起動するには

オペレーティング システム テレメトリ ダッシュボードの起動方法

Windows 7、Windows Server 2008、または Windows Server 2008 R2

[スタート] メニューから、[すべてのプログラム]、[Microsoft Office 2013]、[Office 2013 ツール]、[Office 2013 テレメトリ ダッシュボード] の順に選択します。

Windows 8

スタート画面で、背景を右クリックするか上または下から内側へスワイプしてアプリ バーを表示し、[すべてのアプリ]、[Office 2013 テレメトリ ダッシュボード] の順に選択します。

Windows Server 2012

右端から内側へスワイプしてチャームを表示し、[検索] を選択してコンピューターにインストールされているすべてのアプリを表示します。次に、[Office 2013 テレメトリ ダッシュボード] を選択します。


テレメトリ データベースに接続するには
  1. [スタート] ワークシートで、[データベースへの接続] を選択します。

  2. [データ接続の設定] ダイアログ ボックスで、テレメトリ データが格納される SQL Server サーバーとデータベースの名前を入力し、[OK] を選択します。

テレメトリ ダッシュボードをテレメトリ データベースに接続すると、Office のドキュメントやソリューションなどの情報を表示するための新しいワークシートが追加されます。まだテレメトリ ダッシュボード コンポーネントを展開していない場合、または意図したとおりにダッシュボードにデータが読み込まれない場合は、「テレメトリ ダッシュボードを展開する」を参照してください。


次の表に、テレメトリ ダッシュボードの主要ワークシートの簡単な説明を示します。列の説明を含むすべてのテレメトリ ダッシュボード ワークシートについては、「テレメトリ ダッシュボード ワークシートの参照」を参照してください。

テレメトリ ダッシュボードのワークシート

ワークシート名 用途

概要

Office ドキュメントおよびソリューションの正常性の簡易表示、展開の傾向の表示を行います。このワークシートのリンクは、組織における Office の互換性と安定性に関する問題の調査に役立ちます。

ドキュメント

どの Office ドキュメントが最も多用されているか調査し、問題が発生しているドキュメントを特定するのに役立ちます。

このワークシートには、Office 2013 およびサポートされる以前のバージョンの Office を実行している監視対象のクライアントのローカル レジストリにある、最近使用した (MRU) ファイルで検出された Office ドキュメントが表示されます。

この一覧には、Office 2013 を実行している監視対象のクライアントの読み込みイベントも含まれています。詳細情報を示すワークシートを開くには、値のリンクを選択します。たとえば、[ユーザー総数] 列で数値を選択すると、そのファイルが MRU 一覧に含まれているユーザーを表示できます。

ソリューション

監視対象のコンピューターで検出されたソリューション (COM アドインなど) の詳細が表示されます。このワークシートには、Office 2013 を実行している監視対象のクライアント コンピューターの読み込みイベントに関するテレメトリ データも表示されます。

ソリューションが原因で Office 2013 クライアントで重大なエラーが発生している一意のユーザーの数については、[重大] 列を確認します。 重大なエラーとその影響を受けたユーザーの数を確認することによって、多くのユーザーでクラッシュが発生しているアドインを強制的にブロックするかどうかを決定できます。 これを行うには、ワークシートの上部にある [アドイン管理モード] リンクを選択します。

また、一部のコンピューターでソリューションの読み込み時間が予想以上に長くなる原因となっているパフォーマンス上の問題を調査することもできます。このワークシートに表示される読み込み時間の値は統計上の平均値です。特定のドキュメントの個別のユーザー読み込み時間を確認するには、値のリンクを選択します。

テレメトリ プロセッサ

テレメトリ プロセッサを実行しているサーバー、監視対象のユーザーとコンピューターの数、および最終更新日時が表示されます。

展開

検出された Office のバージョンとその他の詳細 (各バージョンのアーキテクチャの種類や一意のインスタンス数など) が表示されます。

カスタム レポート

ピボットテーブル レポートを作成するのに役立ちます。これにより、テレメトリ ダッシュボード でデータを表示する方法をカスタマイズすることができます。[ドキュメント] ワークシートと [ソリューション] ワークシートに期待どおりにデータが表示されない場合は、カスタム レポートを作成します。詳細については、「テレメトリ ダッシュボード用のカスタム レポートおよびデータベース スキーマ参照」を参照してください。また、「テレメトリ ダッシュボードのカスタム レポート」のビデオ デモも参照してください。

スタート

テレメトリ ダッシュボード コンポーネントを展開するためのガイダンスが手順を追って示されます。

テレメトリ ダッシュボード ガイド

テレメトリ ダッシュボードの概念について、簡単なチュートリアルが提供されます。

ダッシュボードの左側にあるナビゲーション ウィンドウには、[ラベル 1]、[ラベル 2]、[ラベル 3]、[ラベル 4]、[期間]、[ビュー] というフィルターがあります。これらのフィルターを使用して、ワークシートに表示するデータの範囲を変更することができます。フィルターを変更したら、必ず [更新] コンテンツ ペインのデータを最新状態に更新する、Office テレメトリ ダッシュボード上のボタンのイメージ。 を選択してコンテンツ ウィンドウのデータを最新の情報に更新する必要があります。[更新] ボタンは、ほとんどのワークシートの右上隅にあります。データを更新すると、並べ替え順序が自動的にリセットされます。コンテンツ ウィンドウが最後にいつ更新されたかを確認するには、ナビゲーション ウィンドウの [更新] ボタンの下にあるタイム スタンプを確認します。

次の表に、テレメトリ ダッシュボードのフィルターの詳細を示します。

テレメトリ ダッシュボードのフィルター

フィルター 説明

ラベル フィルター

Office テレメトリ ダッシュボードのナビゲーション ウィンドウにある [ラベル] ドロップ ダウン ボックスのイメージ。

ラベル フィルターを使用すれば、部署、場所、または展開グループ単位でデータをフィルター処理できます。このフィルターはほとんどのワークシートで使用できます。

ラベル フィルターには、クライアント コンピューターにテレメトリ エージェントを展開したときに <TAG> フィールドに指定されたデータが読み込まれます。このフィールドの設定方法の詳細については、「テレメトリ エージェント」を参照してください。

期間フィルター

Office テレメトリ ダッシュボードのナビゲーション ウィンドウにある [期間] ドロップ ダウン ボックスのイメージ

[期間] フィルターを使用すれば、表示するテレメトリ データの期間を選択できます。このフィルターは、長期間にわたって傾向を監視したり、分析のためにより新しいデータをドリルダウンしたり検索したりする場合に役立ちます。

[ドキュメントとソリューションの安定性] や [Office の展開のトレンド] などの [概要] ワークシートのグラフには、ナビゲーション ウィンドウで選択した期間の 4 倍の長さまでさかのぼったデータが表示されます。これにより、分析のためにデータや傾向をグラフィカルに表示する際により適切なコンテキストが得られるようになります。期間を長く指定すると、コンテンツ ウィンドウに結果が表示されるのに多少の遅延が発生することがあります。

[概要] ワークシートでは、[過去 7 日間]、[過去 1 か月]、[過去 3 か月] への期間の変更がサポートされています。テレメトリ データベースのスナップショットは、毎日午前 0 時 (現地サーバー時刻) に取得されます。これは、[概要] ワークシートに表示されるグラフとデータを構成するのに使用されます。したがって、[概要] ワークシートはリアルタイムではなく、夜間のスナップショットに基づいて表示されます。

ビュー フィルター

Office テレメトリ ダッシュボードのナビゲーション ウィンドウにある [表示] ドロップ ダウン ボックスのイメージ。

[ドキュメント] ワークシートと [ソリューション] ワークシートの [ビュー] フィルターでは、データ分析に役立つ事前に範囲指定されたビューを選択できます。選択できるオプションは次のとおりです。

  • [頻繁に使用] には、選択した期間内に使用されたドキュメントやソリューションがすべて表示されます。表示はユーザーの合計数に従って並べ替えられています。

  • [Office 2013 で頻繁に使用] には、選択した範囲内で Office 2013 によって使用されたドキュメントまたはソリューションがすべて表示されます。表示は Office 2013 のユーザーの合計数に従って並べ替えられています。

  • [注意が必要なアイテム] には、選択した期間内に見つかった重大な問題が存在するドキュメントまたはソリューションがすべて表示されます。

  • [安定性 - 上位 400 件] および [安定性 - 上位 100 件] には、成功率が目標しきい値 (ドキュメントの場合は 95%、ソリューションの場合は 99.9%) 未満のドキュメント (最大 400 件) またはソリューション (最大 100 件) が表示されます。

[概要] ワークシートでは、重要なドキュメントおよびソリューション (アドイン) がユーザーのコンピューターでどのように動作しているかをすばやく把握することができます。アイテムごとの状態を表示する [ドキュメント] および [ソリューション] ワークシートを参照する代わりに [概要] ワークシートを開いて更新し、ドキュメントおよびソリューションの安定性の概要を確認することができます。

次のスクリーン ショットは [概要] ワークシートを示しています。

テレメトリ ダッシュボードの [概要] ワークシート

Office テレメトリ ダッシュボード上のメインの [概要] ワークシートのスクリーンショット。


コンテンツ ウィンドウの上部で強調表示されている 4 つの数字は、安定しているドキュメント/ソリューションの数と不安定なドキュメント/ソリューションの数を表しています。不安定の数が多い場合は、状況を調査する必要があります。

安定と不安定の数は、ドキュメントまたはソリューションの成功率が次のしきい値を満たしているかどうかを判断して算出されます。

  • ドキュメントの場合は 95%

  • ソリューションの場合は 99.9%

ドキュメントまたはソリューションは、このしきい値を満たしている場合は安定していると見なされ、満たしていない場合は不安定になっていると見なされます。成功率は、ドキュメントまたはソリューションが重大な問題に遭遇せずに動作したセッションの割合によって決定します。Office テレメトリで追跡される重大な問題には、アプリケーションのクラッシュや、互換性の理由で最終的に失敗した Office オブジェクト モデル呼び出しなどがあります。セッションは、ドキュメントまたはソリューションを開くこと、あるいはドキュメントを開いてから 24 時間経過したことによって定義されます。

ナビゲーション ウィンドウでフィルターを指定して、組織またはカスタマイズした期間における特定のビジネス グループに焦点を当てることができます。たとえば、Office 2013 の新しい営業レポート ソリューションが、先月の展開以来、どのように動作しているか確認するとします。それには、期間で [過去 1 か月] を選択し、営業チームのコンピューターに該当するラベルを選択します。それから [更新] を選択すると、営業チームの Office 展開におけるドキュメントとソリューションの安定性の概要が [概要] ワークシート ビューに表示されます。ここから、次のステップを判断することができます。

また、[概要] ワークシート ビューには、頻繁に使用される上位 400 件のドキュメントと頻繁に使用される上位 100 件のソリューションのサマリーも表示されます。これらの数字は、企業の特定の部署で頻繁に使用されるドキュメントおよびソリューションの平均数を表しています。

メモメモ:
Microsoft が提供する組み込みのドキュメントおよびソリューションは、[概要] ワークシートに表示される上位ドキュメント数および上位ソリューション数に含まれません。

不安定なドキュメントおよびソリューションの数がわかったら、詳しく掘り下げることができます。[概要] ワークシートで値を選択し、安定している、または不安定なドキュメント/ソリューションの詳細リストを表示します。次の図に、[概要] ワークシートで値 (23) を選択して不安定なドキュメントを表示する方法を示します。

[概要] ワークシートで値を選択して不安定なドキュメントを表示する方法

安定したドキュメントおよび不安定なドキュメントの統計が示されたドリルダウンの [概要] ワークシートのスクリーンショット。


不安定なドキュメントのリンクをクリックすると、[ドキュメント] ワークシートが表示されます。このワークシートはフィルター処理されており、不安定なドキュメントが 23 件表示されます。次のスクリーン ショットは、このフィルター処理されたビューの例を示しています。このスクリーン ショットでははっきりわかりませんが、23 件のドキュメントが不安定性が高い順に一覧表示されています。

[ドキュメント] ワークシートに表示される不安定なドキュメント

不安定なドキュメントの詳細が示された第 2 レベル ドリルダウンの [概要] ワークシートのスクリーンショット。


重要重要:
[概要] ワークシートのリンクを選択してドキュメントまたはソリューションに関する詳細を表示した場合、コンテンツ ウィンドウにはフィルター処理されたビューが表示されます。すべてのアイテムが示された完全なリストをワークシートに表示するには、ヘッダー ウィンドウの上部にあるメッセージ バーを選択します。

[概要] ワークシートでは、安定している数と不安定な数の下に、これらの数が過去にどのように増加または減少したかを示すトレンド グラフが表示されます。傾向線が下がっていて安定性の低下を示している場合は、最近行った変更が原因でドキュメントおよびソリューションに問題が発生していることになります。次のスクリーン ショットに示すように、トレンド グラフに表示される期間は、選択した期間の 4 倍の長さで表示されます。これによって、全体的な傾向データを示すより適切なコンテキストが提供されるようになります。

[概要] ワークシートに表示される傾向データ

Office テレメトリ ダッシュボード上のドリルダウンの [概要] ワークシートのスクリーンショット。不安定なドキュメントと安定したドキュメントの長時間にわたる概要を示しています。

[概要] ワークシートの下部にあるグラフを見れば、Office 2013 展開の全体的な進行状況を追跡できます。このグラフには、Office の各バージョンを実行しているユーザーの数が表示され、Office 展開が時間と共にどのように変化してきたかが示されます。このグラフを使用すれば、簡単に展開状態を確認し、関係者と進行状況を共有することができます。

メモメモ:
展開傾向グラフに表示される期間は、選択した期間の 4 倍の長さで表示されます。これによって、全体的な傾向データを示すより適切なコンテキストが提供されるようになります。

次の図は、[概要] ワークシートの Office 展開傾向グラフの例を示しています。

[概要] ワークシートの Office 展開傾向グラフ

Office テレメトリ ダッシュボード内の [概要] ページに表示される展開の傾向のスクリーンショット。

テレメトリ ダッシュボードの使用時に、ダッシュボードの上部にある黄色いバナーにエラー メッセージが表示される場合があります。次のセクションでは、よくあるエラー メッセージについて説明します。

テレメトリ ダッシュボードでワークシートを表示すると、次のメッセージが表示されることがあります。

COM アドインのエラー メッセージ

テレメトリ ダッシュボードの COM アドイン エラー メッセージのスクリーンショット。


この問題を解決するには、Office Professional Plus 2013、Office Standard 2013、Office 365 ProPlus で使用可能なテレメトリ ダッシュボード COM アドインを有効にします。

テレメトリ ダッシュボード COM アドインを有効にするには
  1. テレメトリ ダッシュボードを起動します。Windows 8 の場合は、[すべてのアプリ] ページで [Office 2013 テレメトリ ダッシュボード] を選択します。Windows 7 の場合は、[スタート] メニューから [Office 2013 ツール] にある [Office 2013 テレメトリ ダッシュボード] を選択します。

  2. [作業を開始する] ボタンを選択します。

  3. [スタート] ワークシートで、次のスクリーン ショットに表示されている [テレメトリ ダッシュボードの保存済みのコピーを使うには、ここをクリックします。] バナーを選択します。

    テレメトリ ダッシュボードの保存済みのコピーを有効にするメッセージ

    [保存]、[コピー]、[情報]、[メッセージ] のスクリーンショット。
  4. エラー メッセージが表示されたテレメトリ ダッシュボードExcel ワークシートを再度開きます。

テレメトリ ダッシュボードでワークシートを表示すると、次のメッセージが表示されることがあります。

テレメトリ プロセッサのエラー メッセージ

テレメトリ プロセッサ サービスのエラー メッセージのスクリーンショット。


エージェントがダッシュボードにデータを報告しなかった場合、またはテレメトリ プロセッサがデータベースに 1 日データを挿入しなかった場合に、テレメトリ プロセッサのエラー メッセージが表示されます。

詳細については、ログ ファイル (テレメトリ プロセッサが実行されているコンピューター上の %windows%\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Local\Temp\dperrorlog.txt) を参照してください。

さらに、次の作業を行います。

  • テレメトリ プロセッサとテレメトリ ダッシュボードの間のネットワーク接続を確認します。

  • コントロール パネル内の [サービス] で [Officeテレメトリ プロセッサ] サービスが実行されているかどうかを確認します。

  • SQL Server のサーバーが正常に実行されているかどうかを確認します。

  • エージェントから報告されたテレメトリ共有フォルダー内のデータが適切に処理されたかどうかを確認します。共有フォルダー内に、2 時間以上処理されなかったフォルダーやファイルが数多く存在する場合、テレメトリ プロセッサは正しく機能していません。

テレメトリ プロセッサのトラブルシューティング方法の詳細については、「テレメトリ ダッシュボード展開のトラブルシューティング」を参照してください。

表示: