マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-119 - 緊急

Microsoft Edge 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3192890)

公開日: 2016 年 10 月 12 日

バージョン: 1.0

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Edge の脆弱性を解決します。最も深刻な脆弱性が悪用された場合、ユーザーが特別に細工された Web ページを Microsoft Edge を使用して表示すると、リモートでコードが実行される可能性があります。攻撃者によりこの脆弱性が悪用された場合、攻撃者が現在のユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。コンピューターでのユーザー権限が低い設定のアカウントを持つユーザーは、管理者ユーザー権限を持つユーザーよりもこの脆弱性による影響が少ないと考えられます。

このセキュリティ更新プログラムは、Windows 10 の Microsoft Edge について、深刻度が「緊急」と評価されています。詳細については、「影響を受けるソフトウェア」のセクションを参照してください。

この更新プログラムは次の方法で脆弱性を解決します。

  • Microsoft Edge と特定の関数でのメモリ内のオブジェクトの処理方法を変更する
  • Chakra JavaScript スクリプト エンジンがメモリ内のオブジェクトを処理する方法を変更する
  • Microsoft Edge に返される情報を制限する
  • Microsoft ブラウザーが資格情報をメモリに格納する方法を変更する
  • Microsoft ブラウザーが名前空間境界を処理する方法を修正する
  • Microsoft Edge Content Security Policy によってドキュメントを検証する方法を修正する

この脆弱性の詳細については、「脆弱性の情報」を参照してください。

この更新プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 3192890 を参照してください。

次のソフトウェア バージョンまたはエディションが影響を受けます。一覧にないバージョンまたはエディションは、サポート ライフサイクルが終了しているか、この脆弱性の影響を受けません。ご使用中のソフトウェアのバージョンまたはエディションのサポート ライフサイクルを確認するには、Microsoft サポート ライフサイクルの Web サイトを参照してください。

オペレーティング システム

コンポーネント

最も深刻な脆弱性の影響

総合的な深刻度

置き換えられる更新プログラム

Microsoft Edge

Windows 10 for 32-bit Systems [1]
(3192440)

Microsoft Edge

リモートでコードが実行される

緊急

3185611

Windows 10 for x64-based Systems [1]
(3192440)

Microsoft Edge

リモートでコードが実行される

緊急

3185611

Windows 10 Version 1511 for 32-bit Systems [1]
(3192441)

Microsoft Edge

リモートでコードが実行される

緊急

3185614

Windows 10 Version 1511 for x64-based Systems [1]
(3192441)

Microsoft Edge

リモートでコードが実行される

緊急

3185614

Windows 10 Version 1607 for 32-bit Systems [1]
(3194798)

Microsoft Edge

リモートでコードが実行される

緊急

3189866

Windows 10 Version 1607 for x64-based Systems [1]
(3194798)

Microsoft Edge

リモートでコードが実行される

緊急

3189866

[1]Windows 10 の更新プログラムは累積的です。今月のセキュリティ リリースには、セキュリティ以外の更新プログラムに加えて、Windows 10 に影響する脆弱性のすべてのセキュリティ修正プログラムが含まれています。これらの更新プログラムは、Microsoft Update カタログを介して入手できます。

注: このセキュリティ情報で説明している脆弱性は、Windows Server 2016 Technical Preview 5 に影響を及ぼします。この脆弱性からシステムを保護するために、このオペレーティング システムを実行している場合は、Windows Update から入手できる最新の更新プログラムを適用することをお勧めします。

次の深刻度の評価は、脆弱性の影響が最も深刻な場合を想定しています。深刻度の評価およびセキュリティ上の影響に関連して、このセキュリティ情報の公開から 30 日以内にこの脆弱性が悪用される可能性に関する情報については、10 月のセキュリティ情報の概要の Exploitability Index (悪用可能性指標) を参照してください。

深刻度の評価および影響の表で、「緊急」、「重要」、および「警告」という値が明記されている場合、それらは深刻度の評価を示します。詳細については、セキュリティ情報の深刻度評価システムを参照してください。表内で使用される次のキーで示される省略形は、最も大きな影響があることを示しています。

省略形

最も大きな影響

RCE

リモートでコードが実行される

EoP

特権の昇格

ID

情報漏えい

SFB

セキュリティ機能のバイパス

 

脆弱性の深刻度の評価および影響

CVE 番号

脆弱性のタイトル

Microsoft Edge

CVE-2016-3267


Microsoft ブラウザーの情報漏えいの脆弱性

Windows クライアント:
警告/ID

Windows サーバー:
注意/ID

CVE-2016-3331


Microsoft ブラウザーのメモリ破損の脆弱性

Windows クライアント:
緊急/RCE

Windows サーバー:
警告/RCE
(Win 10 1607
は影響を受けません)

CVE-2016-3382


スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性

Windows クライアント:
緊急/RCE

Windows サーバー:
警告/RCE

CVE-2016-3386


スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性

Windows クライアント:
緊急/RCE

Windows サーバー:
警告/RCE

CVE-2016-3387


Microsoft ブラウザーの特権の昇格の脆弱性

Windows クライアント:
重要/EoP

Windows サーバー:
注意/EoP

CVE-2016-3388


Microsoft ブラウザーの特権の昇格の脆弱性

Windows クライアント:
重要/EoP

Windows サーバー:
注意/EoP

CVE-2016-3389


スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性

Windows クライアント:
緊急/RCE

Windows サーバー:
警告/RCE

CVE-2016-3390


スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性

Windows クライアント:
緊急/RCE

Windows サーバー:
警告/RCE

CVE-2016-3391


Microsoft ブラウザーの情報漏えいの脆弱性

Windows クライアント:
警告/ID

Windows サーバー:
注意/ID

CVE-2016-3392


Microsoft Edge のセキュリティ機能のバイパス

Windows クライアント:
警告/SFB

Windows サーバー:
注意/SFB

CVE-2016-7189


スクリプト エンジンのリモートでコードが実行される脆弱性

Windows クライアント:
緊急/RCE

Windows サーバー:
警告/RCE

CVE-2016-7190


スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性

Windows クライアント:
緊急/RCE

Windows サーバー:
警告/RCE

CVE-2016-7194


スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性

Windows クライアント:
緊急/RCE

Windows サーバー:
警告/RCE

Microsoft Edge のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2016-3331

Microsoft Edge がメモリ内のオブジェクトを処理する方法に、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。この脆弱性を利用すると、攻撃者が現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行するような方法で、メモリを破損できる可能性があります。

Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者は Microsoft Edge を介してこの脆弱性を悪用することを目的として特別に細工した Web サイトをホストし、その Web サイトを表示するようにユーザーを誘導する可能性があります。また、攻撃者は侵害された Web サイトおよびユーザーが提供したコンテンツや広告を受け入れる、またはホストする Web サイトを利用する可能性があります。これらの Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性のある特別に細工されたコンテンツが含まれている場合があります。

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Edge がメモリ内のオブジェクトを処理する方法を変更することにより、この脆弱性を解決します。

次の表に、Common Vulnerabilities and Exposures リストの脆弱性の標準エントリへのリンクを示します。

脆弱性のタイトル

CVE 番号

一般に公開

悪用

Microsoft ブラウザーのメモリ破損の脆弱性

CVE-2016-3331

なし

なし

問題を緩和する要素

マイクロソフトは、これらの脆弱性の問題を緩和する要素を確認していません。

回避策

マイクロソフトは、これらの脆弱性の回避策を確認していません。

 

複数のスクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性

Microsoft Edge でメモリ内のオブジェクトを処理するときに Chakra JavaScript エンジンがレンダリングする方法に、複数のリモートでコードが実行される脆弱性が存在します。これらの脆弱性では、攻撃者が現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行するような方法で、メモリを破損する可能性があります。攻撃者によりこの脆弱性が悪用された場合、攻撃者が現在のユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。現在のユーザーが管理者ユーザー権限でログオンしているときに、攻撃者によりこれらの脆弱性が悪用された場合、影響を受けるコンピューターが制御される可能性があります。攻撃者は、その後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除などを行ったり、完全なユーザー権限を持つ新たなアカウントを作成したりする可能性があります。

Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者は Microsoft Edge を介してこの脆弱性を悪用することを目的として特別に細工した Web サイトをホストし、その Web サイトを表示するようにユーザーを誘導する可能性があります。攻撃者は「初期化しても安全」と判断された ActiveX コントロールを、Edge レンダリング エンジンをホストするアプリケーションや Microsoft Office ドキュメントに埋め込む可能性もあります。また、攻撃者は侵害された Web サイトおよびユーザーが提供したコンテンツや広告を受け入れる、またはホストする Web サイトを利用する可能性があります。これらの Web サイトには、これらの脆弱性を悪用する可能性のある特別に細工されたコンテンツが含まれている場合があります。

このセキュリティ更新プログラムは、Chakra JavaScript スクリプト エンジンがメモリ内のオブジェクトを処理する方法を変更することにより、この脆弱性を解決します。

次の表に、Common Vulnerabilities and Exposures リストの各脆弱性の標準エントリへのリンクを示します。

脆弱性のタイトル

CVE 番号

一般に公開

悪用

スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性

CVE-2016-3382

なし

なし

スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性

CVE-2016-3386

なし

なし

スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性

CVE-2016-3389

なし

なし

スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性

CVE-2016-3390

なし

なし

スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性

CVE-2016-7190

なし

なし

スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性

CVE-2016-7194

なし

なし

問題を緩和する要素

マイクロソフトは、これらの脆弱性の問題を緩和する要素を確認していません。

回避策

マイクロソフトは、これらの脆弱性の回避策を確認していません。

 

Microsoft ブラウザーの情報漏えいの脆弱性 - CVE-2016-3267

Microsoft Edge がメモリ内のオブジェクトを適切に処理しない場合に情報漏えいの脆弱性が存在します。この脆弱性により、攻撃者がユーザーのコンピューターで特定のファイルを検出する可能性があります。Web ベースの攻撃のシナリオで、攻撃者はこの脆弱性の悪用を意図した Web サイトをホストする可能性があります。

さらに、侵害された Web サイトやユーザーが生成したコンテンツを受け入れたりホストしたりする Web サイトに、特別に細工したコンテンツが含まれていて、この脆弱性が悪用される可能性があります。しかし、どのような場合でも、攻撃者が制御するコンテンツを強制的にユーザーに表示させることはできません。その代わり、攻撃者はユーザーにアクションを起こさせる必要があります。たとえば、攻撃者がユーザーにリンクをクリックさせるように仕向けて、攻撃者のサイトへ誘導する可能性があります。

攻撃者によりこの脆弱性が悪用された場合、公開が意図されていないデータが読み取られる可能性があります。この脆弱性は、攻撃者にコードの実行や特権の昇格を直接許可するものではありませんが、影響を受けるシステムをさらに侵害する目的でこの脆弱性を悪用して情報を取得する可能性があります。この更新プログラムは、Internet Explorer に返される情報を制限することでこの脆弱性を解決します。

次の表に、Common Vulnerabilities and Exposures リストの脆弱性の標準エントリへのリンクを示します。

脆弱性のタイトル

CVE 番号

一般に公開

悪用

Microsoft ブラウザーの情報漏えいの脆弱性

CVE-2016-3267

なし

なし

問題を緩和する要素

マイクロソフトは、この脆弱性の問題を緩和する要素を確認していません。

回避策

マイクロソフトは、この脆弱性の回避策を確認していません。

 

Microsoft ブラウザーの情報漏えいの脆弱性 - CVE-2016-3391

Microsoft ブラウザーが資格情報データをメモリ内に保持する場合に情報漏えいの脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、資格情報をブラウザー プロセスのメモリ ダンプから入手できる可能性があります。攻撃者は、影響を受けるシステムのメモリ ダンプに対するアクセス権を必要とします。

この更新プログラムは、Microsoft ブラウザーが資格情報をメモリ内に格納する方法を変更することにより、この脆弱性を解決します。

次の表に、Common Vulnerabilities and Exposures リストの脆弱性の標準エントリへのリンクを示します。

脆弱性のタイトル

CVE 番号

一般に公開

悪用

Microsoft ブラウザーの情報漏えいの脆弱性

CVE-2016-3391

なし

なし

問題を緩和する要素

マイクロソフトは、この脆弱性の問題を緩和する要素を確認していません。

回避策

マイクロソフトは、この脆弱性の回避策を確認していません。 

スクリプト エンジンのリモートでコードが実行される脆弱性 - CVE-2016-7189

Microsoft Edge がメモリ内のオブジェクトを適切に処理しない場合にリモートでコードが実行される脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ユーザーのコンピューターをさらに侵害する情報を取得する可能性があります。

Web ベースの攻撃のシナリオでは、攻撃者はこの脆弱性の悪用を意図した Web サイトをホストする可能性があります。さらに、侵害された Web サイトやユーザー提供のコンテンツを受け入れたりホストしたりする Web サイトに、特別に細工したコンテンツが含まれていて、この脆弱性が悪用される可能性があります。しかし、すべての場合において、強制的にユーザーに攻撃者が制御するコンテンツを表示させることはできません。その代わり、攻撃者はユーザーにアクションを起こさせる必要があります。たとえば、攻撃者がユーザーにリンクをクリックさせるように仕向けて、攻撃者のサイトへ誘導する可能性があります。

この更新プログラムは、影響を受けるコンポーネントがメモリ内のオブジェクトを処理する方法を修正することにより、この脆弱性を解決します。

次の表に、Common Vulnerabilities and Exposures リストの脆弱性の標準エントリへのリンクを示します。

脆弱性のタイトル

CVE 番号

一般に公開

悪用

スクリプト エンジンのリモートでコードが実行される脆弱性

CVE-2016-7189

なし

なし

問題を緩和する要素

マイクロソフトは、これらの脆弱性の問題を緩和する要素を確認していません。

回避策

マイクロソフトは、これらの脆弱性の回避策を確認していません。

複数の Microsoft ブラウザーの特権の昇格の脆弱性

Microsoft Edge がプライベート名前空間のセキュリティを適切に確保しない場合に特権の昇格の脆弱性が存在します。攻撃者がこれらの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムの名前空間ディレクトリに対する昇格されたアクセス権を入手し、昇格された特権を取得できる可能性があります。

こうした脆弱性はそれ自体、任意のコードを自動的に実行することはできません。ただし、これらの脆弱性は、実行時に昇格された特権を利用する可能性がある1つまたは複数の脆弱性 (リモートでコードが実行される脆弱性やその他の特権の昇格など) と組み合わせて悪用される可能性があります。

この更新プログラムは、Microsoft ブラウザーが名前空間境界を処理する方法を修正することにより、これらの脆弱性を解決します。

次の表に、Common Vulnerabilities and Exposures リストの各脆弱性の標準エントリへのリンクを示します。

脆弱性のタイトル

CVE 番号

一般に公開

悪用

Microsoft ブラウザーの特権の昇格の脆弱性

CVE-2016-3388

なし

なし

Microsoft ブラウザーの特権の昇格の脆弱性

CVE-2016-3387

なし

なし

問題を緩和する要素

マイクロソフトは、これらの脆弱性の問題を緩和する要素を確認していません。

回避策

マイクロソフトは、これらの脆弱性の回避策を確認していません。

Microsoft ブラウザーのセキュリティ機能のバイパスの脆弱性 - CVE-2016-3392

特別に細工された特定のドキュメントが Microsoft Edge Content Security Policy (CSP) によって適切に検証されない場合に Microsoft Edge にセキュリティ機能のバイパスの脆弱性が存在します。

攻撃者がユーザーを誘導して悪意のあるコンテンツが含まれているページを読み込ませる可能性があります。脆弱性を悪用するため、攻撃者は、ユーザーがページを読み込んだり、閲覧したりするように仕向ける必要があります。また、ページが侵害されたサイトまたは広告ネットワークに組み込まれている可能性もあります。

この更新プログラムは、Microsoft Edge Content Security Policy によるドキュメントの検証方法を修正します。

次の表に、Common Vulnerabilities and Exposures リストの脆弱性の標準エントリへのリンクを示します。

脆弱性のタイトル

CVE 番号

一般に公開

悪用

Microsoftブラウザーのセキュリティ機能のバイパスの脆弱性

CVE-2016-3392

なし

なし

問題を緩和する要素

マイクロソフトは、これらの脆弱性の問題を緩和する要素を確認していません。

回避策

マイクロソフトは、これらの脆弱性の回避策を確認していません。

セキュリティ更新プログラムの展開については、「概要」のこちらで言及されているマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。

マイクロソフトでは、協調的な脆弱性の公開によるお客様の保護に際して、セキュリティ コミュニティの方々からいただいたご助力に感謝いたします。詳細については、謝辞を参照してください。

マイクロソフト サポート技術情報に含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation およびその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。Microsoft Corporation、その関連会社およびこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含むすべての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。

  • V1.0 (2016/10/12): このセキュリティ情報ページを公開しました。
表示: