Skip to main content

PsList

作成者: Mark Russinovich

PsTools のダウンロード
(1.60 MB)

概要

PSList はコンピューターで実行中のプロセス一覧を表示するツールです。PSList は実行すると、プロセス一覧の他、プロセス ID やプロセスのワーキング セットなど、タスク マネージャーや Process Explorer でも参照可能な情報をコマンド プロンプトから確認することができます。また、PSList は実行するコンピューターだけでなく、他のコンピューターのプロセス一覧を表示することも可能です。
PSList.exe はコマンドプロンプトから実行することで、利用開始できます。

 

使用法

pslist [-d][-m][-x][-t][-s [n] [-r n] [\\ <コンピューター> [-u <ユーザー名>][-p <パスワード>][名前|pid]

-dスレッドの詳細情報を表示します。
-mメモリの詳細情報を表示します。
-xプロセス、メモリ情報、およびスレッドを表示します。
-tプロセス ツリーを表示します。
-s [n]オプションで指定した秒数だけ、タスク マネージャー モードで実行します。中止するには Esc キーを押します。
-r nタスク マネージャー モードの更新頻度を秒数で指定します (既定値は 1 秒です)。
\\<コンピューター>ローカル システムのプロセス情報を表示するのではなく、指定された Windows コンピューター の情報を表示します。現在のセキュリティ資格情報ではリモート システムのパフォーマンス カウンター情報を取得することが許可されない場合にリモート システムにログインするために、ユーザー名 (-u スイッチ) とパスワードを指定します。
-u <ユーザー名>ユーザー名を指定します。リモート システムのプロセスを中止する必要があり、実行中のアカウントにリモート システムの管理者特権がない場合は、このコマンド ライン オプションを使用して、管理者としてログインする必要があります。-p オプションを使用してパスワードを指定しない場合は、パスワードの入力が求められますが、入力したパスワードが画面上に表示されることはありません。
-p <パスワード>パスワードを指定します。このオプションを使用すると、コマンド ラインでログイン パスワードを指定して、バッチ ファイルから PsList が使用できるようになります。アカウント名を指定した場合に、-p オプションを省略すると、パスワードの入力が求められます。
<名前>指定の名前で始まるプロセスに関する情報を表示します。
-eプロセス名との完全一致であることを指定します。
pidシステムで実行中の全プロセスを一覧表示するのではなく、このパラメーターでは、PsList のスキャン対象を指定の PID を持つプロセスに限定します。したがって、次のコマンドを実行すると
pslist 53
PID が 53 のプロセスの統計がダンプされます。

 

使用例

PSList はオプションをつけずに実行すると、自分のコンピューターで実行中のプロセス一覧を確認できます。

PSList を実行すると次の列が表示されます。

項目名説明
Nameプロセス名
Pidプロセス ID
Priプロセスの優先順位
Thdスレッド数
Hndハンドル数
Privプライベート仮想メモリ
CPU TimeCPU の利用時間
Elapsed Timeプロセスの実行時間

また、他のコンピューターで実行中のプロセス一覧を参照する場合、pslist.exe コマンドに続けて、「\\コンピューター名」と入力することで確認することができます。なお、他のコンピューターのプロセス一覧を参照するときは、該当するコンピューターで Remote Registry サービスが起動していることが必要です。


ダウンロード

PsTools のダウンロード
(1.60 MB)

ページのトップへ


最新版のダウンロード

PsTools のダウンロード
(1.60 MB)

PsTools

PsList は、PsTools という Sysinternals のコマンド ライン ツールキットの一部です。PsTools は、ローカル システムとリモート システムの管理をサポートするツールキットで、収録されているツールの数は増えています。

動作環境

  • クライアント: Windows XP 以上
  • サーバー: Windows Server 2003 以上