エクスポート (0) 印刷
すべて展開

Office 2013 の KMS のライセンス認証

 

適用先: Office 2013

トピックの最終更新日: 2015-03-09

概要: キー管理サービス (KMS) の Office 2013 のライセンス認証に関する情報を提供する記事の一覧を表示します。

対象ユーザー: IT 担当者

 

ユーザーですか

Office 2013 インストールの個人用コピーをアクティブ化している場合は、代わりに「Microsoft Office 2013 プログラムのライセンス認証を行う」を参照してください。

管理者ですか

Office 2013 のボリューム ライセンス版の管理者が KMS のライセンス認証の手順を確認する必要がある場合は、この記事の情報が当てはまります。このまま、読み進めてください。

キー管理サービス (KMS) は、ローカル ネットワーク上のコンピューターを起動し、個々 のコンピューターがマイクロソフトに接続する必要をなくします。 これを実行するため、KMS は クライアント サーバー モデルを使用します。また、KMS クライアント コンピューターは ドメイン ネーム システム (DNS) または静的構成を使って KMS ホスト コンピューターを検索できます。

Important重要:
この情報は Office 2013 のボリューム ライセンス版に適用し、Office 365 ProPlus には適用しません。Office 365 ProPlus はサブスクリプションによってライセンス契約されます。詳細については、「Office 365 ProPlus」を参照してください。

Office 2013 ロゴ次の表では、Office 2013 のボリューム ライセンス認証に関する記事について説明します。

Office 2013 の KMS ボリューム ライセンス認証に関する記事

記事 説明

準備し、Office 2013 KMS ホストを設定します。

Office 2013 KMS ホスト コンピューターを準備およびセットアップする方法について説明します。

Office 2013 ボリューム ライセンス認証の DNS を設定します。

KMS ライセンス認証のための DNS の検討事項についての簡単な記事です。

Office 2013 KMS クライアントをセットアップします。

KMS ボリューム ライセンス認証 の Office 2013 クライアントを準備、構成する方法について説明します。

Office 2013 の KMS と Active Directory ライセンス認証用の GVLK

KMS および Active Directory によるライセンス認証のための GVLKs を一覧表示します。

Office 2013 インストールをリセットする

KMS Office インストールのリセット方法について説明します。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2015 Microsoft